検索

Site search

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

心筋梗塞のおはなし

2017年 10月 15日 日曜日

10月に入り寒さがこたえる季節になってきました。これから冬本番に入っていくにあたり気をつけていただきたい病気として、心筋梗塞についてお話しさせていただきます。

心筋梗塞とは、心臓に栄養と酸素を補給している冠動脈が急に詰まり、血流がその先に流れずに心臓の一部の筋肉が死んでしまう病気で、急死することもあります。症状としては30分以上続く胸痛です。狭心症の場合、胸痛は5~15分くらいで、この持続時間が心筋梗塞か狭心症かを見分ける重要な目安になります。

心臓の筋肉には再生能力がないため、心筋梗塞の第一の治療は、詰まった冠動脈を再び開通させて心筋の壊死を最小限にとどめます。再開通は早ければ早いほどよく、治療のゴールデンタイムは6時間といわれています。それを過ぎても12時間以内であれば、再開通することで効果があります。最新の治療方法としては、血栓溶解薬+風船療法+ステントがあります。

 

詰まった血栓をアルテプラーゼなどの血栓溶解薬で溶かし、血管内にカテーテルを入れてバルーンでふくらませる方法です。また血管の再閉塞を防ぐためにアスピリンなどの抗血小板薬を約1ヶ月間服用します。こうした治療により、再閉塞率は下がり、治療成績は上がっています。

しかし、なによりも予防が大切です。気温の低い冬では、体温を維持しようと血管が収縮するため血圧が上がり、心筋梗塞の発生率が上がると言われています。

気温差をなるべくなくすこと、血圧が上がるのを防ぐこと、血行を良くすることにしっかり気をつけて、心筋梗塞のリスクを減らしましょう。また、高齢、喫煙、糖尿病、肥満などはリスクとなりますので、普段の生活習慣に気を付けることも大切です。

ビタミンEのおはなし

2017年 10月 1日 日曜日

本日はビタミンEについてのおはなしをしたいと思います。

ビタミンEは、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンKと合わせて、脂溶性ビタミンに分類されます。脂溶性ビタミンとは、あぶらに溶けるビタミン、という意味です。ちなみに、ビタミンBやビタミンCは水に溶ける水溶性ビタミンに分類されています。

ビタミンEには強い抗酸化作用があり、細胞膜や血中脂質が活性酸素により酸化されるのを防ぐ働きがあります。細胞の酸化とは、ざっくり言い換えると、細胞の老化です。

 

ビタミンEの薬理作用は様々ありますが、代表的なものには以下のものがあります。

 

・コレステロール値の改善:ビタミンEにはLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値を減少させ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)値を増加させる働きがあります。

・血流の改善:ビタミンEには毛細血管の血行をよくする働きがあります。肩こりや冷えなどにも効果が期待できます。

・肌への効果:活性酸素の除去と毛細血管の血行を促進することにより、肌荒れを予防してくれたり傷ついた肌を回復させるにも有効です。

 

ビタミンEを多く含む食品には以下のようなものがあります。

フライアーモンド(29.4mg)、アボカド(3.3mg)、マーガリン(15.1mg

(いずれも100gあたりの含有量です)

 

ビタミンE1日目標摂取量は7mg9mgですが、健康効果を目的とするなら、1100mg300mg程度が必要と言われています。食品からの摂取にあわせて、サプリメントなどでの補助摂取がいいかもしれません。ちなみに1日上限量は、女性で700mg、男性では800mg程度であり、極端な過剰摂取はよくありません。

また、ビタミンEはビタミンCとあわせて摂取するのもいいと言われています。ビタミンEの抗酸化作用を、ビタミンCの還元作用がサポートしてくれるのです。

 

女性にうれしい美肌効果から、体の内側の健康まで助けてくれるビタミンE

ビタミンEの摂取とともに、この機会に、いつもよりほんの少し、食生活のバランスや運動など、健康にも気を遣ってみるのはいかがでしょうか。

 

