検索

Site search

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

漢方のおはなし

2018年 8月 5日 日曜日

暑い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?熱中症にならないよう水分は十分摂ってくださいね。

話は変わりますが、皆様漢方薬と聞くとどのようなイメージを抱くでしょうか?薬局に勤めていた頃患者様に漢方薬をお渡しする時に、「漢方薬だから副作用はないですよね。」と言われることが時々ありました。もしかしたら皆様の中にもそのように思っている方がいるかもしれません。今回は漢方薬の副作用についてお話しようと思います。

まず、漢方薬にも他のお薬と同じように副作用はあります。 🙄

例えば、漢方薬に入っている生薬(漢方薬の原料。薬用にする目的を持ち、植物、動物、鉱物などの天然物の一部に乾燥、または簡単な加工を施したもの)に麻黄というものがあります。麻黄の服用で動悸や発汗過多などの症状が起こることがあります。

麻黄が入っている漢方薬には葛根湯や麻黄湯などがあります。風邪の時に処方されることがあるので飲んだことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

次に甘草という生薬です。甘草の服用で偽アルドステロン症が起こることがあります。症状としては脱力感、血圧が上がる、むくみなどがあります。

甘草は医療用漢方エキス製剤の半分以上に入っているので注意が必要です。先程書いた葛根湯や麻黄湯にも入っています。

 

以上のように漢方薬でも副作用が起こる可能性はあるということをお話しさせて頂きました。もちろん、飲んだら必ず起こるというわけではありませんが、もしも服用していて、何か体に異常を感じることがあれば医師やおかかりの薬局の薬剤師にご相談ください。

 

最後に、漢方薬を複数飲むときのお話です。

漢方薬は数種類の生薬が組み合わさって出来ています。そのため複数の漢方薬を飲んだ場合、同じ生薬が重複してしまう可能性があるのです。

何の生薬が入っているかは、名前から読み取れるものもありますが、読み取れないものもあります。

芍薬甘草湯(甘草、芍薬)、大黄甘草湯(大黄、甘草)などは入っている生薬がそのまま漢方薬の名前になっています。葛根湯(葛根、桂皮、大棗、芍薬、麻黄、生姜、甘草)のように名前にはない生薬が入っている場合もあります。

 

医師が把握していない所での重複を防ぐため、違う病院でもらった薬や服用している市販薬は忘れずに医師、薬剤師に伝えましょう!

ニンニクのおはなし

2018年 7月 15日 日曜日

夏が近づいてきて、どんどん暑くなってきましたね…!

みなさまいかがお過ごしでしょうか。 😮

夏バテにならないようにスタミナをつけたい時期ですね。

今回は、スタミナをつける食材の代表格「ニンニク」について

お話ししたいと思います。

ニンニクを食べるとスタミナがつく理由としては、

アリシン」という成分が主に関与しているといわれています。

 

ニンニクに含まれるアリシンという成分が、ニンニクの細胞が壊れることで

酵素と反応しアリシンが発生します。

アリシンの疲労回復促進効果がニンニクを食べるとスタミナがつくといわれる

理由の一つです。

アリシンがビタミンB1と結合しアリチアミンという物質になります。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換し、

乳酸などの疲労物質の蓄積を防止する栄養素です。

アリチアミンになることで、ビタミンB1の吸収を高め、

体内に長く保持するため疲労回復を促進するといわれています。

また、アリシンは抗菌作用による風邪予防や、

血行促進効果による動脈硬化の予防が期待されるといわれています。

 

アリシンは、加熱することにより、「スコルジニン」という成分になります。

スコルジニンは、アリシンと同様にビタミンB1と結合し

ビタミンB1の吸収を促進し、体内に長く保持する効果を持ちます。

加えて、スコルジニンには新陳代謝を促進し、

体内の毒素や老廃物を分解し排泄する作用があると言われています。

また、毛細血管を拡張し、動脈硬化を防止することで、

生活習慣病の予防にもつながると言われています。

 

ビタミンB1は、豚肉やレバー、豆類、米ぬか、玄米などの食材に

多く含まれていると言われています。

これらの食材とニンニクを合わせて食べることで、

より疲労回復につながるでしょう。

ニンニクとこれらの食材を食べて、夏を乗り切りましょう!!! 😛 

献血のおはなし

2018年 7月 1日 日曜日

 

みなさんは献血をしたことがありますか?

