味覚のおはなし

2017年 5月 15日 月曜日

近年、味蕾地図が否定されているのはご存知でしょうか。

味蕾地図というのは、舌先では甘味、舌の根では苦味、横では酸味や塩味を感じる、と言われているものです。

ヒトが味覚を感じることには、味を楽しむこと以外に意味があります。

だからこそ、舌の場所によって味の感じ方が大きく違ってはいけないのです。

味覚には、基本五味と呼ばれる5つの味があります。甘味、うま味、塩味、苦味、酸味の5つです。

この基本五味は、ヒトが好みやすい味と不快に思いやすい味に分けられ、前者は、甘味、うま味、塩味の3つ、後者は苦味、酸味の2つです。

なぜ、好みやすいかというと、ヒトが生理的に必要とする成分を示す味だからです。

甘味はエネルギー源となる糖質、うま味はグルタミン酸のようにタンパク源となるアミノ酸、塩味はナトリウムなどのミネラルをそれぞれ示します。

逆に、ヒトが不快に思いやすい味は体内に取り込むのを避けたい成分を示す味になります。

一般的に苦味は毒物の味、酸味は腐敗したものの味であると言われています。

 

このように、ヒトが体内に取り込むべきものか、取り込んではいけないものかを判断するためにも、味覚は重要な手段の一つなのです。

 

基本五味以外にも味はあります。例えば、唐辛子の辛味、もう一つのエネルギー源である脂質味、メントールの涼味なども存在すると言われています。これらの味がなぜ基本味に含まれないのかというと、基本五味の情報を脳に伝える際に使われる味神経が使われないからです。例えば、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンは、温感を脳に伝える神経を介して脳に情報伝達されます。辛い料理を食べると体が温まるのは、温感と同じように脳に伝わるためだと言われています。

 

ここまで述べたように、味覚というのは楽しむためのものだけてはなく、身体に必要なものかどうか認識するための手段でもあります。近年は糖尿病や高血圧などの生活習慣病も問題になっているので、味覚を通して、好きな味のものだけに偏らないようにすることや、食べ過ぎないことを意識してみてはいかがでしょうか。

天然物からの医薬品開発のおはなし

2017年 5月 1日 月曜日

突然ですが「アスピリン」という医薬品をご存知でしょうか。これは解熱鎮痛剤として風邪薬に用いられるくすりで、皆さんも1度はお世話になったことがあるかと思います。実はこのくすり、日本人にも身近でなじみのあるヤナギから採れたサリチル酸をもとに創られたものです。

薬と聞くと合成したものというイメージが強いかもしれませんが、自然に存在する天然物を起源としたものも多いのです。今日は天然物と医薬品開発についてのお話しを致します。

植物は、動物とは異なり動くことができないため、与えられた環境で生き延びるしかありません。そこで植物はあらゆる化学反応を駆使し、多岐にわたる化合物を生み出すことで生命活動を維持しようとします。そのために植物から得られた天然物には生理活性に富んだものが多く、医薬品として多く利用されてきました。

例えば、植物からつくられた有名な抗がん剤として、

・ニチニチソウから抽出された【ビンブラスチン】

・タイヘイヨウイチイから抽出された【パクリタキセル】

・喜樹(キジュ)に含まれるカンプトテシンの構造を基に創られた【イリノテカン】などがあります。

他にも、近年ではクソニンジンから見つけられた抗マラリア薬の【アルテミシニン】は、2015年のノーベル生理学・医学賞で注目されました。

このように現在の医療に欠かせない多くの医薬品が天然物をルーツとして創られています。実際、市場に出された医薬品のうち5割以上が自然に存在している天然物をもとに開発されたものだそうです*1

その一方で、天然物からくすりを創りだすには課題も様々あり、効率性という点では合成物の方が優れているイメージがあります。しかしながら、自然には、未知なる医薬品の資源として未だ手付かずの天然物が残っています。そして多くの天然物は、合成技術だけでは創造できないような多彩で複雑な構造を持つため、大いなる可能性を秘めています。今後も天然物は人々の健康に貢献できる創薬資源として期待できます。

 

私たちは過去もこれからも、自然から多大なる恵みを受けつづけていくことに違いありません。

 

参考資料

1) D. J. Newman & G. M. Cragg: J. Nat. Prod., 75, 311

(2012).