医療費のおはなし

2017年 9月 15日 金曜日

今年の8月、高額療養費制度の改正がありました。

このブログをご覧の皆さまも、ニュースなどで耳にされたことがあるのではないでしょうか。今回はこの話に因んで、日本の医療費の話をしようと思います。

日本の国民医療費は年々増え続け、2013年にはついに年間の医療費の総額が40兆円を突破しました。最新のデータでは、2014年の人口一人当たりの医療費は約32万円です。その中でも65歳以上の医療費は全体の58.6%を占め、1人あたりの医療費は年間約72万円にものぼります。またこの数字は70歳、75歳と年齢が上がるにつれ上昇しており、年齢が上がれば上がるほど医療費が高いことが分かります。65歳未満の医療費は一人当たり約18万円ですので、現在、高齢者の医療費を抑えることが一つの課題になっています。

 

そこで出てきたのが、今回の改正です。

高額療養費制度についてはご存知でしょうか。「ひと月にかかった医療費がある一定の額を超えた場合、その超えた金額を支給する制度」です。

普段病院に行くことがない方からすると縁遠い話かもしれませんが、急な手術や入院などでひと月の医療費が高額になってしまった際には、有難い制度です。

 

例えば、年収400万円、30歳のAさんがいるとします。Aさんが医療費全体(入院時の食費、差額ベッド代別)として100万円/月の治療を受けると、窓口で支払う金額は通常は3割の30万円ですが、高額療養費制度を利用すると87,430円に抑えられます。

 

以下に、制度のポイントをまとめました。

  1. 支給額の計算は70歳以上かどうかや、所得水準により異なる。
  2. 直近の12カ月間に、すでに3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、その月の負担上限額がさらに引き下がることがある。
  3. 加入している公的医療保険(健康保険組合など)に、高額療養費の支給申請書を提出または郵送することで支給が受けられる。
  4. 基本的に差額は後払い。高額療養費を申請すると、窓口負担と限度額の差額が加入している公的医療保険から支給されるが、受診した月から少なくとも3カ月程度かかる。
  5. しかし事前に「限度額適用認定証」の交付を受けていると、窓口での支払いが限度額までに抑えられる。(認定証は医療機関ごとに必要)
  6. 2年前までなら遡って申請できる。

 

今年の8月の改正では、70歳以上の方の支給額の計算方法が改正され、ある程度の収入がある方の自己負担額が引き上げられました。また来年8月には、70歳以上の年収区分を細分化し、さらに自己負担額を引き上げる予定となっています。

 

高齢化社会により、今後ますます国民医療費が上がると予想されます。それに伴い、今後も少しずつ国民の自己負担額を増やす流れとなりそうです。

財源には限りがあるので、自己負担額が増えるのはある程度仕方のないこととも言えますが、まずはなるべく医療費を使わない様、国民一人一人が健康への意識を高め、健康寿命を延ばしていくことが医療費抑制の一番の薬かもしれません。

 

参考

財務省HP https://www.mof.go.jp/budget/

厚生労働省国民医療費HP http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/37-21.html

厚生労働省高額療養費制度HP http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html

 

残薬のおはなし

2017年 9月 1日 金曜日

“残薬”というのは医師から処方された薬を飲み残したり飲み忘れたりして余った薬のことです。

実はこの残薬、治療が狙い通りに進まないリスクだけでなく、医療費のムダにもつながるため、医療財政にも影響し、社会的にも問題になっています。

しかしながら、飲み忘れてしまったり、急な外出でお薬が手元になかったりと、様々な理由でどうしても残薬が発生してしまう事情があると思います。また、ポリファーマシーといった、多剤併用・多剤処方により、飲み方が複雑になり、決まり通りに服用するのが難しいといった状況も予想できます。

(ポリファーマシーは、臨床的に必要以上のお薬が投与されている、あるいは不必要なお薬が処方されている状態で、併用するお薬が何剤以上でポリファーマシーであるという明確な定義はありません)

 

では、たまってしまったお薬はどうしたらよいでしょうか?

そんなときは、かかりつけの薬剤師さんに相談してみるのもひとつの手段です!

