正しい点眼薬のつかいかた

2018年 6月 15日 金曜日

アレルギー、ものもらい、眼精疲労、ドライアイ…目薬を使う機会は日常でもたくさんあります。

 

目薬の使いかた…実は、「思い込みで使っていたけれど、実は最適な使用方法ではなかった?!」ということが結構あります。

 

正しい点眼方法について、いま一度ご確認下さい。

 

  1. 点眼後、目をぱちぱちしない

 

目をぱちぱちすると、目全体に薬がいきわたるような気がしますが…実は違うのです 😯

 

瞬きのときの筋肉の動きが、目薬を鼻やのどのほうに送り出してしまいます。

そうすると、薬が目に吸収される前に排出されてしまい、薬の効果が低くなってしまうのです。

 

正しい点眼方法は、点眼後目頭を軽く押さえて、目を閉じることです。

 

目頭には、涙が鼻やのどに流れていく管があります。

その管の入り口を圧迫することで、薬が目から逃げていくことを防ぎます。

 

時間に余裕がある場合は、その状態で1~5いるとさらに効果は高まります。

 

 

  1. 2種類以上の点眼をさすときは、5分以上あけて点眼する

 

目の中には、目薬をとどめておくスペースがほとんどありません。

 

点眼1滴でも、その一部分はあふれて鼻やのどに流れてしまいます。

 

そのため、点眼したら最低5は間を空けて、しっかり薬を吸収させてから次の目薬を点眼して下さい。

 

*ただし、医療用の点眼剤によっては30分~1時間以上間をあけないといけないものもあります。医師や薬剤師からの点眼の指示を守りましょう。

 

 

  1. 冷蔵庫に入れても、開封後の期限は延びない

 

通常、開封後1ヶ月が使用期限です(特殊な点眼剤を除く)。

冷蔵庫でも常温でも同じです。

 

もし、点眼薬の衛生状態を保ちたい場合は、ボトルの先がまつげや目に触れないように点眼しましよう。

まつげについている雑菌が混入するのを防ぎます。

 

 

 

・・・以上が、目薬の使い方で誤解されやすい点です。

 

正しい使い方をすることで、薬の効果も高まります。

ぜひ、実践してみてください。

薬局 in London

2018年 6月 1日 金曜日

皆さんは、海外に行って薬局を訪れたことはありますか?

数日の海外旅行であれば、あまりお世話になることが少ないのでは?と思います。

そこで今回は、私の大好きな街、イギリスLondonの薬局をご紹介しようと思います。

数年前、Londonにひとり旅をした時のこと、オシャレなお店だなと思ってフラッと入ったお店が実は薬局だったということがありました。

海外、特にLondonのような歴史ある街って、何気ない風景やお店も全部オシャレに見えるんですよね!(そう感じているのは私だけでしょうか…)

 

しかも、薬局といっても石鹸やハンドクリーム、ハーブティーやアロマなど、日本ではオーガニックコスメのお店で売られているものが並んでいたりします。

もちろん薬剤師がいて、処方せんも受け付けているのですが、薬局とはいえ日本とは何かが違う!!

 

もちろん、‘Boots’という日本でいういわゆるドラッグストア(処方せんも受け付けています)もあります。

 

日本でも最近では健康志向の人が増えてきたり、セルフメディケーションと言われるようになってきましたが、イギリスでは昔からセルフメディケーションの意識が高く、日頃からハーブやアロマなどを生活の一部として活用している人が多いのです。

日本では薬局というと、病気になった時に病院でもらった処方せんを持っていくだけというイメージが強いのですが、イギリスでは薬局や薬剤師の存在も、日本とは少し違いより身近で生活に密着したものなのかもしれません。

最後に、もしLondonに行くことがあればぜひオススメしたい薬局をご紹介します。

「D.R.HARRIS」というお店です。Londonで最も古い薬局のひとつで、1790年に薬剤師と医師の兄弟が創業しました。高級店が建ち並ぶセントジェームス通りに200年以上も店を構えており、店頭にはハンドクリームやリップクリームなどのスキンケア用品などオシャレな商品が並んでいますので、お土産にもオススメです。

インターネットや一部の輸入品を扱うお店などで今では日本でも手に入るのですが、お店がとても素敵なので、Londonに行かれた際は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

くすりを飲みやすくするには

2018年 5月 15日 火曜日

 

お薬って苦いですよね。とくに粉薬や漢方薬。

飲まないと治らないけど、できるだけいやな思いをせずに飲みたい!

