検索

Site search

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

紫外線と日焼け止めのおはなし

2020年 2月 15日 土曜日

1年のうち紫外線に注意したい季節は3月~5月です。

えっ?夏じゃないの?

このように、皆さん夏には注意していると思います。

なぜ春に注意が必要かというと、冬の乾燥で肌が弱っているところに、

肌に影響の大きいUVBが3月から増加するからです。

 

紫外線には種類があります。

紫外線は波長によって、UVA、UVB、UVCの3つに分けられます。

UVA:地表に届く全紫外線のうち約95%を占め、1年を通して注意が必要で

す。UVBほど有害ではありませんが、シミ、シワ、たるみの原因となります。

UVB:全紫外線の約5%を占めます。3月から徐々に増え始め、5~8月がピークとなります。屋外での日焼けの主な原因で、肌に強く作用します。シミやそばかす、皮膚がんの原因となります。

UVC:大気層(オゾンなど)で吸収され、地表には到達しません。

 

日焼け止めの選び方

日やけ止めには「SPF値」「PA分類」といった2種類の表示が用いられます。これは紫外線を防ぐ効果の目安を示す指標で、SPFはUVBを、PAはUVAを防ぐ効果を表しています。SPFは数字が大きいほど、PAは+の数が多いほど効果が高いとされています。

 

正しい日焼け止めの使い方

1:きちんとよく振ってから使う

2:顔は1円硬貨大をとり、5カ所 (両ほお・額・鼻・あご)に置いてからのばす

3:顔のすみずみまでていねいになじませた後、もう一度重ねづけをする

4:首は10円硬貨大をとり、数カ所にのせ、軽く広げてなじませてからなじませる。

最後に下から上に向かってなじませる

5:腕や脚は容器から直接、肌へ線状にとる。手のひらで大きく円を描く

ように優しく広げながらなじませる。

 

用途に合った日やけ止めを選び、早めの紫外線対策を行いませんか?