医師と連携し、処方日数の調整を行ってくれることもあるかと思います。

また、病院で診察してもらう際に、医師に残薬があることを伝え、その段階で先生に処方日数について相談していただくことでも調整可能です。また、お薬手帳を活用することで、医師や薬剤師に薬の情報を正確に伝えることができます。

お薬は無料でもらえるものではありません。保険診療であっても、自己負担額のほかに、国や地方の「税金」や国民保険組合・健康保険組合等の「保険料」でまかなわれています。医療費が年々増え続けていけば、少子高齢化が進む日本で、国民健康保険制度を維持していくことは困難になっていくと予想されます。

医療従事者・患者様おひとりおひとりが意識してくことで、この残薬の状況が改善していくことを望みます。

なお、医療現場でもポリファーマシー対策へのさまざまな取り組みや議論・検討がなされていることと思いますので、患者様おひとりおひとりの生活の質が向上するよう、より一層実践されていくことを期待しています。

金属アレルギーのおはなし

2017年 8月 15日 火曜日

『アレルギー』と言ってもその種類は様々で、代表的なものとしては花粉症、食物アレルギー、薬物アレルギーなどがあります。

また、その他にもたくさんのアレルギーがありますが、今日は『金属アレルギー』についておはなしをしたいと思います。

 

『金属アレルギー』とは金属に対するアレルギー反応によって起こる「アレルギー性接触皮膚炎」です。

アクセサリーを付けていた部分にブツブツやかゆみが出たという経験はないでしょうか。

これが『金属アレルギー』と言われるものです。

アクセサリーや時計といった金属製品を身につけているうちに、汗で金属が少しずつ溶け出し、溶け出した金属が体内に入り込み、体内に入った金属が免疫反応によって『異物』と判別され、ブツブツやかゆみなどの症状が起こります。

金属アレルギーの症状は金属が直接皮膚に触れることで皮膚症状が起こる『金属接触アレルギー』だけではなく、直接皮膚に触れている部分から離れた場所または全身に症状が表れる『全身型金属アレルギー』もあり、どちらの症状がでるかは人によって異なります。

また、アレルギー発症までの期間も人によって異なり、原因となる金属を身に付けてから数日で発症する人もいれば、数年経ってから発症する人もいます。

 

症状が軽い場合、原因となったアクセサリーなどに触れないようにすれば数日で治まりますが、ブツブツやかゆみがある症状がひどい場合には早めに皮膚科を受診し適切な治療を受けましょう。

治療は症状に応じて、非ステロイド性抗炎症外用剤やステロイド外用剤などが用いられます。かゆみがひどいときには内服の抗ヒスタミン剤を併用したりもします。

 

金属アレルギーは金属製品を身に付ける人であれば誰にでも起こりうるアレルギーと言え、また、どの金属も原因になる可能性があるので、「この金属は絶対大丈夫!」ということはできません。

そこで、以下のような予防方法で日常から注意をしましょう。

・着用する金属製品はアレルギーの起きにくい金属(チタン、銀、プラチナ、金、亜鉛など)を選び、アレルギーの起きやすい金属(水銀、ニッケル、コバルト、スズ、パラジウムなど)が含まれているものは避ける。

・汗を多くかく時(春夏などの時期やスポーツをするとき)は、金属製品をはずしできるだけ金属に触れないようにする。

 

ちなみに、歯の治療で使用した詰め物が原因で金属アレルギーが発症するということもあります。これまでに歯の治療を行い詰め物をしているという方は、歯科金属が溶け出さないようにするために、口内を清潔に保ち予防を心がけましょう。

ゆっくり効く薬のおはなし

2017年 8月 1日 火曜日

徐放錠(徐放性製剤)という言葉を皆さんはご存知ですか?

