虫さされに対するお薬のおはなし

2020年 8月 1日 土曜日

季節も夏に入り、昼夜問わずじんわりと汗をかく季節になってきました。

そんな時彼らはやってくる!今回は「虫さされに対するお薬のおはなし」をさせて頂きます。

 

虫さされといっても一概には言えず、中には勝手な処置で悪化したり、医療機関の受診が必要となったりすることもあります。今回は主に蚊などのセルフメディケーションで対応できる虫さされについてご紹介します。

 

虫さされ用として販売されている市販薬には主に以下のような成分が含まれています。

・ステロイド剤

かゆみ、はれ、赤みの元である炎症を抑える効果。

・抗ヒスタミン剤

かゆみの元であるヒスタミンを抑える効果。

・局所麻酔剤

かゆみの伝導を止めて、かゆみを抑える効果。

・その他

殺菌作用のある成分、清涼感のある成分、ステロイド以外の炎症を抑える成分など。

 

夏になると各家庭に1つは用意されている虫さされ用のお薬ですが、実は上記の成分の配合がそれぞれ異なります。かゆみ・はれ・赤みなどの症状の違いやアレルギーの有無などでも使い分けが必要なので、お求めの際はぜひ薬剤師に聞いてみて下さい。

 

余談ですが、パッケージに“虫さされ用”と書いていなくても上記の成分が含まれている市販薬の中には虫さされに対する適応を持ったものも多いです。

特に初夏、夜突然の蚊の猛攻にあったのに虫さされ薬を持っていなくて泣きたいとき、もしアトピーやかゆみのための市販薬を持っていたら添付文書を参照してみて下さい。

 

最後に、再度お伝えいたしますが、虫さされにはセルフメディケーションで対応できないものもあります。

毒性が強い、感染症を媒介する、またはアナフィラキシーショックを引き起こすなどの

種類の虫にさされた場合

症状が強い(呼吸困難など患部以外の症状、ただれ・水ぶくれなどの皮膚症状など)場合

・セルフメディケーションを行っても5日以上症状が続く場合

これらの場合は速やかに医療機関を受診して下さい。

正しいセルフメディケーションで虫さされを治療して、楽しい夏を過ごして下さいね!

 

 

薬の名前についているアルファベットのおはなし

2020年 7月 15日 水曜日

薬の名前には、語尾にアルファベットがついているものがあります。今回はこれらの意味を、例を挙げて紹介したいと思います。

 

 

 1. 剤形を表しているもの

 

1) メマリーOD錠など

 

ODOrally Disintegrating(口腔内崩壊)の略で、唾液や少量の水で薬が溶ける工夫がされています。飲み込む力が弱くなったお年寄りでも飲みやすいこと、水が手元に無い時でも服用できることなど、利点が多くあります。

 

OD錠ではない通常のタイプの薬と同じように、水で飲んでも効き目に違いはありません。

 

 

2) アダラートCR錠など

 

CRControlled Release(放出制御)を意味します。徐放性製剤といって、薬が体の中で溶ける時間や場所を調整しているため、服用回数が少なくて済むのが大きなメリットです。本来13回飲まなくてはいけないところ、11回の服用で済めば楽ですよね。

 

CRの他にも、LALong ActingSRSustained Releaseなどといった表現で、徐放性を表しているものもあります。

 

このように工夫がされている薬を勝手に割ったり、かみ砕いたりして服用することは避けてください。本来複数回に分けて飲むはずの薬が一気に溶けだしてしまうので、副作用を起こす可能性が高くなってしまいます。

 

 

 

 2. 成分に由来しているもの

 

1) リンデロンVG軟膏

 

炎症を抑えるステロイド剤と、バイ菌を殺す抗生剤を配合した塗り薬です。有効成分のベタメタゾン吉草酸エステル(Betamethasone Valerate)とゲンタマイシン硫酸塩(Gentamicin Sulfate)が由来です。

 

 

2) アスパラCA

 

 カルシウムの補給に使われる薬です。Calcium……そのままでわかりやすいですね。 

 

 

 

他にも、製造している会社の頭文字をとっているものもあります。例を挙げると切りがありません。

 

ご自身やご家族が飲んでいる薬の由来を調べてみると面白いかもしれませんね。

 

