検索

Site search

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

にきび治療についてのおはなし

2018年 11月 1日 木曜日

季節の変わり目や生活習慣、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど、様々な要因によりニキビはできやすくなります。

まずは生活習慣の改善や普段のスキンケアを見直すことが基本ですが、なかなか改善しない場合にはやはり専門医の受診をお勧めします。

 

今回は皮膚科での薬物治療で、最近よく処方される塗り薬について紹介します。

もちろん、保険適応のお薬です。

これは今までにあった抗菌の塗り薬とは違い、耐性ができず、にきびの予防にもなるといわれています。

 

成分名は過酸化ベンゾイルです。ベピオゲルという商品名で販売されています。

海外では以前から使われていましたが2015年についに日本でも使われるようになりました。

このお薬は、少しの赤みやヒリヒリ感、かゆみ、乾燥などを含めると副作用がでる方は少なくないです。

そのため、中にはすぐに使うのを止めてしまう方がいます。

しかし、あわないかもと思ってすぐに使うのを止めるのではなく、医師とも相談しながらしばらくは使ってみてください。(ただし軽い副作用ではなく、アレルギー反応など重度な副作用が出た場合は中止です)

軽い副作用は使っているうちに慣れてくることもあるといわれています。2週間~1カ月が目安です。

そしてそのまま続けていくとニキビ自体は改善に向かっていきます。耐性ができないので長期間使うことも可能ですし、赤く膿んだニキビにも白く小さなニキビにも効果を発揮します。

 

私も使ってみましたが、ニキビができても悪化しにくいし治りが早いなという印象でした。

 

一番多い副作用は乾燥で、保湿剤(化粧水、乳液)を併用するのが一般的です。

よく、どの順番で塗ったらいいかな?と聞かれますが、乾燥防止のためにも保湿のあとに塗るのをおすすめします。 😀

 

ニキビ治療には保険適応外のケミカルピーリングしかないと思っていた方、思春期だから体質だから・・とあきらめていた方、是非、専門医に相談してみてくださいね!