今回は小さな錠剤の中に、ビックリするような工夫をしている薬の話です。

 

その前に、まずは口から飲み込んだ薬(今回は錠剤とします)が身体の中でどうやって効き目を発揮するかについて説明したいと思います。

一般的な錠剤は主薬(有効成分)と添加物を混ぜた後、粉末状の材料に圧力をかけて形成し、皆さんよくご存知の錠剤として生まれ変わります。

口から飲み込まれた錠剤は、例外もありますが胃で崩壊(水分が錠剤に浸透することで形が崩れます)し、溶け出した有効成分が小腸から吸収されて肝臓まで到達します。

そこから体内の血流にのって、身体の各組織(患部)に辿り着いたのちに期待された効果を発揮します。

それに対して徐放錠は、溶け出す有効成分の量をコントロールすることで血流にのっている薬の量(血中濃度)をより長く一定に保つことができます。

これは何でもないことのように思えますが―――

・治療に必要な血中濃度を維持できる時間が長い

→薬の服用回数を減らせる

・血中濃度を一定に保ちやすい

→濃度が上がりすぎることによる副作用のリスク、飲み忘れなどで濃度が下がりすぎた場合の効果低下のリスクの軽減

といったメリットが期待できます。

 

ちなみにこの徐放錠、内部の構造は錠剤の種類によって様々です。

・ゆっくり溶け出す錠剤を早く溶ける錠剤で覆う(ロンタブ型)

・それぞれ溶けるスピードが異なる有効成分の顆粒を、複数一緒に固めて錠剤にする(スパスタブ型)

・特殊な材料の中に有効成分を散りばめ、ゆっくり溶け出すようにする(ワックスマトリックス型)

…などなど

上で紹介した以外の内部構造を持つ徐放錠もたくさん開発され、医療現場で使用されています。

 

徐放錠の素材によっては体内で消化されず、便と一緒に排泄されてしまうタイプもあります。

これはゴーストタブレットと呼ばれる徐放錠の抜け殻のようなものです。

決して副作用やご自身の身体の異常ではないですし、激しい下痢などがなければ有効成分もきちんと体内に吸収されているので安心してください。

逆に「薬がそのまま体の外に出てきている!」と不安になって徐放錠を噛み砕いたり、潰して服用したりすると一気に有効成分が身体に吸収されてしまい大変危険です。

 

ご自身の服用されている薬が徐放錠なのか、そうでないのか気になったら、かかりつけの医師か薬剤師に質問してみましょう。

指先ほどの大きさの錠剤にも、服用する人のことを考えた工夫がつめこまれているのですね!

 

参考

日本臨床薬理学会 薬の質問箱:https://www.jscpt.jp/ippan/kusuri/index.html

日本薬剤師会 調剤指針

日焼けのおはなし

2017年 7月 15日 土曜日

7月に入り、暑い日が続いていますが、日焼けが気になる季節だと思います。

そこで、今日は「日焼け」についてのおはなしをしたいと思います。

紫外線は、1年のうちでは6月から8月、1日のうちでは正午頃にもっとも強くなります。強い紫外線に長時間さらされると、皮膚が赤くなってヒリヒリ痛むことがあります。いわゆる日焼けという状態ですが、これは日光皮膚炎(紫外線皮膚炎)という炎症です。

主な症状としては、紫外線にあたった部分が赤くなり、ヒリヒリします。

ひどいときには皮膚のむくみや水ぶくれが現れることもあります。

症状には個人差がありますが、このような炎症症状は、強い紫外線に当たってから6~24時間後にもっとも強くなります。

 

日光皮膚炎になった場合には、まずは冷やすことが大切です。

熱っぽくヒリヒリしている部分に、冷たい濡れタオルを当てるなどしましょう。

ビニール袋に氷と水を入れ、タオルでくるんだものを使うのも良いです。この場合は必ずタオルでくるみ、皮膚に氷を直接当てないように注意が必要となります。

長時間強い紫外線に当たった場合は、皮膚の症状だけでなく、熱射病を起こしたり、発熱したり、脱水になってしまうこともあります。皮膚の炎症による全身の脱水を防ぐためにも、こまめな水分摂取も大切です。

皮膚炎がひどい場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

治療薬としては、炎症の程度に応じて、非ステロイド性抗炎症外用剤やステロイド外用剤などが用いられます。

 

