検索

Site search

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

目薬のおはなし

2017年 11月 1日 水曜日

皆さんは目薬が処方された時

①差すのが苦手だな

②1本で何日分なの?

③保管は冷蔵庫じゃなきゃだめかな?

と様々な疑問を持ったことはありませんか。

うまく使えないと、治りが悪くなったり、症状を悪化させてしまうことにも繋がりかねません。

本日は『目薬』について紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

①上手なさし方について

下瞼を引いてそこに目薬を差す方法や頬にげんこつを作って手を固定して差す方法があります。小さなお子さんであれば、頭を親御さんの膝や腿で固定して差したり、寝ている間に下瞼を引いて点眼したりする方法もあります。

また、その他の方法として、点眼容器を器具に挟んで点眼しやすくした補助器具も発売されています。

 

②1本が何日分なのか

1滴=約0.03mL〜0.05mL(30μL〜50μL)と言われています。

大体の点眼は5mL/本のものが多いので、これで計算してみると・・・

5mL/本÷0.05mL/滴=100滴/本

使用滴数にもよりますが、両目に1日2回、1滴ずつ入れたとすると・・・

100滴/本÷4滴/日=25日/本

1本で約1カ月使えます。

尚、一度封を開けたものに関しては、汚染や劣化の観点から使用期限は1カ月以内を目途にすると良いです。容器に書いてある使用期限は開封せず適切に保管した場合のものなので気を付けましょう。なかには、そもそも1週間や10日しか期限のない点眼もあるので注意が必要です。

 

③保管方法について

保管は冷蔵庫のドアポケットで!と言われたことがある方も居るのではないでしょうか。

雑菌の繁殖を防ぎ清潔に保つためにそう言われることもあります。

一般的には室温保存(1〜30℃)のものは冷所保存(1〜15℃)ができます。

また、冷蔵庫での保管が必要なもの、逆に冷蔵庫で保管すると結晶ができてしまうものもあります。

特別注意が必要なものに関しては投薬の際に指導があるので守りましょう。

夏場の車の中、寒い地域で屋内でも氷点下になってしまうことがあるなど、極端な温度変化はお薬の性質が変わってしまう恐れがあるので、注意しましょう。

 

飲み薬と違って外用剤は自由に使えると思っている方も少なくないはずです。

しかしながら、どんなお薬にも、決まった用法・用量があります。

医師や薬剤師の指示を守って使用することが重要です。

また、使用に際し不安や疑問があるときは気軽に相談してみましょう。