2)創薬科学入門─薬はどのようにつくられる?

3)化学と生物 Vol. 54, No. 1, 2016

水分のおはなし

2017年 4月 15日 土曜日

人間の体を構成している成分のうち、最も多いのが水分です。

その割合は成人で約60%を占めており、血液やリンパ液をはじめ、細胞の内外や皮膚などあらゆる部位に分布しています。

 

体内での水分の役割は多岐にわたりますが、いずれも生命維持に欠かせない重要な働きをしています。

代表的な働きとして、

 

  • 体温を保つ

運動を行うとエネルギーを多く使用するため、多くの熱が生まれます。水は蒸発するときに熱を奪いますので(気化熱)、汗をかくことにより熱が奪われ、体温を調節しています。

 

  • 栄養や老廃物を運ぶ

栄養素や老廃物を運ぶ血液の主成分は水であり、体内で行われる栄養素の消化・吸収はいずれも水に溶けた状態で行われます。十分な水分がないことには栄養素の運搬、消化、吸収にも影響がでてきてしまいます。

 

  • 発汗や排尿により体内の水分量を一定に保つ

水分を多くとると尿の量は増えます。逆にあまり水分をとらなかったり、汗をよくかくと尿の量は少なくなり、体内の水分量は一定に保たれます。

 

体内の水分が20%以上失われてしまう、生命にかかわることがあります。1%程度の水分が失われると、のどの渇きを感じ、水分を補うように働きます。

水分不足は熱中症の原因にもなります。発汗が続くと体液も失われ、水分不足になり、体内の電解質が失われます。さらに体液が失われると、いよいよ発汗作用も止まってしまい、体温を下げることができなくなり、身体に異常がおこります。

 

水分不足を防ぐためには、のどの渇きを感じる前に、こまめに水分補給することが大切です。運動や入浴後前後、朝起きた時や寝る前など、こまめに水分を補給するようにしましょう。暑い時期には発汗量が増え、脱水症状をおこしやすいので、いつも以上に意識して水分をとるようにしましょう。

また、ただ単に水分だけをとるのではなく、塩分補給も大切です。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、よく相談の上、その指示に従ってください。

『梅干し』の疲労回復のおはなし

2017年 4月 1日 土曜日

冬から春に掛けては梅の季節ですね。

その梅の実を塩漬けにして、日干しをしたものが梅干しになります。

 

日本では昔から梅干しは、健康食品として親しまれています。

梅干しは家庭でも簡単に作ることが出来、おにぎりやお弁当、料理など色々なものに取り入れられています。

手軽に取り入れることが出来るのも、親しまれている理由かもしれません。

梅干しで有名な効果の一つは『疲労回復』でしょうか。

その疲労回復に一役買っているのが、梅干しに含まれているクエン酸という成分です。

 

ダメージを受けた細胞の修復をしてくれるATPは、『クエン酸回路(ATPサイクル)』と呼ばれる回路から作られています。このクエン酸回路を活発にしてくれる成分が、クエン酸と言われています。

 

クエン酸は梅干しだけでなく、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類にも含まれている事が知られています。

運動などで体力が消耗しているときは糖質を一緒にとると良いので、よく見かけるレモンのはちみつ漬けなどは理にかなった食べ物と言えます。

またクエン酸は酸味成分のため、酸味が苦手な場合には、はちみつと摂ると良いと紹介されていることもあるので、食べやすい方法の一つのようです。

 