 

 

冷え症と漢方のおはなし

2020年 7月 1日 水曜日

 

日中はかなり暑くなってきましたね。

海に山にプールなどなど、、、個人的に夏は大好きなんですが、 苦手なものがひとつだけ。

それは、 “”冷え”” です。 キンキンに冷えた飲み物やアイス、これからの時期にぴったりですよね。 冷房もついつい設定温度を低くしてしまいがちです。

 

しかし、「冷えは万病のもと」と言われているように、 冷えはさまざまな不調をもたらします。

 

そこで今日は、冷え症と漢方について調べてみました。

 

漢方による治療を決定する際には、

「気・血・水」という概念を用います。

これらの異常は冷え症をもたらします。

 

冷え性の状態と代表的な漢方薬

 

気虚

体内のエネルギー不足により、熱が産まれにくい状態です。

疲れやすく、風邪をひきやすい、  胃腸が弱いなどの症状があらわれます。

[十全大補湯、人参養栄湯など]

 

瘀血

血の巡りが悪いため、熱が運ばれにくい状態です。

便秘気味で月経痛や肩こりなどの症状があらわれます。

[当帰四逆加呉茱萸生姜湯、加味逍遙散、当帰芍薬散など]

 

水毒

体内の水分が溜まっているため、冷えが起こる状態です。

頭痛や頭重感、むくみ、耳鳴り、頻尿などの症状があらわれます。

[苓姜朮甘湯、当帰芍薬散など]

 

 

漢方薬を選ぶ際には、このように体質や状態、

冷えに伴う他の症状などを考慮します。

ドラッグストアでも購入できるので、薬剤師に相談してみてください!

 

また、普段の生活から冷え症対策を考えてみましょう。

 

例えば、、、

・シャワーよりお風呂

・エアコンの風に当たりすぎない

(首元をスカーフなどで覆うと効果的)

・こまめに運動

(ウォーキングやストレッチ、ヨガなど)

・体を温める食材を摂る

(根菜類や発酵食品、香辛料など)

 

などなど、調べてみると色々な冷え症対策が出てきます。

この機会にぜひ、ひとつでも取り入れていってもらえたら幸いです。

夏の暑さにも、そして冷えにも打ち勝ちましょう。

高血圧、降圧薬のおはなし

2020年 6月 15日 月曜日

高血圧、降圧薬についてお話したいと思います。
普段の食事、味付けが濃くなっていませんか?
塩分の摂りすぎは高血圧の一番の原因なので減塩を心がけましょう。
高血圧の状態が続くと全身の血管が硬くなり(動脈硬化)、将来、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気になる危険があります。症状がなくても、血圧をコントロールすることは重要です。血圧の値がいいから…といって降圧薬の服用をやめると、また元の血圧が高い状態に戻ってしまいます。自分の判断で薬を調節しないようにしましょう。

 

よく使われる降圧薬には、次の6種類があります。
①アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬
血圧を上げる物質(アンジオテンシンⅡ)の働きを抑えて血圧を下げる。

②アンジオテンシン変換酵素阻害薬
血圧を上げる物質(アンジオテンシンⅡ)が作られないようにして血圧を下げる。
*副作用に痰を伴わない咳(空咳)が起こることがあります。

③カルシウム拮抗薬
血管を拡げて血圧を下げる。
グレープフルーツ(ジュースを含む)をとると、薬の効果が強くなりすぎてしまうことがあるため、カルシウム拮抗薬を服用中は摂取を控えるようにしましょう。

④利尿薬
尿の出を良くして血管の中の塩分や水分を減らし、血圧を下げる。

⑤β遮断薬
心臓のポンプ機能をゆるやかにさせて、心臓から送り出される血液量を少なくし血圧を下げる。
*β遮断薬は気管支を狭める作用があるので、気管支喘息の方は注意が必要です。

⑥α遮断薬
血管の収縮を抑え血圧を下げる。

 

降圧薬を飲んでいるときは、起立性低血圧に注意してください。降圧薬の効果が強く出ると、血圧が低くなりすぎて立ちくらみやめまいのような症状が出ることがあります。特に高齢の方は起立性低血圧が起こりやすいため、ふらついて転ばないよう注意しましょう。もしも、頻繁に立ちくらみやめまいを感じるようなときには、医師、薬剤師に相談してください。

 

 

ダイエットのおはなし

2020年 6月 1日 月曜日

皆さんは、コロナでの自粛生活をどのようにお過ごしでしたか?

