オブラートの正しい使い方

2022年 3月 15日 火曜日

皆さんは、粉薬を飲むのは得意でしょうか。

特に、中には苦みのあるお薬もあり苦手意識を持たれている方も多いと思います。

 

そんな時、役に立つのがオブラートです。

オブラートは馬鈴薯(じゃがいも)や甘薯(さつまいも)のでんぷんを糊化して、それを乾燥してつくった食べられるフィルムのことを言います。

 

「オブラートの使い方は?」と聞くと、「オブラートに粉薬を包んで飲むんでしょ」と仰る方が多いのではないでしょうか。

確かに、【オブラートに薬を包んで飲む】ことに誤りはないのですが、口の中でくっついて飲みづらいと感じた方はいないでしょうか。

私の母も同じようなことを話していました。

 

母「粉薬を飲むのが嫌だ」

私「オブラートを使ってみてはどう?」

母「のどにくっつくでしょ?窒息しそうになるわ」

 

実は、オブラートは水に溶けやすい性質があるので、口の中の水分でくっついてしまうのです。

そういったときにおすすめの方法があります。

 

1)薬をオブラートに包む←ここまでは同じです。

2)コップに水を入れて用意します。

3)オブラートで包んだ薬をスプーンに乗せます。

4)そのままコップの中の水に漬けます。

5)それを口に入れて、コップの水で飲みこんでください。

 

オブラートがトロっとして飲みやすくなりますよ。

ポイントは、口に入れた後は早めに飲むことです。長くとどめてしまうとお薬が漏れてきてしまいます。

 

母にも教えたところ「ばっちり!」と喜んでいました。

オブラートを使ったことが無く、粉薬に苦手意識の借る方はぜひ試してみてください。

※中にはオブラート使用を適さないお薬もあるようなので、薬局薬剤師に事前に相談してくださいね。

メディカルコミュニケーター

公式Facebook

検索

カレンダー

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

カテゴリー