うがい薬のお話し

2022年 9月 15日 木曜日

うがい薬と言えば、何を思い浮かべますか?

うがい薬というと茶色のポビドンヨードのイメージが強く、どんな症状でもポピドンヨード一択になっている方も多いのではないでしょうか。

うがい薬の成分は、このポピドンヨードだけではありません。

本日はうがい薬の代表的な成分についてご紹介したいと思います。

うがい薬はざっくり2種類に分けることができます。

「口や喉の殺菌・消毒」作用のあるタイプ

「喉の腫れや痛みを抑える」タイプ

――え!?殺菌するだけじゃないの??――

もちろん口腔内の洗浄が大きな目的の一つではありますが、成分によっては喉の炎症を抑える作用をもつ薬もあります。

まず、「口や喉の殺菌・消毒」作用のあるタイプの代表的な成分は…

そうです。ポピドンヨードです。

また、聞きなじみがないかもしれませんが、セチルピリジニウム塩化物水和物という成分も「口や喉の殺菌・消毒」作用があります。

次に、「喉の腫れや痛みを抑える」タイプの代表的な成分は

アズレンスルホン酸ナトリウムです。

殺菌作用と抗炎症作用、どちらの成分も含んだうがい薬もあるので、

お使いのうがい薬にどの成分が入っているか、ぜひ確認してみてください。

 

代表的なうがい薬の成分をご紹介しましたが、日常的なうがいに薬は不要です。

水道水でうがいをしても、正しい方法で行えば必ずしも薬は必要ないのです。

ちなみに、正しいうがいとは、

1回目にブクブクうがい。

2、3回目はガラガラうがいを15秒以上です。

どの薬を使用すればよいか分からない時は、医師や薬剤師の先生に相談してくださいね♪

必要な時に、適切なうがい薬を使用しましょう!

 

メディカルコミュニケーター

公式Facebook

検索

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿

カテゴリー