 

家から一歩も出ない生活で、“自粛太り”してしまった方もいらっしゃるのではないのでしょうか?

 

今回はそんな皆様に、ダイエットについてお話したいと思います。

 

ですが、ダイエットのお話をする前に、《呼吸商》という言葉をご紹介します。

 

呼吸商とは、二酸化炭素排出量酸素消費量で除した容積比を意味します。

 

 

この呼吸商をもとに、栄養素の燃焼割合(体内でどのような栄養素が、どのような割合で、どれだけ利用されたか)を知ることができます。

 

私たちが生きていくのに必要な三大栄養素の呼吸商は以下通りです。

 

栄養素 呼吸商
糖質 1.0
脂質 0.7
タンパク質 0.8

 

 

自分自身の呼吸から呼吸商を求めることにより、どの栄養素が、自分の身体の中で特に燃焼しているかがわかります。

 

以上のことから、ダイエットをするには、脂肪を燃焼させるのが得策だと思います。

 

だからと言って、普段日常で呼吸から呼吸商を求めることは出来ないので、

どんな運動をすれば、脂肪を燃焼すればよいのかご紹介します。

 

脂肪を燃焼するためには・・

 

持久的な有酸素運動を行うと脂肪分解が進み、呼吸商は0.7に近づきます。

 

逆に、短距離走など瞬発的な運動をすると、筋肉のグリコーゲン分解が進み、呼吸商が1.0に近づきます。

これは、糖質が燃焼されるということです。

 

つまり、

水泳やウォーキング、ランニング等の有酸素運動で脂肪の燃焼を高めましょう。

 

 

 

ダイエットは、がむしゃらに運動したり、食事制限をすると、かえって体調を崩してしまいます。

 

 

 

消毒液のおはなし

2020年 5月 15日 金曜日

COVID‐19の対策として、手指衛生や環境消毒を行っている方は多いのではないでしょうか。

 

 

正しい消毒薬の使い方ができていますか?

消毒薬を使う時の注意点をチェックしましょう!

 

①正しい濃度

 

消毒薬は原液のまま使えるものもありますが、多くの場合目的に応じて希釈濃度が決められています。消毒薬の種類や使用場所による適切な使用濃度を守りましょう。

例)消毒用エタノール:76.9~81.4%

 

②予備洗浄

 

消毒対象に血液や汗などが付着していると、消毒効果が減弱してしまいます。できるだけ、汚染物を除去しておくことが必要です。予備洗浄で使った石鹸や水をきちんと拭き取りましょう!消毒液の濃度が薄まってしまう可能性があります。

 

③消毒薬の選択

 

使用場所や対象の菌・ウイルスの種類により、適切な消毒薬を選びましょう。例えば、消毒用エタノールは、「粘膜や傷口には使用できない」「ノロウイルスのようなノンエンベロープウイルスに対する消毒効果が弱い」といった特徴があります。消毒薬の特徴を知り、最も効果の高いものを選択することが大切です。

 ④作用時間

 

一般に、作用時間が長いほど消毒効果はよくなります。作用時間が不十分であると、期待通りの効果が得られない可能性があります。

⑤作用温度

 

温度が低いと、消毒効果は弱くなります。冬でも20℃前後で消毒薬を使用することが望ましいです。

 

これらのことを意識して、より有効な消毒を行いましょう!

各々の消毒薬の使用方法についてわからないことがあれば、販売元メーカーのウェブサイトやドラッグストアの薬剤師に確認してみましょう。

 

 

 

 

パーキンソン病のおはなし

2020年 5月 1日 金曜日

 

 

皆さんは、“パーキンソン病” をご存知ですか?