献血の経験がない方はイメージしにくいかもしれません。

本日は献血について、お話しします。

 

なぜ献血が必要なの?

血液は、赤血球(肺で取り込まれた酸素を全身に運ぶ)や血小板(出血した際に血管の傷をふさぐ)、白血球(免疫をつかさどる)などの細胞成分と、それ以外の液状成分(主に血小板と共に止血の働きをする)で構成されています。

血液のそれぞれの成分にそれぞれの役割・正常値がありますが、怪我・病気やその治療、生まれつきの体質などが原因で、血液の量や成分構成が正常ではない場合があります。その場合、日常生活が困難になったり、死に至ることもあります。そのような方には輸血(必要な血液の成分を、必要な量だけ点滴して補充すること)が必要になります。しかし、現在の医療技術では輸血用血液は人工的には製造できず、長期保存ができないため、健康な方から血液を提供していただく必要があるのです。

 

どこでできるの

献血は、日本赤十字社が運営している、常設の献血ルームや献血バスで行うことが出来ます。詳しくは日本赤十字社HPでご確認ください。

 

どういう流れで行うの

基本的には以下のような流れで行います。

①受付

②質問への回答

③問診・血圧測定

④血液検査

⑤採血

⑥休憩

献血にはいくつか種類がありますが、採血の所要時間は、全血献血の場合は10~15分程度、成分献血の場合は40~90分程度です。また、採血後は30分以上休憩をします。

 

献血するときの注意点は?

患者さんに安全に血液をお届けするために、献血する際はいくつかの条件があります。以下の条件に当てはまる方は献血が行えない場合があります。

・薬を飲んでいる

・3日以内に出血を伴う歯科治療を受けた

・4週間以内に海外から帰国した

・ピアスの穴を開けた

・予防接種を受けた

他にも細かい条件などがありますので、ご注意ください。

 

副作用が起こったらどうするの?

医療機関の受診が必要となるような副作用が発生した場合、医療費などを補償する「献血者健康被害救済制度」という制度があります。

また、献血を行う際に使用する針などの器具は、献血者一人ひとり新しいものを使用するため、献血をすることにより病気になることはありません。

 

献血の経験がない方は、献血に対して少し怖いイメージがあるかもしれません。しかし、困っている患者さんは大勢いらっしゃいます。もし、少しでもやってみようかなと思う方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度でも献血を体験してみてください。

 

 

参考:厚生労働省HP、日本赤十字社HP

正しい点眼薬のつかいかた

2018年 6月 15日 金曜日

アレルギー、ものもらい、眼精疲労、ドライアイ…目薬を使う機会は日常でもたくさんあります。

 

目薬の使いかた…実は、「思い込みで使っていたけれど、実は最適な使用方法ではなかった?!」ということが結構あります。

 

正しい点眼方法について、いま一度ご確認下さい。

 

  1. 点眼後、目をぱちぱちしない

 

目をぱちぱちすると、目全体に薬がいきわたるような気がしますが…実は違うのです 😯

 

瞬きのときの筋肉の動きが、目薬を鼻やのどのほうに送り出してしまいます。

そうすると、薬が目に吸収される前に排出されてしまい、薬の効果が低くなってしまうのです。

 

正しい点眼方法は、点眼後目頭を軽く押さえて、目を閉じることです。

 

目頭には、涙が鼻やのどに流れていく管があります。

その管の入り口を圧迫することで、薬が目から逃げていくことを防ぎます。

 

時間に余裕がある場合は、その状態で1~5いるとさらに効果は高まります。

 

 

  1. 2種類以上の点眼をさすときは、5分以上あけて点眼する

 

目の中には、目薬をとどめておくスペースがほとんどありません。

 

点眼1滴でも、その一部分はあふれて鼻やのどに流れてしまいます。

 

そのため、点眼したら最低5は間を空けて、しっかり薬を吸収させてから次の目薬を点眼して下さい。

 

*ただし、医療用の点眼剤によっては30分~1時間以上間をあけないといけないものもあります。医師や薬剤師からの点眼の指示を守りましょう。

 

 

  1. 冷蔵庫に入れても、開封後の期限は延びない

 

通常、開封後1ヶ月が使用期限です(特殊な点眼剤を除く)。

冷蔵庫でも常温でも同じです。

 

もし、点眼薬の衛生状態を保ちたい場合は、ボトルの先がまつげや目に触れないように点眼しましよう。

まつげについている雑菌が混入するのを防ぎます。

 

 

 

・・・以上が、目薬の使い方で誤解されやすい点です。

 

正しい使い方をすることで、薬の効果も高まります。

ぜひ、実践してみてください。

薬局 in London

2018年 6月 1日 金曜日

皆さんは、海外に行って薬局を訪れたことはありますか?