炎症が治まった後にも、化粧水で皮膚に十分な水分補給をし、乳液やクリームなどで肌の保湿をすることも大切です。

また、帽子や服装の工夫で肌に直接日光をあてないようにしたり、日傘や日焼け止めも適切につかい、あらかじめ予防をすることもこころがけましょう。

スイカのおはなし

2017年 7月 1日 土曜日

スイカのおいしい季節になりましたね。

暑いとき、夏バテで食欲が落ちているときなどスイカが食べたくなりますよね。

スイカの原産地は南アフリカです。生産量第1位は中国ですが、国産品も多くあります。

江戸時代には庶民に広まっており、昔からさまざまな品種改良が行われてきました。

現在、世界では150種類以上の品種があると言われています。

日本でも、でんすけすいか、大栄すいか、尾花沢すいかなどさまざまな品種があります。

スイカは水分が多い果物ですが、栄養素も豊富に含んでいます。

赤肉のスイカの果肉部でいいますと、100gあたりのカロリーは37kcal、90%以上は水分ですが、ビタミンA(カロテン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、リン、鉄、カリウムなど多くのビタミン類を含んでいます。

また、スイカには「シトルリン」というアミノ酸が含まれています。

シトルリンは、1930年にスイカから発見された、天然に広く存在する遊離アミノ酸のひとつで、私たちの体内にも存在しています。シトルリンには「血流をよくする」「運動能力を高める」「疲労回復によい」「抗酸化作用がある」などといわれています。

 

古くから庶民の手の届くところにあり、低カロリーで栄養豊富なスイカは、健康食品として多くの人に食べられていました。

 

このように栄養豊富なスイカですが、90%以上が水分なので、毎日たくさん食べることはできませんよね。

そこで、スイカの豊富な栄養を手軽に取る方法として、古くから「スイカ糖」が用いられていたようです。

スイカ糖の作り方は簡単で、スイカの果肉や皮をつぶしたり、ミキサーにかけて布でこします。こした果汁を、灰汁を取りながら煮詰めるだけです。そのままスプーンで1-2杯なめるのもよし、砂糖の代わりの甘味料としても活用できます。

手軽にスイカの栄養素をとれるので、この夏、是非作ってみてはいかがでしょうか。

今年の夏も暑くなりそうですが、旬のスイカをおいしく食べて乗り切りましょう。

6月から熱中症にご注意を!

2017年 6月 15日 木曜日

皆さんもよく耳にした事のある熱中症、「まだ気をつけるのは早いかな」などと考えてはいませんか?

 

実は・・・

暑さに体がまだ慣れていない時期には、8月などの真夏よりも低い温度で熱中症になってしまうのです!熱中症の発生ピークは、梅雨明け直後、または、梅雨明け前の連続した晴天時で、梅雨明け前後の暑さに最も注意が必要です。

 

熱中症の予防についてご紹介する前に、まずは熱中症についてお話しします。

熱中症とは・・・

高温多湿な環境にて、体温の上昇と体温の調整機能のバランスが崩れて、どんどん身体に熱が溜まってしまい、そのために起こる様々な症状の総称です。

具体的には、

めまいや顔のほてり

筋肉痛や筋肉のけいれん

体のだるさや吐き気

汗のかき方がおかしい(ふいてもふいても汗が出る、まったく汗をかいていないなど)

体温が高い、皮膚の異常(皮膚が赤く乾いているなど)

呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

水分補給ができない

などです。

最後の2つの症状は特に重症の可能性があります。無理に対応せず、すぐに医療機関を受診しましょう。

 

最悪死に至る危険性もある「熱中症」ですが、いつでもどこでもだれでも、条件次第でかかる可能性があります。しかし、正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。

 

熱中症対策で特に大切なのは・・・

大量の汗で失われた「水分をこまめに補う」ことと「塩分をほどよく補う」ことです。

なかでも、脱水状態においては、水分と塩分をバランスよくとることができる経口補水液がおすすめです!

