しもやけについて

2022年 1月 15日 土曜日

寒さが厳しくなってきました。

寒波が来ると、その影響は私の指先に如実に表れます。しもやけです。

今時、しもやけになんてなる人いるの?と思われる方もいるかもしれませんが、我が家の近所の皮膚科にも、冬になると、しもやけの患者さんが何人もいらっしゃっているようです。

今日は、しもやけについてお話します。

 

しもやけとは、寒暖差によって血行が悪くなり炎症を起こす疾患です。痛みや痒みを伴いながら赤紫色の皮疹ができます。

 

★しもやけ予防には・・

①体を冷やさないよう「保温」が大切です。

防寒対策

身体を温める食べ物を摂る、温かい飲み物を飲む

ゆっくり入浴する

②汗をかいてそのままにしたり、手足を濡れたままにすると、水分が蒸発するときに冷えてしまいます。その温度差がしもやけの原因にもなるため、こまめに拭きましょう。

③末梢の血流が悪くなってしまうので、靴下や靴はしめつけのないものを選びましょう。

マッサージをして血行を良くすることも大切です。

 

★しもやけを改善するために、よく使用される薬

血行を良くする薬

・ビタミンEの内服や塗り薬

・ヘパリン含有軟膏

・漢方薬 「温経湯」「四物湯」「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」「五積散」など

炎症を抑える薬

・ステロイドを含むもの

・抗炎症成分を含むもの

痒みを抑える薬

・鎮痒成分を含むもの

・抗ヒスタミン成分を含むもの

その他、キズに対して、抗生剤の塗り薬が使われることもあります。

 

しもやけの状態に合わせて、薬や治療内容は変わってきます。また、赤く腫れあがる、赤く変色する、出血や水ぶくれの症状がみられる場合には、皮膚科の受診をお勧めします。

万全の対策と、最適な治療で、この寒い冬を頑張って乗り切りましょう♪

メディカルコミュニケーター

公式Facebook

検索

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿

カテゴリー