疲労回復で有名な『ビタミンB群』とクエン酸を一緒に取るのも効果的と言えます。

先ほどのクエン酸回路にはビタミンB群も関わっているので、クエン酸と合わせて摂ることによって回路をスムーズに動かしてくれます。ビタミンB群が入っている食品は豚肉が有名ですが、動植物食品に広く入っていると言われているので、こちらも比較的摂りやすい成分ではないでしょうか。

これから気温が上がってくる時期です。

夏バテの時に梅干しを食べることで塩分補給も出来るので、水分と一緒に取ると疲労回復と合わせて理想的かもしれません。

また梅干しは『殺菌効果』でも知られており、おにぎりやお弁当に入れられている理由のひとつです。これからの時期には効果発揮が期待できそうですね。

緑茶のおはなし~カテキン~

2017年 3月 15日 水曜日

カテキンはポリフェールの一種で、渋み成分であるタンニンの主成分です。

カテキンにはわたしたちの健康に役立つ実に様々な効果があることが知られています。本日はカテキンの効果をご紹介します。

■カテキンの効果

①血中コレステロール低下作用

カテキンにはコレステロールの吸収を抑える効果があり、食事と一緒に緑茶を飲むと効果的です。

②体脂肪低下作用

食事と共にカテキンを摂取すると、脂肪の吸収を穏やかにするのでダイエットにも効果的です。

③抗酸化作用

人間の体は活性酸素が増えすぎると、病気の原因になったり老化を促進したりします。カテキンには活性酸素を消去する抗酸化作用があります。また、お茶にはβ-カロテン・ビタミンE・ビタミンCなどの抗酸化ビタミンも多く含まれています。

④虫歯予防・抗菌作用

カテキンの抗菌作用は虫歯やインフルエンザなどの予防に効果的です。

(虫歯の予防)

カテキンは虫歯の原因であるミュータンス菌の増殖を抑え、プラーク形成も抑制するため虫歯予防にも効果的です。

(抗菌作用)

カテキンは病原性大腸菌O-157に対しても強い抗菌作用を持っています。また、赤痢菌・コレラ菌・ピロリ菌などの増殖抑制作用があることも明らかになっています。

(抗ウイルス作用)

ウイルスは表面にトゲを持ち、これが人体の細胞に取り付きます。カテキンはこのトゲをふさぐことでウイルスの侵入を阻止すると考えられています。このため、カテキンはインフルエンザや風邪の予防にも効果的です。

■カテキンを効率よく取るためには

カテキンを効率よくとるためには、紅茶や烏龍茶ではなく緑茶が効果的です。カテキンはお茶の製造過程で酸化されやすい物質です。しかし緑茶は製造過程で酸化酵素の働きが抑えられるため、ほとんど酸化しません。一方紅茶や烏龍茶は、酸化酵素の働きでカテキンが酸化し、無色からオレンジや赤になります。紅茶や烏龍茶が赤いのはこのためです。

砂糖依存症のはなし

2017年 3月 1日 水曜日

バレンタインデーやホワイトデーで、百貨店やスーパーには美味しそうなスイーツが並び、誘惑される毎日が続きますね。お腹がいっぱいなのに…、ダイエット中なのに…、ついつい手が伸びてしまい、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?私も、ちょっとだけなら…と手を付け始めたお菓子の袋が空に!!なんてことがよくあります。ちまたでは“チョコ中毒”という言葉も耳にすることがあるのではないでしょうか?そこで、今回は砂糖の依存性についてお話ししたいと思います。

砂糖の依存性については、2008年、米大学での研究論文によって臨床根拠が得られています。この研究によると、空腹時に多量の砂糖を摂取したラットの脳内では、コカイン、モルヒネ、ニコチン等の依存性薬物による変化と同様の神経化学的な変化が起こるとされています。砂糖による刺激は、依存形成に関わるオピオイド、快感や幸福感に関わるドーパミン、感情コントロールや落ち着きに関わるセロトニンを放出することが知られています。したがって、砂糖刺激への嗜癖が形成され、過剰摂取、依存症への悪循環に陥ってしまうのです。“チョコ中毒”というのも、このような理由から起こるのでしょう。