 

全く聞いたことがない、よく知らないけど名前だけ聞いたことがあるといった方々が大半ではないでしょうか。

 

今回はそんな“パーキンソン病”について、症状や原因、治療法についてご紹介します。

 

○パーキンソン病の主な症状

1)振戦(しんせん):小刻みなふるえで、多くは体の片側に出てきます。

 

2)動作緩慢:その名の通り、体を思うように動かせず、動きがゆっくりとなります。

 

3)筋強(きんきょうごう)剛(ごう):筋肉がこわばり、関節の曲げ伸ばしがぎこちなくなります。筋固(きんこ)縮(しゅく)と呼ばれることもあります。

 

4)姿勢反射障害:体のバランスがうまく保てなくなり、ふらついたり転びやすくなったりします。歩く際の姿勢は前のめりになり、歩き出したら止まれません。

 

その他、幻覚やうつなどの精神症状や、よだれや食事をうまく飲み込めなくなる嚥下(えんげ)障害等が発現することもありますが、一般的にパーキンソン病は上記の運動に関する症状を考慮して診断されます。

 

 

○パーキンソン病の原因

脳内のドパミンが減少して起こります。ドパミンは体を動かすためのガソリンのようなもので、ドパミンが減少すると体が動きにくくなり、ふるえや体を動かしにくいといった症状が起こりやすくなります。ドパミンが減少する理由はまだ明らかになっていませんが、現在はドパミンを作っている神経細胞の中にα-シヌクレインというタンパク質が1つに集まり固まって(凝集(ぎょうしゅう))蓄積し、ドパミン神経細胞が減少すると考えられています。海外では、このα-シヌクレインをターゲットとした新しい薬の開発が進められています。

 

 

○パーキンソン病の治療方法

パーキンソン病における治療は薬による治療が基本です。しかし、治療といってもパーキンソン病を根本的に治す方法はまだ研究段階であるため、治療は症状を和らげる対症(たいしょう)療法となります。

 

主な治療薬

1)レボドパ製剤:脳内で不足しているドパミンを直接補充する薬で、パーキンソン病の治療において中心となる薬です。効果が最も高い薬剤ではありますが、作用時間が短い欠点もあります。

 

2)ドパミンアゴニスト:ドパミンを直接補充するのではなく、少なくなったドパミンの代わりとなる薬です。レボドパ製剤に比べて効果は劣るものの、長時間安定して作用する利点があります。

 

3)MAO-B阻害剤:ドパミンは脳で別の物質に変換(代謝)されますが、この代謝を行う

酵素を阻害してドパミン濃度を上げる薬です。単剤で処方されることもありますが、レボドパ製剤と併せて処方されることが多いです。

 

上記以外に、COMT阻害剤や抗コリン薬など数多くの薬があります。

パーキンソン病の治療は1種類の薬を長期間服用するのではなく、2~3種類を組み合わせて使用することが特徴で、さらに患者さんの年齢や症状に応じて種類・量・組み合わせが決められます。

 

 

最後に

脳の血管障害や頭部の外傷、一部の薬が原因となってパーキンソン病に似た症状を起こすことがあります。さらにパーキンソン病との区別が難しい病気もありますので、気になることがあれば神経内科や専門医がいる病院に相談してください。

 

 

薬とコーヒーのおはなし

2020年 4月 15日 水曜日

 

薬は水で服用するものということは定着していると思いますが、薬を服用する前後にコーヒーを飲んでいないでしょうか。コーヒーに含まれるカフェインですが、薬の効果に影響を与えない場合もありますが、薬の効果を弱めてしまう、あるいは強めてしまうことがあります。具体例をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

〇効果が弱くなる

・鎮静薬・抗不安薬など・・・カフェインは興奮作用があるため薬の効き目が抑えられてしまう。

・痛風治療薬(尿酸の合成、排出を促進させる薬)・・・尿酸の排出が妨げられて効果を弱めてしまう。

〇効果が強くなる

・喘息薬(テオフィリン)・・・カフェインと構造が似ており、作用が増強してしまい、中毒症状(頭痛、吐き気、興奮、心悸亢進)が起こることがある。

・交感神経刺激薬(エフェドリン、エピネフリンなど)・・・中枢神経に対して効果が強くなり、不眠や不整脈、情動障害などが起こることがある。

・消化性潰瘍治療薬(シメチジンなど)・・・カフェインの代謝が低下し、不整脈などが起こることがある。

 