数日の海外旅行であれば、あまりお世話になることが少ないのでは?と思います。

そこで今回は、私の大好きな街、イギリスLondonの薬局をご紹介しようと思います。

数年前、Londonにひとり旅をした時のこと、オシャレなお店だなと思ってフラッと入ったお店が実は薬局だったということがありました。

海外、特にLondonのような歴史ある街って、何気ない風景やお店も全部オシャレに見えるんですよね!(そう感じているのは私だけでしょうか…)

 

しかも、薬局といっても石鹸やハンドクリーム、ハーブティーやアロマなど、日本ではオーガニックコスメのお店で売られているものが並んでいたりします。

もちろん薬剤師がいて、処方せんも受け付けているのですが、薬局とはいえ日本とは何かが違う!!

 

もちろん、‘Boots’という日本でいういわゆるドラッグストア(処方せんも受け付けています)もあります。

 

日本でも最近では健康志向の人が増えてきたり、セルフメディケーションと言われるようになってきましたが、イギリスでは昔からセルフメディケーションの意識が高く、日頃からハーブやアロマなどを生活の一部として活用している人が多いのです。

日本では薬局というと、病気になった時に病院でもらった処方せんを持っていくだけというイメージが強いのですが、イギリスでは薬局や薬剤師の存在も、日本とは少し違いより身近で生活に密着したものなのかもしれません。

最後に、もしLondonに行くことがあればぜひオススメしたい薬局をご紹介します。

「D.R.HARRIS」というお店です。Londonで最も古い薬局のひとつで、1790年に薬剤師と医師の兄弟が創業しました。高級店が建ち並ぶセントジェームス通りに200年以上も店を構えており、店頭にはハンドクリームやリップクリームなどのスキンケア用品などオシャレな商品が並んでいますので、お土産にもオススメです。

インターネットや一部の輸入品を扱うお店などで今では日本でも手に入るのですが、お店がとても素敵なので、Londonに行かれた際は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

くすりを飲みやすくするには

2018年 5月 15日 火曜日

 

お薬って苦いですよね。とくに粉薬や漢方薬。

飲まないと治らないけど、できるだけいやな思いをせずに飲みたい!

そう考えたことがある人、結構多いのではないでしょうか 😥

基本的にお薬は水で飲むものです

しかしお薬によっては、ジュースに混ぜることができるものやアイスクリームと一緒に食べることができるものがあります 🙂

意外と知られていませんが、混ぜていい食べ物、ダメな食べ物のデータをしっかりとっているお薬も多いのです。

例えば花粉症などアレルギー症状を起こしたときに飲む、アレジオンドライシロップというお薬があります。

このお薬は苦味があるのですが、アイスクリームやヨーグルトに混ぜて飲むことができます。

ただしどのお薬でもジュースやアイスクリームに混ぜてもいいというわけではなく、お薬によっては余計に苦くなってしまったり、効果が出にくくなってしまうものもあります。

自分が飲んでいるお薬が何に混ぜられるのか、何と混ぜたら飲みやすくなるのか気になったときは、是非近くの薬局の薬剤師さんに聞いてみてください。

 

また、お薬を食べ物に混ぜるときには気を付けてほしいポイントがいくつかあります。

一つ目はお薬を主食には混ぜないことです。

赤ちゃんのミルクに混ぜて飲ませてしまうと、ミルク嫌いの原因となってしまいます

二つ目は作り置きをしないことです。

混ぜて時間がたつと成分が変化してしまうお薬もあります

食べ物に混ぜるときは一回分ずつ作るようにしましょう。

お薬をしっかり飲んで、早く病気を治しましょう。

そのためにも、お薬を飲みやすくするひと工夫、試してみてはいかがでしょうか 😛

カフェインのおはなし

2018年 5月 1日 火曜日

コーヒーって美味しいし、香りもいいですよね。

私はコーヒーが大好きで、毎日1杯は必ず!という感じです。

おそらく「わたしのほうがもっとたくさん飲んでるよ!」という方もいらっしゃるでしょう。

 

コーヒーといえばカフェイン!