 

砂糖依存症を克服するためには、原因から離れることが一番の近道なのですが、上記のような依存性もあり、なかなか難しいことだと思います。また、極端に砂糖摂取量を少なくすることも、低血糖等、身体にとって非常に危険な状態になってしまいます。まずは間食を1つでも減らしたり、甘みの少ないものに変えたりすることが有効です。蜂蜜やメープルシロップで置き換えることも良いでしょう。ただし、それらも摂りすぎには注意しましょう。また、間食をしないように1日3食規則正しい食生活習慣を心がけることや、糖代謝を円滑にするため、ビタミンB群やミネラル類を不足しないよう摂取することも重要です。

黄砂アレルギーのおはなし

2017年 2月 15日 水曜日

黄砂が飛来するのは、毎年2~5月頃です。

中国西北の砂漠地帯で発生し、偏西風に乗って日本に飛来します。

 

黄砂の成分は主に二酸化ケイ素で、アレルギー症状を悪化させるといわれています。

さらには、排気ガスの成分である硫黄酸化物や窒素酸化物が付着していることもあります。

 

健康な人は、黄砂を吸い込んでも気道粘膜により排出する働きがあります。

しかし気道粘膜が傷ついていると、これらの働きが弱まってしまいます。

そのため、のどがイガイガする、痰がからむ、咳が出るなどの症状が出てきます。

その他のアレルギー症状は、目の充血、のどの腫れ、黄色の鼻水が出たりします。

このようにのどに違和感があるときは、うがいを心がけたり、気道粘膜を修復するカルボシステインなどの薬を服用するなど、早めの治療を心がけることが大切です。

症状によっては抗アレルギー薬や目薬などが必要とされる場合もありますので、症状に応じて医師の診察のもと適切な対応を行いましょう。

空腹時のお腹の音のはなし

2017年 2月 1日 水曜日

新年が明け、立て続けにイベントがあり暴飲暴食による体重増加や倦怠感に悩んでいる方は少なくないと思います。

私自身もクリスマス、お正月などのイベントで毎年必然的に食事量が増え、この時期はいつもよりも一層体調管理に注意しなければいけないと身の引き締まる思いで過ごしています。

そして毎年のように思うことが、「あんなに食べたのに毎日だいたい同じ時間にお腹が鳴るのはなぜだろう」ということです。そこで空腹時のお腹の音について紹介してみたいと思います。

 

 

消化管で分泌されるホルモンのひとつに「モチリン」があります。

モチリンは十二指腸で分泌され、消化管の運動調節や消化液の分泌に関与しています。

モチリンは、食べ物が腸に送られて胃が空になることによって分泌されることが知られています。この分泌により胃壁がリング状になって収縮し、その収縮が腸に伝わることによって腸が収縮します。この時の空気の移動が「グー」という空腹時のお腹の音の正体であり、これは「空腹期収縮」と呼ばれています。この収縮では、はがれおちた細胞や細菌、粘液なども運ばれることが知られています。この現象は「消化管の掃除」とも言われ、この掃除が正常に行われると次の食事の受け入れる準備が整います。

 

私自身疑問に思っていた事のひとつとして「お腹が鳴ったらすぐ食べていいのか」ということがあります。先ほども述べたとおり、「グーというお腹の音」=「掃除」です。音が鳴ってすぐ食事をしてしまうと、掃除が中断され、「空腹時収縮」が「食後期収縮」へとすぐに移行してしまいます。つまりお腹の掃除が行われている間は食事をせずにきれいに掃除されるのを待つことが大事であると言えます。食べすぎが原因で便秘になるという方がいますが、これもモチリンが影響していると言われています。モチリンが分泌されるまで食後約8時間程度かかると言われていますが、空腹時間が短いもしくは無いことにより、モチリンが正常に分泌されないと腸の収縮による掃除がしっかり行われなくなります。このことが排泄機能の低下につながり便秘の原因になってしまうのです。