ドラッグストアや調剤薬局などで目にしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

経口補水液は、ただ水を飲むより、塩分も補えるため脱水時には適しています。また、スポーツドリンクと比べても、電解質(塩分など)の濃度が高く、体にすばやく吸収できるようバランスが調整されています。

 

ただし、注意が必要な方も・・・

経口補水液は他の飲料と比べて、電解質の濃度が高くなっています。主にナトリウムとカリウムを多く含んでいます。そのため、ナトリウム、カリウムの摂取制限のある「高血圧」「糖尿病」「腎臓病」などの疾患をお持ちの方は注意が必要です。

 

またこのような疾患をお持ちでない方も気をつけないといけないことが・・・

脱水状態や、下痢などがない健康な場合に経口補水液をたくさん飲むと、逆に電解質をとりすぎてしまうことになります。体内の電解質のバランスが崩れ、逆に様々な不調を引き起こすこともあるのです。

小さなお子様も飲みすぎには注意です。電解質をとりすぎないよう、大人より少ない量にとどめる必要があります。経口補水液のパッケージなどに量の記載があるので確認するようにしましょう。

 

まとめると・・・

経口補水液は脱水状態になりやすくなっているときや、脱水状態になってしまったときに適していますが、ナトリウムやカリウムを多く含むため、注意が必要です。

スポーツドリンクは電解質を少し含んでいますが、糖分を多く含むので疲労回復にも効果的なため、激しい運動のときや、脱水状態ではない水分補給に適しています。

もちろん糖分のとりすぎもよくないので、ミネラルウォーターも含めうまく使い分けて、熱中症の予防を梅雨入り前から始めましょう!

 

 

参考文献)

熱中症による救急搬送状況 総務省消防庁(~H28)

熱中症診療ガイドライン 2015

熱中症ゼロへ 日本気象協会

経口補水液についてよくある質問 大塚製薬

セルフメディケーション税制について

2017年 6月 1日 木曜日

みなさんは『セルフメディケーション税制』という言葉を聞いたことがありますか。

『セルフメディケーション税制』は、2017年1月1日から始まった、新しい医療費控除制度です。

 

従来の医療費控除制度は、1年間に自己負担した医療費が、自分と扶養家族の分を合わせて「合計10万円」を超えた場合に、所得税が一部還付されたり、翌年の住民税が減額されたりする制度です。セルフメディケーション税制では、治療のためにドラッグストアなどで購入したOTC医薬品(一般用医薬品)の代金もこの医療費控除制度の対象となります。従来の医療費控除制度は、1年間に合計10万円の医療費がかからなければ医療費控除に該当しなかったところ、今回の『セルフメディケーション税制』では、特定の成分を含んだOTC医薬品の年間購入額が「合計1万2,000」を超えた場合に適用されます。

ただし、セルフメディケーション税制を利用するには、対象となる医薬品、対象となる人に条件があります。

《対象となる医薬品》

対象医薬品は約1,500品目あります。対象製品は厚生労働省のHPでご覧いただける他、製造メーカーの自主的な取り組みにより、パッケージに識別マークの印刷やシールが貼られています。医師の処方せんが必要な医療用医薬品から、OTC医薬品に転用された、いわゆるスイッチOTC医薬品と呼ばれるものが対象となっています。

《対象となる人》

所得税や住民税を納めている人で、適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、①特定健康診査(いわゆるメタボ健診)、②予防接種、③定期健康診断(事業主健診)、④健康診査、⑤がん検診のいずれかを受けている人です。

 

この制度を利用するためには、通常の確定申告に必要な書類の他、対象となるOTC医薬品を購入した際のレシート、定期健康診断を受けたことを証明する書類(領収書、結果通知書など)の提出が必要となります。レシートには、この制度の対象製品に★などの印と「セルフメディケーション税制対象」と記載があるので、レシートや領収書はこまめに保管するくせをつけると良いでしょう。

参)セルフメディケーション税制普及・啓発用チラシ(OTC医薬品協会HPより)、セルフメディケーション税制Q&A(厚生労働省)