ということで今回はカフェインのおはなしです。

 

カフェインはコーヒー以外の飲料、食品、医薬品などにも含まれます。

カフェインの作用で一般的によく知られるものは覚醒作用でしょう。

 

 

覚醒作用はカフェインが脳を興奮させることによりおこります。

よく私たちは眠気覚ましに、この覚醒作用を求めてコーヒーを摂取しますね。

 

ヒトの脳に血液中の物質が入っていくには、血液脳関門という関所を通過しなければなりません。

血液脳関門は、血液にのってやって来た様々な物質がなんでもかんでも脳に入っていけないようにしているところです。

 

カフェインはここを通過できる物質の条件を備えていて、脳に入っていき、私たちの脳を興奮させ覚醒させるのです。

 

さて、カフェインを摂りすぎるとどうなるか。

「眠れなくなってしまう!」これはよく知られていることですが、他にも頭痛、心拍数の増加、不安、嘔吐、下痢などを引き起こす可能性があります。

 参考までに、欧州の機関(EFSA;欧州食品安全機関)が定めているカフェインについての数値をご紹介します。

「成人が1日に安全に摂取できるカフェインの最大摂取量」400mg

これとは別に「成人は1回に3mg/kgまで、1日には5.mg/kg」という指標もあります。

体格差も関係するんですね。

 

ちなみにコーヒー1杯(100ml)あたりのカフェイン量はおよそ60mgとすると、大きいマグカップでコーヒーをぐびぐび飲んでると、案外すぐに到達してしまいそうですね。


先に挙げた基準は一例で、世界には他の機関の基準もあります。しかし、それぞれにそれほど大きな開きはないかと思います。

 

私の友人にはひと口でもコーヒー・紅茶等を飲むと、夜に全く眠れなくなってしまうという体質の人もいます。一概にどれくらいまでが絶対安全で、どれ以上が絶対危険だとは言えませんが、なんでもほどほどに、ですよね!

 

普段簡単に摂取できてしまうカフェイン。

コーヒーの他にも、紅茶やエナジードリンクにも入っているのはよく知られているかと思いますが、医薬品にもカフェインが含まれているものはあります。知らないうちに摂りすぎにならないように注意しましょう。

 

美味しいものとは、その美味さを最大限に楽しめるように上手にお付き合いしていきたいものですね。

 

くすりとサプリメントの飲み合わせのおはなし

2018年 4月 15日 日曜日

体調に不良があると、それを治すために一般的には多くの方が「くすり」を服用します。体調不良を自覚していない状態でも、健康診断などで指摘を受けるなどのきっかけで、くすりの服用を始める方もいらっしゃると思います。

しかし、これからは日々の蓄積で起こる「生活習慣病」をご自身で防いでいき、健康寿命を延ばしていく時代です。そんなときに役に立つのがサプリメントです。

 

 

サプリメントと簡単に言っても、成分や価格、製造販売メーカーなどたくさんの種類があり、自分には何のサプリメントが合っているんだろうと迷われる方もいらっしゃると思います。本日はサプリメントを始めるときに、少しでも参考になる情報をお伝えできればと思います。

 

 

 

今回は、生活習慣病予防の観点から、肥満予防に特化した情報をお伝えします。

肥満が気になる方・予防したい方におすすめの成分が「キトサン」「ブラックジンジャー」の2つの成分です。

キトサンは、カニ・エビなどの甲殻類由来の動物性食物繊維で、ダイエット目的のサプリメントによく配合されている成分です。「コレステロールが高めの方に適した食品」として特定保健用食品(トクホ)で認められており、食事で摂りすぎた脂質や塩分の吸収を抑え、血中中性脂肪値の上昇を抑えてくれます。甲殻類のアレルギーのある方は注意が必要ですので、医師や薬剤師等に相談するようにしてください。

一方のブラックジンジャーですが、こちらは脂肪燃焼効果があると言われています。特徴的なのが、代謝そのものを高めてくれることです。ただ運動するよりも、ブラックジンジャーの入ったサプリを摂ってから運動することで、脂肪の燃焼効果がより高まります。

 

こういった成分のサプリメントを摂ることで、健康な状態を長く維持できると良いですね。ご自身の体質と合うかどうか不安な方は、各メーカーのサプリメント相談室に相談してみてくださいね。

漢方的「血(けつ)」を増やすおはなし

2018年 4月 1日 日曜日

貧血じゃないのに、めまいがする、ふらふらする、たちくらみ、動悸、息切れがするなどありませんか?