そう考えたことがある人、結構多いのではないでしょうか 😥

基本的にお薬は水で飲むものです

しかしお薬によっては、ジュースに混ぜることができるものやアイスクリームと一緒に食べることができるものがあります 🙂

意外と知られていませんが、混ぜていい食べ物、ダメな食べ物のデータをしっかりとっているお薬も多いのです。

例えば花粉症などアレルギー症状を起こしたときに飲む、アレジオンドライシロップというお薬があります。

このお薬は苦味があるのですが、アイスクリームやヨーグルトに混ぜて飲むことができます。

ただしどのお薬でもジュースやアイスクリームに混ぜてもいいというわけではなく、お薬によっては余計に苦くなってしまったり、効果が出にくくなってしまうものもあります。

自分が飲んでいるお薬が何に混ぜられるのか、何と混ぜたら飲みやすくなるのか気になったときは、是非近くの薬局の薬剤師さんに聞いてみてください。

 

また、お薬を食べ物に混ぜるときには気を付けてほしいポイントがいくつかあります。

一つ目はお薬を主食には混ぜないことです。

赤ちゃんのミルクに混ぜて飲ませてしまうと、ミルク嫌いの原因となってしまいます

二つ目は作り置きをしないことです。

混ぜて時間がたつと成分が変化してしまうお薬もあります

食べ物に混ぜるときは一回分ずつ作るようにしましょう。

お薬をしっかり飲んで、早く病気を治しましょう。

そのためにも、お薬を飲みやすくするひと工夫、試してみてはいかがでしょうか 😛

カフェインのおはなし

2018年 5月 1日 火曜日

コーヒーって美味しいし、香りもいいですよね。

私はコーヒーが大好きで、毎日1杯は必ず!という感じです。

おそらく「わたしのほうがもっとたくさん飲んでるよ!」という方もいらっしゃるでしょう。

 

コーヒーといえばカフェイン!

ということで今回はカフェインのおはなしです。

 

カフェインはコーヒー以外の飲料、食品、医薬品などにも含まれます。

カフェインの作用で一般的によく知られるものは覚醒作用でしょう。

 

 

覚醒作用はカフェインが脳を興奮させることによりおこります。

よく私たちは眠気覚ましに、この覚醒作用を求めてコーヒーを摂取しますね。

 

ヒトの脳に血液中の物質が入っていくには、血液脳関門という関所を通過しなければなりません。

血液脳関門は、血液にのってやって来た様々な物質がなんでもかんでも脳に入っていけないようにしているところです。

 

カフェインはここを通過できる物質の条件を備えていて、脳に入っていき、私たちの脳を興奮させ覚醒させるのです。

 

さて、カフェインを摂りすぎるとどうなるか。

「眠れなくなってしまう!」これはよく知られていることですが、他にも頭痛、心拍数の増加、不安、嘔吐、下痢などを引き起こす可能性があります。

 参考までに、欧州の機関(EFSA;欧州食品安全機関)が定めているカフェインについての数値をご紹介します。

「成人が1日に安全に摂取できるカフェインの最大摂取量」400mg

これとは別に「成人は1回に3mg/kgまで、1日には5.mg/kg」という指標もあります。

体格差も関係するんですね。

 

ちなみにコーヒー1杯(100ml)あたりのカフェイン量はおよそ60mgとすると、大きいマグカップでコーヒーをぐびぐび飲んでると、案外すぐに到達してしまいそうですね。


先に挙げた基準は一例で、世界には他の機関の基準もあります。しかし、それぞれにそれほど大きな開きはないかと思います。

 

私の友人にはひと口でもコーヒー・紅茶等を飲むと、夜に全く眠れなくなってしまうという体質の人もいます。一概にどれくらいまでが絶対安全で、どれ以上が絶対危険だとは言えませんが、なんでもほどほどに、ですよね!

