かぼちゃのはなし

2023年 10月 15日 日曜日

今日はかぼちゃのお話です。

かぼちゃといえば、夏野菜?ハロウィン?冬至?

今や、スーパーで見かけない季節はありませんが、俳句の季語ではに分類されるようです。

 

日本ではかぼちゃは夏に収穫されることが多いようですが、追熟することで美味しさが増すそうです。なので、追熟した秋が一番美味しいのだそう。
※かぼちゃの種類によっても変わります。

 

なんとなくイメージがあるかもしれませんが、かぼちゃは栄養豊富!

ビタミンA(βカロテン)が豊富です。

  

ビタミンAは皮膚や粘膜を健全な状態に保つ作用があります。風邪菌は粘膜から体に侵入しますので、免疫力アップに関わるとされています。もちろんお肌の健やかさを保つことにも一役買ってくれます。

さらに、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEも含まれています。

そして、ビタミンA、C、Eはまとめてビタミンエース(ACE)と呼ばれており、これらのビタミンは一緒に取ることで、お互いを強化したり、足りない部分を補いあったりすることが期待されます。

 

また、かぼちゃの種はなんと!生薬として「南瓜仁/ナンカニン」や「南瓜子/ナンカシ」と呼ばれ虫下しとして用いられているようです。

 

美味しくって栄養豊富!さてさて、かぼちゃはどのように食べるのがお好きですか?

煮物もいいし、ケーキもいいし、BBQでの焼き野菜としてもいいですね。

先ほど紹介したビタミンAやEは油と相性がいいので、簡単にできるグリルがおすすめです◎

3センチ角程に切ったら、塩とオイルをまぶして、200℃くらいのオーブンで15-20分。火が通れば完成です。
冷蔵でも数日保存できますし、冷凍でも保存できます。いつもの食卓にもお弁当にも入れられます。

ただ、あっさりしていて飽きずに食べられてしまうので、味見としてモグモグがとまらず、結局食べ切ってしまうこともしばしば💦お試しあれ。

 

メディカルコミュニケーター

公式Facebook

検索

カレンダー

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

カテゴリー