このようにコーヒーに含まれるカフェインの影響を受ける薬は多く存在します。一般的に、コーヒーを飲むにあたって、服用後、1時間から数時間あけることが望ましいという考え方もあります。一方で関係がない薬については、それほど気にする必要はないと言われています。

専門家に聞いてみるのが確実、安心ですので、ぜひかかりつけの医師、薬剤師へ相談してみてくださいね。

 

 

スーパー・スプレッダーのおはなし

2020年 4月 1日 水曜日

世の中ではCOVID-19が猛威を振るっておりますが

 

みなさんは腸チフスのメアリーをご存知でしょうか。

 

メアリー・マローンは

腸チフスをニューヨークで広めたとされ

保菌者として、病院で亡くなるまで

四半世紀に及び隔離された女性です。

 

メアリーは住み込み料理人としての雇われ先で次々と腸チフス感染者を発生させていました。

とあるニューヨーク州職員がそれに気付き検査を実施、メアリーが保菌者であることが発覚し病院へ連行、隔離されました。

 

しかしメアリー自身には症状がなく、本人も感染を広げていることを信じず、亡くなるまで保菌者であることを決して認めなかったといいます。

 

いわゆる健康保菌者(無症候性キャリア)です。

 

スーパースプレッダーとは通常考えられる以上に感染を広げる者のことをいいますが

行動範囲が広いだけではなく、そこそこの健康状態を保った人でなければ成り立たないという話があります。

 

つまり、一見健康な人が感染を大きく広げている可能性があるということです。

 

高齢者など免疫学的弱者へうつしてしまった後では、知らなかったでは遅いことがあります。

 

帰省を控えたり、なるべく外出頻度を抑えるというのは必要かもしれません。

また同様に自分の身を守ることは、家族やその他多くの接触者を守ることにもつながります

健康状態や行っている感染対策が正しいものか、常に確認して生活することが大切です。

 

いま一度、気の引き締めを。

 

スーパー・スプレッダーは元気なあなたかもしれません。

 

 

 

オブラートのおはなし

2020年 3月 15日 日曜日

 

子供のころ、薬がなかなか飲めないときに使っていたオブラート

苦い薬を飲むときに味をマスキングするために使っている人もいますが、実は薬を飲み込みやすくするために使うのが本来の使い方です。

 

そもそも、オブラートは何からできているのでしょう?

オブラートは馬鈴薯でんぷんが原料です。つまり、ジャガイモから出来ています。

ご存知のとおり、オブラートは透明のフィルム状の形です。

でんぷんでなくても、似たようなものは作れそうです。しかし、でんぷんからできていることが薬を飲み込みやすくする理由になっているのです。その理由をオブラートの正しい使い方とともに説明します。

 

オブラートを正しく使うためには、

まず、用意したオブラートを半分に折り、それをもう半分に折ります

すると、ちょうどクレープのような形になりますね。この中にこれから飲もうとする薬を入れます。

薬を入れた入り口を少し水で濡らすと、でんぷんが溶け出し糊になってくれます。これで、中に入れた薬はしっかり封をされます。

次に、オブラートの表面を水で少し濡らしてあげることで、またオブラートの表面が溶け出します。このヌメリを利用して、水と一緒に飲み込みます。

 

でんぷんから出来ているおかげで、水に少し濡らすだけで、薬を閉じ込める糊になったり、ヌメリでのど越しが良くなったりしますね。

飲み込むのが苦手な子供や高齢者もこのようにオブラートを使用することで、薬が少し飲みやすくなります。

 

しかし、実際にオブラートは間違えた使い方をされがちです。

よくあるのは、オブラートの上に薬を乗せ、そのままクシャクシャ丸めて、水と一緒に飲み込むやり方です。

これでは、飲み込むものを大きくしているだけで、余計に飲みづらくしているだけになりますね。

他には、表面を濡らさずに口内に入れるのも、唾液で口の中に張り付いてしまい誤嚥の原因になります。

また、漢方薬の中にはオブラートに包むと効果が落ちるものもあるので、注意が必要です。

 

以上が、オブラートの大まかな説明と、使い方でした。

もしまわりで、薬が飲みづらくて困っている人がいたら、オブラートを紹介してみてください。

正しい使い方で、薬を飲むストレスがちょっと和らぐかもしれませんね。