 

普段簡単に摂取できてしまうカフェイン。

コーヒーの他にも、紅茶やエナジードリンクにも入っているのはよく知られているかと思いますが、医薬品にもカフェインが含まれているものはあります。知らないうちに摂りすぎにならないように注意しましょう。

 

美味しいものとは、その美味さを最大限に楽しめるように上手にお付き合いしていきたいものですね。

 

くすりとサプリメントの飲み合わせのおはなし

2018年 4月 15日 日曜日

体調に不良があると、それを治すために一般的には多くの方が「くすり」を服用します。体調不良を自覚していない状態でも、健康診断などで指摘を受けるなどのきっかけで、くすりの服用を始める方もいらっしゃると思います。

しかし、これからは日々の蓄積で起こる「生活習慣病」をご自身で防いでいき、健康寿命を延ばしていく時代です。そんなときに役に立つのがサプリメントです。

 

 

サプリメントと簡単に言っても、成分や価格、製造販売メーカーなどたくさんの種類があり、自分には何のサプリメントが合っているんだろうと迷われる方もいらっしゃると思います。本日はサプリメントを始めるときに、少しでも参考になる情報をお伝えできればと思います。

 

 

 

今回は、生活習慣病予防の観点から、肥満予防に特化した情報をお伝えします。

肥満が気になる方・予防したい方におすすめの成分が「キトサン」「ブラックジンジャー」の2つの成分です。

キトサンは、カニ・エビなどの甲殻類由来の動物性食物繊維で、ダイエット目的のサプリメントによく配合されている成分です。「コレステロールが高めの方に適した食品」として特定保健用食品(トクホ)で認められており、食事で摂りすぎた脂質や塩分の吸収を抑え、血中中性脂肪値の上昇を抑えてくれます。甲殻類のアレルギーのある方は注意が必要ですので、医師や薬剤師等に相談するようにしてください。

一方のブラックジンジャーですが、こちらは脂肪燃焼効果があると言われています。特徴的なのが、代謝そのものを高めてくれることです。ただ運動するよりも、ブラックジンジャーの入ったサプリを摂ってから運動することで、脂肪の燃焼効果がより高まります。

 

こういった成分のサプリメントを摂ることで、健康な状態を長く維持できると良いですね。ご自身の体質と合うかどうか不安な方は、各メーカーのサプリメント相談室に相談してみてくださいね。

漢方的「血(けつ)」を増やすおはなし

2018年 4月 1日 日曜日

貧血じゃないのに、めまいがする、ふらふらする、たちくらみ、動悸、息切れがするなどありませんか?

実は、漢方では「血(けつ)」が足りない=血虚という考え方があります。

この血とは、漢方の考え方で気血水論からきているものです。

 

 

 

 

 

まず、気血水論とは、漢方では体を構成する成分をこの3つに分けて考えます。

「気」は、元気の気、エネルギー、精神力、精力のことをひっくるめていいます。気が不足すると、元気が出なかったり、疲れやすくなります。

「血」は、血液だけでなく、体に必要な栄養分や潤いを臓器や皮膚などに与え、血流をよくするもののことです。

血が不足すると、肌が乾燥したり、冷え、抜け毛、白髪、めまい、動悸、不眠、息切れ、落ち込みやすい、婦人科の不調などを起こします。

「水」は、「血」以外の体を潤す体液全般のことを言います。

水毒といって、水の汚れがたまると、むくみ、たんや鼻水が出やすい、低気圧の頭痛などを起こします。

 

西洋医学の貧血と、漢方の血虚は、いずれも血液を関しますが、前者は血液の成分のこと、特に血液中の鉄分の割合の低下のことを言い、後者は成分ではなく、体の血液量全体のことを言います。

そのため、貧血じゃない(=鉄不足じゃない)状態でも、血液の全体量が足りないと、上記のようなたちくらみ、めまいなどが起こります。

 

 

