検索

Site search

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

乾燥についてのお話

2018年 10月 1日 月曜日

 

乾燥肌の原因と対処方法についてお話しします。

 

 

 

まず、乾燥肌の原因として4つが挙げられます。

 

1.エアコンなどの冷暖房器具

2.気温や湿度の低下

3.肌触りの悪い衣服や寝具

4.ライフスタイル

 

3については目の粗いウールのセーター等はお肌に摩擦が生じやすく、角質層を傷つける可能性があります。また、顔が触れる機会が多い枕カバーやタオルケット等の寝具についても寝ている間、知らず知らずのうちに摩擦が生じているのです。

 

4のライフスタイルについて更に細かく見ていきます。

 

顔や体を洗いすぎる習慣がある、水を扱う機会が多い方

水や洗浄剤に触れる機会が多いと肌から皮脂が奪われやすくなります。

 

煙草を吸っている方

喫煙により健康な皮脂の維持に役立つビタミンCが体内から失われます。

 

食事をファーストフード等で済ませることが多い方

摂取する栄養素が偏りがちになり、皮膚に栄養が行き渡らない可能性があります。

 

生活が不規則で十分に睡眠時間が確保できない方

睡眠時間が短いと、皮膚の新陳代謝がスムーズに行われにくくなります。

 

次に乾燥肌を防ぐ方法について説明します。

1.洗いすぎに注意する

2.エアコンの使用方法に注意する

3.ライフスタイルを見直す

 

1については乾燥肌の原因にてお話した通り、洗いすぎは皮脂を洗い流してしまいます。また洗浄剤が刺激となって皮膚トラブルを招くこともあるので注意しましょう。

 

2についてはエアコンの冷温風が直接身体に当たらないようにすることです。また冬場であれば加湿器の利用、濡れタオルや洗濯物を部屋の中に干すといった工夫も必要です。

 

3に関しては具体的にどのようなライフスタイルを見直すべきかお話します。

 

熱めのお湯、長時間の入浴を避ける

皮膚の潤いを保っているセラミドなどの細胞間脂質や天然保湿因子は42℃以上の高温のお湯に浸かると、簡単に流出してしまう可能性があります。

 

偏った食生活を改善する

健康な皮膚を作るにはタンパク質をはじめ、ビタミン類が役立ちます。

 

ビタミンA:肌荒れ防止、皮膚の免疫機能の維持

ビタミンB:皮膚の新陳代謝促進、発育促進

ビタミンC:コラーゲンの生成

ビタミンE:皮膚の血流循環改善

 

 

水分摂取を心がける

夏場は水分をこまめに摂っているが冬場はそこまで・・・という方も多いのではないでしょうか。私たちの体は皮膚や呼気からも常に水分が失われています。具体的に言うと、冬場で皮膚や呼気、排尿での水分喪失を含めると、じっとしている時で1日に1500ml前後、動いている時は1日に2500ml前後の水分が奪われています。水分補給を怠ると更にお肌の乾燥を招くため、冬場であっても温かい飲み物で水分摂取を心がけるようにしましょう。病気によって水分量が制限されている方に関しては、主治医と相談して指示を仰いでください。