その他にも適度な空腹によってモチリンが分泌されると、成長ホルモンの分泌が促進され身体全体の若返りが期待できるのではないかとも言われています。食事は生きていく上で必要不可欠です。私自身も健康に美味しく楽しむために再度胃腸の健康について考えていきたいと思います。

 

食べ過ぎてしまうこの時期だからこそみなさんも「お腹の音」に耳を傾けて、胃腸の健康について考えてみてはいかがでしょうか?

二日酔いのおはなし

2017年 1月 15日 日曜日

2016年も終わりましたが、年明けには新年会から始まり、送別会、歓迎会など・・・。冬から春にかけて多くなってくるのが、飲み会ではないでしょうか?

楽しい会と背中合わせにいる『二日酔い』について記載したいと思います。

futsukayoi

二日酔いには、頭痛、嘔吐や吐き気、のどの渇きなどのさまざまな自覚症状があります。アルコールの利尿作用により体内の水分が排出され、脱水症状状態になっているために、喉が渇くと言われています。

そんな脱水症状を起こしているときは、水分を補給することが第一です。さらに肝臓でのアルコール分解には糖分が必要であり、糖分をとることも有効です。ただの水やお湯よりは、スポーツドリンクの方が水分と糖分を同時に摂取できるので望ましいと考えられています。

2c125c2ecbac239538a72e6de995ae04

 

翌日の大事なお仕事に支障を出したくない方に、二日酔いのための市販薬をひとつご紹介します。

・お酒を飲んだ翌日に顔がパンパンになる方

・お酒を飲むとよく二日酔いになる方

・お酒を飲んでいるとき、トイレに行く回数が少ない方

このような「二日酔い・一時的にむくむ方」には『五苓散(ごれいさん)』という漢方薬をおすすめします。お酒を飲み過ぎた次の日に「お酒が抜けなくて辛い・顔がむくんでいる」という経験がある方は、ご自身の処理能力を超えてお酒という水分を摂取してしまったために起こっていると考えられます。

『五苓散』は体の働きを高め、余分な「水(すい:飲食物中の水分を消化吸収によって人の体に必要な形にして体を潤すもの)」を体の外へ出す処方になっています。余分な「水(すい)」は全身機能を妨げることもあり、頭痛や怠さなどを引き起こします。

 

★『五苓散』の配合生薬

・沢瀉(たくしゃ):水分代謝を調整して不要な水分を排泄する作用

・猪苓(ちょれい):水分代謝を調整して不要な水分を排泄する作用

・茯苓(ぶくりょう):水分代謝を調整して不要な水分を排泄する作用

・白朮(びゃくじゅつ):健胃作用・利尿作用・体を温める作用

・桂皮(けいひ):胃腸の機能を整える作用、血液循環を改善する作用

『五苓散』は利尿作用のある生薬が配合されており、組織中や消化器官の水分を尿として体外に排泄するのを助けて、二日酔いを改善していきます。さらに、体を温め血行を良くして、頭痛やめまいにも対応していきます。

 

『五苓散』に絞ってご紹介しましたが、他にも種類はあります。

医師や薬剤師と相談し、自分の症状にあったお薬を選ぶようにしてください。

 

参考資料

クラシエ漢方セラピー

http://www.kracie.co.jp/ph/k-therapy/prescription/goreisan.html

2017年 1月 1日 日曜日

tori_yoko06

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます

旧年中は格別のお引立を賜わり厚くお礼申し上げます。

本年もより一層サービス向上に尽力してまいりますので、昨年同様の引き立てを賜わりますようお願い申し上げます。
 

平成29年 元旦