「血」は、目を酷使すると消耗すると漢方では考えています。特にパソコンやスマホが普及した昨今、現代人は「血(けつ)」が不足しがちな状況です。

そのため、いかに消耗を抑え、いかに補給していくかが大事になります。

漢方は、薬に頼るだけでなく、日々の生活、食事などで対応することもできます。

血を増やしていく食材としては、クコの実、ナツメといった漢方素材から、黒豆、黒ゴマ、海藻類、ドライフルーツ、赤身の肉や魚がいいです。

これらを日々取り入れることで、血を増やしていくことができると漢方では考えます。

ドーピングのおはなし

2018年 3月 15日 木曜日

平昌オリンピックも終わり、2020年の東京オリンピックも近づいてきましたね。

スポーツと薬ということで、今回はドーピングの話をしたいと思います。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

ドーピングとは簡単に言うと、スポーツで好成績を出すために薬を服用することです。

もちろんドーピングになるとわかっていながら薬を服用するのはいけませんが、偶然服用した風邪薬などで起こる“うっかりドーピング”も多いのが現状です。

 

なおドーピング検査は大きな大会でのみ実施されます。

(例)海外の国際大会、国内だと国体が該当

 

それでは具体的な禁止薬をいくつか紹介します。

もちろん、これらは一例であるため、詳細はドーピング機構などにご確認ください。

 

1)蛋白同化男性化ステロイド薬(AAS)

ダナゾール、メチルテストステロン、メテノロン、ナンドロロンなど

これらは筋肉増加作用があるため禁止されています。

 

2)ベータ2作動薬

クレンブテロール、ツロブテロール、プロカテロールなど

これらは交感神経興奮作用や一部蛋白同化作用を含むため禁止されています。

ただし、サルメテロール、サルベタモール、ホルモテロールの吸入薬は範囲内の使用であれば禁止にはなりません。

ベータ2作動薬は喘息の患者様によく使う薬ですし、風邪で使われることも多いです。

試合前に風邪を引いてうっかりベータ2作動薬を使用してしまうことがあります。

 

3)利尿薬

利尿薬は水分を排泄することで体重を減量できることと、尿量を増加させて薬物の尿中濃度を下げて禁止物質を検出されにくくするため禁止されています。

最近では降圧剤と利尿薬の合剤が多数販売されているので注意が必要です。

 

4)ベータ遮断薬

ベータ遮断薬は心拍数、心拍出量低下などで不整脈や狭心症に使われます。

これらは運動やストレス状態のときに強い影響を与えることと、本態性振戦や全身性の不安障害の治療薬にも使われます。以上のことから1点集中が必要な競技や恐怖心が生じる競技で禁止されています。

(例)アーチェリー、射撃、スキージャンプ、ゴルフなど

 

また市販薬でもメチルエフェドリンや麻黄が入っている薬は禁止です。

メチルエフェドリンに関しては市販されている鎮咳薬の約70%に含有されているといわれています。

 

このように身近にドーピングに関わる薬はたくさんあります。

スポーツ選手はうっかりドーピングには注意して活躍してほしいと思います。

スーパーフードのおはなし

2018年 3月 1日 木曜日

本日は健康志向の高まりとともに注目されているスーパーフードについて紹介します。

 

スーパーフードの定義は様々あるようですが、以下のようにいわれています。

  • 栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
  • あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
  • 一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、 料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

 

簡単に取り入れられ、体に良く、病気の予防となる食品はとても魅力的です。

そこで、いくつかスーパーフードを紹介したいと思います。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

・アサイー

カルシウム・鉄分などのミネラル類、食物繊維、アミノ酸、ビタミンなど栄養素が豊富に含まれている果物です。

便秘や貧血に悩まされている女性にオススメです。

グラノーラやフルーツと一緒に食べるアサイボールやスムージーとしてよく食べられています。

 

・ココナッツオイル

中鎖脂肪酸が多く含まれ、エネルギーとして利用されやすく、更に体脂肪になりにくいという、ダイエットにオススメのオイルです。また便秘の解消も期待できます。

飲むことに抵抗がある方は、普段使っている植物油をココナッツオイルに変えてみても良いかもしれません。

 

・ザクロ

カリウムやビタミン類、抗酸化作用を持つ成分が多く含まれるため、むくみや美容によいとされています。また、種子に含まれるエストロンが女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをし、更年期障害や肌トラブルがある方にオススメです。種に多くの栄養素が含まれるため、ジュースやスムージーが飲みやすいかもしれません。

