検索

Site search

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

冷え症と漢方のおはなし

2020年 7月 1日 水曜日

 

日中はかなり暑くなってきましたね。

海に山にプールなどなど、、、個人的に夏は大好きなんですが、 苦手なものがひとつだけ。

それは、 “”冷え”” です。 キンキンに冷えた飲み物やアイス、これからの時期にぴったりですよね。 冷房もついつい設定温度を低くしてしまいがちです。

 

しかし、「冷えは万病のもと」と言われているように、 冷えはさまざまな不調をもたらします。

 

そこで今日は、冷え症と漢方について調べてみました。

 

漢方による治療を決定する際には、

「気・血・水」という概念を用います。

これらの異常は冷え症をもたらします。

 

冷え性の状態と代表的な漢方薬

 

気虚

体内のエネルギー不足により、熱が産まれにくい状態です。

疲れやすく、風邪をひきやすい、  胃腸が弱いなどの症状があらわれます。

[十全大補湯、人参養栄湯など]

 

瘀血

血の巡りが悪いため、熱が運ばれにくい状態です。

便秘気味で月経痛や肩こりなどの症状があらわれます。

[当帰四逆加呉茱萸生姜湯、加味逍遙散、当帰芍薬散など]

 

水毒

体内の水分が溜まっているため、冷えが起こる状態です。

頭痛や頭重感、むくみ、耳鳴り、頻尿などの症状があらわれます。

[苓姜朮甘湯、当帰芍薬散など]

 

 

漢方薬を選ぶ際には、このように体質や状態、

冷えに伴う他の症状などを考慮します。

ドラッグストアでも購入できるので、薬剤師に相談してみてください!

 

また、普段の生活から冷え症対策を考えてみましょう。

 

例えば、、、

・シャワーよりお風呂

・エアコンの風に当たりすぎない

(首元をスカーフなどで覆うと効果的)

・こまめに運動

(ウォーキングやストレッチ、ヨガなど)

・体を温める食材を摂る

(根菜類や発酵食品、香辛料など)

 

などなど、調べてみると色々な冷え症対策が出てきます。

この機会にぜひ、ひとつでも取り入れていってもらえたら幸いです。

夏の暑さにも、そして冷えにも打ち勝ちましょう。