検索

Site search

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

消毒液のおはなし

2020年 5月 15日 金曜日

COVID‐19の対策として、手指衛生や環境消毒を行っている方は多いのではないでしょうか。

 

 

正しい消毒薬の使い方ができていますか?

消毒薬を使う時の注意点をチェックしましょう!

 

①正しい濃度

 

消毒薬は原液のまま使えるものもありますが、多くの場合目的に応じて希釈濃度が決められています。消毒薬の種類や使用場所による適切な使用濃度を守りましょう。

例)消毒用エタノール:76.9~81.4%

 

②予備洗浄

 

消毒対象に血液や汗などが付着していると、消毒効果が減弱してしまいます。できるだけ、汚染物を除去しておくことが必要です。予備洗浄で使った石鹸や水をきちんと拭き取りましょう!消毒液の濃度が薄まってしまう可能性があります。

 

③消毒薬の選択

 

使用場所や対象の菌・ウイルスの種類により、適切な消毒薬を選びましょう。例えば、消毒用エタノールは、「粘膜や傷口には使用できない」「ノロウイルスのようなノンエンベロープウイルスに対する消毒効果が弱い」といった特徴があります。消毒薬の特徴を知り、最も効果の高いものを選択することが大切です。

 ④作用時間

 

一般に、作用時間が長いほど消毒効果はよくなります。作用時間が不十分であると、期待通りの効果が得られない可能性があります。

⑤作用温度

 

温度が低いと、消毒効果は弱くなります。冬でも20℃前後で消毒薬を使用することが望ましいです。

 

これらのことを意識して、より有効な消毒を行いましょう!

各々の消毒薬の使用方法についてわからないことがあれば、販売元メーカーのウェブサイトやドラッグストアの薬剤師に確認してみましょう。