ジェネリック医薬品について

2022年 4月 20日 水曜日

薬局でお薬を貰うときに、よく耳にするフレーズですね。

「理由は分からないけど、薬代が安くなるやつでしょ!」

と、ふわっと理解されている方は多いと多います。

そこで本日は、ジェネリック医薬品についてお話したいと思います。

 

一般的なジェネリック医薬品とは、

“新薬の特許が切れた後に製造販売される、

新薬と同じ有効成分を含む医薬品のこと”です。

 

新薬の開発には約100億円以上のコストがかかると言われているのに対して、

ジェネリック医薬品の開発コストは数億円程度と言われています。

 

みなさんにお薬を安くお届けすることが出来るのは、

開発コストが新薬と比較して安いことが理由なのですね!

 

最近では、オーソライズド・ジェネリック(略してAG)という種類の

ジェネリック医薬品もよく使用されるようになりました。

 

一般的なジェネリック医薬品は有効成分が同じなのに対して、

AGは有効成分の他に添加物・製法なども新薬と同じものを使用しています。

新薬とほぼ同一のものを提供出来るので、安心ですね。

 

 

今までジェネリック医薬品を使用したことがなかった方も、

お薬代を安くすることが出来るので、医師・薬剤師にぜひ相談してみてくださいね。

メディカルコミュニケーター

公式Facebook

検索

カレンダー

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の投稿

カテゴリー