実は、漢方では「血(けつ)」が足りない=血虚という考え方があります。

この血とは、漢方の考え方で気血水論からきているものです。

 

 

 

 

 

まず、気血水論とは、漢方では体を構成する成分をこの3つに分けて考えます。

「気」は、元気の気、エネルギー、精神力、精力のことをひっくるめていいます。気が不足すると、元気が出なかったり、疲れやすくなります。

「血」は、血液だけでなく、体に必要な栄養分や潤いを臓器や皮膚などに与え、血流をよくするもののことです。

血が不足すると、肌が乾燥したり、冷え、抜け毛、白髪、めまい、動悸、不眠、息切れ、落ち込みやすい、婦人科の不調などを起こします。

「水」は、「血」以外の体を潤す体液全般のことを言います。

水毒といって、水の汚れがたまると、むくみ、たんや鼻水が出やすい、低気圧の頭痛などを起こします。

 

西洋医学の貧血と、漢方の血虚は、いずれも血液を関しますが、前者は血液の成分のこと、特に血液中の鉄分の割合の低下のことを言い、後者は成分ではなく、体の血液量全体のことを言います。

そのため、貧血じゃない(=鉄不足じゃない)状態でも、血液の全体量が足りないと、上記のようなたちくらみ、めまいなどが起こります。

 

 

「血」は、目を酷使すると消耗すると漢方では考えています。特にパソコンやスマホが普及した昨今、現代人は「血(けつ)」が不足しがちな状況です。

そのため、いかに消耗を抑え、いかに補給していくかが大事になります。

漢方は、薬に頼るだけでなく、日々の生活、食事などで対応することもできます。

血を増やしていく食材としては、クコの実、ナツメといった漢方素材から、黒豆、黒ゴマ、海藻類、ドライフルーツ、赤身の肉や魚がいいです。

これらを日々取り入れることで、血を増やしていくことができると漢方では考えます。

ドーピングのおはなし

2018年 3月 15日 木曜日

平昌オリンピックも終わり、2020年の東京オリンピックも近づいてきましたね。

スポーツと薬ということで、今回はドーピングの話をしたいと思います。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

ドーピングとは簡単に言うと、スポーツで好成績を出すために薬を服用することです。

もちろんドーピングになるとわかっていながら薬を服用するのはいけませんが、偶然服用した風邪薬などで起こる“うっかりドーピング”も多いのが現状です。

 

なおドーピング検査は大きな大会でのみ実施されます。

(例)海外の国際大会、国内だと国体が該当

 

それでは具体的な禁止薬をいくつか紹介します。

もちろん、これらは一例であるため、詳細はドーピング機構などにご確認ください。

 

1)蛋白同化男性化ステロイド薬(AAS)

ダナゾール、メチルテストステロン、メテノロン、ナンドロロンなど

これらは筋肉増加作用があるため禁止されています。

 

2)ベータ2作動薬

クレンブテロール、ツロブテロール、プロカテロールなど

これらは交感神経興奮作用や一部蛋白同化作用を含むため禁止されています。

ただし、サルメテロール、サルベタモール、ホルモテロールの吸入薬は範囲内の使用であれば禁止にはなりません。

ベータ2作動薬は喘息の患者様によく使う薬ですし、風邪で使われることも多いです。

試合前に風邪を引いてうっかりベータ2作動薬を使用してしまうことがあります。

 

3)利尿薬

利尿薬は水分を排泄することで体重を減量できることと、尿量を増加させて薬物の尿中濃度を下げて禁止物質を検出されにくくするため禁止されています。

最近では降圧剤と利尿薬の合剤が多数販売されているので注意が必要です。

 

4)ベータ遮断薬

ベータ遮断薬は心拍数、心拍出量低下などで不整脈や狭心症に使われます。

これらは運動やストレス状態のときに強い影響を与えることと、本態性振戦や全身性の不安障害の治療薬にも使われます。以上のことから1点集中が必要な競技や恐怖心が生じる競技で禁止されています。

(例)アーチェリー、射撃、スキージャンプ、ゴルフなど

 

また市販薬でもメチルエフェドリンや麻黄が入っている薬は禁止です。

メチルエフェドリンに関しては市販されている鎮咳薬の約70%に含有されているといわれています。

 

このように身近にドーピングに関わる薬はたくさんあります。

スポーツ選手はうっかりドーピングには注意して活躍してほしいと思います。