検索

Site search

カレンダー

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

口腔アレルギー症候群(OAS)についてのおはなし

2020年 3月 1日 日曜日

 

果物や生野菜を食べた時に、口の中でかゆみや腫れ、喉のイガイガが起きることがあります。

これは口腔アレルギー症候群(Oral Allergy Syndrome)と呼ばれるアレルギー反応の一種であり、花粉症との関連性が報告されています。

果物・生野菜アレルギーについて、症状や原因、対策について見ていきましょう。

 

症状

リンゴやモモ、ナシなどの果物や、生野菜や大豆(豆乳)を食べてから数分以内に、唇や舌、口の中やのどに、かゆみや痺れ、イガイガや腫れなどの症状が起きます。

たいていは食後しばらくすると自然におさまります。

 

原因

果物や生野菜に含まれるアレルゲンが口の中の粘膜に触れ、アレルギー反応が起こることが原因です。

果物、生野菜のアレルゲンは花粉のアレルゲンと構造が似ているため、花粉症の人はこれらに対しアレルギー反応が起こりやすいと言われています。

 

◇花粉との関連が報告されている食べ物

カバノキ科【シラカバ・ハンノキ・オオバヤシャブシ】…リンゴ モモ ナシ サクランボ キウイフルーツ ジャガイモ ニンジン 大豆 ピーナッツ アーモンド等

ヒノキ科【スギ】…トマト

イネ科…メロン スイカ キウイフルーツ オレンジ トマト ジャガイモ等

キク科【ヨモギ】…マンゴー ニンジン セロリ等

キク科【ブタクサ】…メロン スイカ キュウリ バナナ等

 

しかし、花粉症でなくても発症することもあります。ゴム手袋(ラテックス)過敏症の人は、パイナップルやバナナなどの果物を食べた際に同様にアレルギー反応を起こすことがあります。

 

対策

花粉症の方で、食事の際に口の中に症状が認められた場合は、医療機関でアレルギーの原因食物を確認し、今後食べるのを避けるといった対策があげられます。

また、加熱や加工処理も対策の一つとして挙げられます。

果物や生野菜のアレルゲンは熱に弱いため、加熱や加工(缶詰など)をすることで食べることができるといった例もあります。症状の程度を医師に相談することが望ましいです。

 

◇口腔アレルギー症候群と食物アレルギーとの相違点

食物アレルギー 口腔アレルギー症候群
感作経路 食物が腸管から

吸収されて感作

花粉の吸入により感作
代表的な原因

となる食品

卵・牛乳・小麦・魚など 花粉のアレルゲンタンパクと

類似したタンパクを含む

果物・野菜

アレルゲンの特徴 熱や消化酵素に対して

安定したタンパク質

熱に不安定で消化されやすい

タンパク質

症状を誘発する

箇所

消化管での吸収により発症 口腔粘膜で発症
症状 主に全身症状 口唇、口、のど

 

いわゆる食物アレルギーの特徴としては、症状じんましんや湿疹、下痢などの全身症状が現れ、重篤化しやすいことがあげられます。

また、アレルギーの原因物質は牛乳や卵、小麦などの熱や消化酵素に強いタンパク質であり、小腸から吸収されやすいという点が特徴です。