 

・チアシード

ミネラル、食物繊維、ビタミンはもちろん、体内で作ることができない必須アミノ酸が含まれています。食生活に不安がある方にオススメです。またオメガ3脂肪酸も含まれているため、魚を食べる機会が少ない人にもオススメです

粉末のため、食べるときには水に浸し、膨らませて食べます。膨張によって満腹感もありますのでダイエット効果も期待できるかもしれません。

 

手軽に豊富な栄養素が取り入れられるスーパーフード。健康維持のために日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

菜の花のおなはし

2018年 2月 15日 木曜日

まだまだ寒い日が続きますが、店頭には春の味覚が並んでいますね。

今日は、ほろ苦い味わいが特徴的な「菜の花」についてお話しします。

 

菜の花というと季節の風物詩の印象が強いですが、実はとても栄養価の高い野菜なんですよ!

免疫力を高めて風邪を予防するβ-カロチン、肌荒れに効果のあるビタミンC、女性に不足しやすい鉄分や葉酸、イライラを抑える効果のあるカルシウム等、沢山の栄養素がバランスよく含まれています。

さらに、菜の花にはグルコシノレートが含まれ、噛むことで野菜の細胞内に含まれる分解酵素と混じりあい、抗がん作用があるイソチオシアネートという物質に変化します。グルコシノレートは、つぼみの部分に多く含まれているので取り除かないようにしましょう。 調理は水溶性ビタミンのビタミンB群とビタミンCの損失を最小限にするため、塩を入れた熱湯でさっと茹でるか、蒸し器や電子レンジを利用するとよいでしょう。

 

2~3月に出回る旬の食材です。おひたし、辛し和え、天ぷらなどにして、積極的に取り入れましょう!

ノロウイルスのおはなし

2018年 2月 1日 木曜日

ノロウイルスによる感染性腸炎は、一年を通して発生しますが、特に冬季に多く発生します。手指や二枚貝などの食品などを介して、経口で感染します。感染すると嘔吐、下痢、腹痛などの症状を引き起こします。場合によっては重症化することもあります。最近は新たな遺伝子型のノロウイルスも出現しており、一層注意が必要となっています。

 

 

 

 

 

治療に関しては、現在のところワクチンなどがなく、輸液などの対症療法のみになります。したがって、予防対策を日頃から徹底することが重要です。

予防対策は、以下の通りです。

(1)食事の前やトイレのあとには、必ず手洗いをおこなう。

(2)下痢や嘔吐などの症状がある場合には、食品を直接取り扱わない。

(3)感染者の吐ぶつや糞便の処理を適切におこない、感染を広げない。

(4)調理器具の洗浄・殺菌をおこない、食品は十分な加熱調理をおこなう。

 

感染者の吐ぶつや糞便には、ウイルスが大量に存在し、そこが感染源となり、二次感染する恐れがあります。そのため、処理にも注意が必要です。

 

 

 

 

 

処理における注意点は、以下の通りです。

  1. 使い捨てのガウン(エプロン)、マスク、手袋を装着する。
  2. ウイルスが飛び散らないように、ペーパータオルや新聞紙などで静かに拭き取る。
  3. 拭き取ったあとは次亜塩素酸ナトリウムで浸すように、床を拭き取り、その後水拭きをおこなう。
  4. おむつ等は、糞便などを包み込むように速やかに閉じる。
  5. おむつや拭き取りに使用したペーパータオルや新聞紙などは、ビニール袋に入れて密閉する。(この際、ビニール袋内に廃棄物が浸る量の次亜塩素酸ナトリウムを入れるとよい。) 

 

以上、簡単ですがノロウイルスの感染予防と感染物の処理について紹介しました。

※次亜塩素酸ナトリウムが手に入らない場合:次亜塩素酸ナトリウムを含む家庭用塩素系漂白剤で代用可能。

日頃から基本的な感染予防を徹底し、感染した場合は冷静に対応できるようにしましょう。

 

参照:厚労省ホームページ ノロウイルスに関するQ&A