にきび治療についてのおはなし

2018年 11月 1日 木曜日

季節の変わり目や生活習慣、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど、様々な要因によりニキビはできやすくなります。

まずは生活習慣の改善や普段のスキンケアを見直すことが基本ですが、なかなか改善しない場合にはやはり専門医の受診をお勧めします。

 

今回は皮膚科での薬物治療で、最近よく処方される塗り薬について紹介します。

もちろん、保険適応のお薬です。

これは今までにあった抗菌の塗り薬とは違い、耐性ができず、にきびの予防にもなるといわれています。

 

成分名は過酸化ベンゾイルです。ベピオゲルという商品名で販売されています。

海外では以前から使われていましたが2015年についに日本でも使われるようになりました。

このお薬は、少しの赤みやヒリヒリ感、かゆみ、乾燥などを含めると副作用がでる方は少なくないです。

そのため、中にはすぐに使うのを止めてしまう方がいます。

しかし、あわないかもと思ってすぐに使うのを止めるのではなく、医師とも相談しながらしばらくは使ってみてください。(ただし軽い副作用ではなく、アレルギー反応など重度な副作用が出た場合は中止です)

軽い副作用は使っているうちに慣れてくることもあるといわれています。2週間~1カ月が目安です。

そしてそのまま続けていくとニキビ自体は改善に向かっていきます。耐性ができないので長期間使うことも可能ですし、赤く膿んだニキビにも白く小さなニキビにも効果を発揮します。

 

私も使ってみましたが、ニキビができても悪化しにくいし治りが早いなという印象でした。

 

一番多い副作用は乾燥で、保湿剤(化粧水、乳液)を併用するのが一般的です。

よく、どの順番で塗ったらいいかな?と聞かれますが、乾燥防止のためにも保湿のあとに塗るのをおすすめします。 😀

 

ニキビ治療には保険適応外のケミカルピーリングしかないと思っていた方、思春期だから体質だから・・とあきらめていた方、是非、専門医に相談してみてくださいね!

肝臓のおはなし

2018年 10月 15日 月曜日

今回は肝臓について少しお話しようと思います。

皆様は肝臓についてどの様なイメージをお持ちでしょうか?

よく言われるのはアルコールと肝臓の関係性、これは一般的にもよく言われていますよね。

 

 

 

 

 

肝臓はヒトの体で最も大きい臓器です。

肝臓の主な働きは3つ。

  1. 体に必要な栄養素の合成・貯蔵
  2. 有害物質の解毒・分解(アルコールやお薬など)
  3. 食べ物の消化に必要な胆汁の合成・分泌

 

これらはどれも必要不可欠で、私達の生命維持に大きな役割を果たしてくれています。

そしてなんと、肝臓は唯一再生能力のある臓器です。

肝臓は少し切り取られてもまた再び同じ大きさの肝臓へ再生することができます。

85%が壊れても働き続けることができるといわれています。

不調でもなかなか不調を訴えてくることがない(症状として現れることがない)ので

『沈黙の臓器』や、『無口な働き者』といわれております。

そんな力強い肝臓ですが、不調が続くと元に戻らないこともあります。

肝臓にもいろいろな種類の病気と原因があるのですが、今回は肝臓の機能を維持するため、日頃から私達が気をつけることのできることを紹介します。

1.食べ過ぎない

→脂っこい食事や糖質のとりすぎは脂肪肝を招きます。特に果物の果糖は吸収がよく、肝臓で中性脂肪になりやすいため、注意が必要です。ごはん、パン、麺類は、ほんの一口残すだけで、1ヶ月に500g減量できると言われています。

2.飲み過ぎない

→お酒の飲みすぎは肝臓で中性脂肪が合成されやすくなります。

3.無理なダイエットによる栄養の偏りをなくす

→極端な食事制限など無理なダイエットをした人も「低栄養性脂肪肝」と呼ばれる脂肪肝になることがあります。

4.緑茶を飲むことを心がける

→緑茶に含まれるカテキンが体内、特に肝臓で発生する活性酸素を消去してくれるというデータがあります。メタボリック症候群にもいいという研究もあるので、脂肪肝予防にもなります。

5.適度な運動

→基礎代謝がアップすれば、太りにくい体質になりますので脂肪肝も予防できます。

特にスクワットやストレッチなどのインナーマッスルを鍛えることがより効果的です。逆に過度な運動は肝臓に負担をかけることもあるので、無理に激しい運動には注意しましょう。

6.加工食品を避ける

→加工食品に含まれる食品添加物は、体にとっては毒物です。肝臓で解毒されます。

また、加工食品は意外と塩分が多いため、塩分のとりすぎも防げます。

 

どうでしょうか。

少し意識していれば特別なことではないように思います。

 

これからは自分の肝臓、少しいたわってみてはどうでしょうか?

 

乾燥についてのお話

2018年 10月 1日 月曜日

 

乾燥肌の原因と対処方法についてお話しします。

 

 

 

まず、乾燥肌の原因として4つが挙げられます。

 

1.エアコンなどの冷暖房器具

2.気温や湿度の低下

3.肌触りの悪い衣服や寝具

4.ライフスタイル

 

3については目の粗いウールのセーター等はお肌に摩擦が生じやすく、角質層を傷つける可能性があります。また、顔が触れる機会が多い枕カバーやタオルケット等の寝具についても寝ている間、知らず知らずのうちに摩擦が生じているのです。

 

4のライフスタイルについて更に細かく見ていきます。

 

顔や体を洗いすぎる習慣がある、水を扱う機会が多い方

水や洗浄剤に触れる機会が多いと肌から皮脂が奪われやすくなります。

 

煙草を吸っている方

喫煙により健康な皮脂の維持に役立つビタミンCが体内から失われます。

 

食事をファーストフード等で済ませることが多い方

摂取する栄養素が偏りがちになり、皮膚に栄養が行き渡らない可能性があります。

 

生活が不規則で十分に睡眠時間が確保できない方

睡眠時間が短いと、皮膚の新陳代謝がスムーズに行われにくくなります。

 

次に乾燥肌を防ぐ方法について説明します。

1.洗いすぎに注意する

2.エアコンの使用方法に注意する

3.ライフスタイルを見直す

 

1については乾燥肌の原因にてお話した通り、洗いすぎは皮脂を洗い流してしまいます。また洗浄剤が刺激となって皮膚トラブルを招くこともあるので注意しましょう。

 

2についてはエアコンの冷温風が直接身体に当たらないようにすることです。また冬場であれば加湿器の利用、濡れタオルや洗濯物を部屋の中に干すといった工夫も必要です。

 

3に関しては具体的にどのようなライフスタイルを見直すべきかお話します。

 

熱めのお湯、長時間の入浴を避ける

皮膚の潤いを保っているセラミドなどの細胞間脂質や天然保湿因子は42℃以上の高温のお湯に浸かると、簡単に流出してしまう可能性があります。

 

偏った食生活を改善する

健康な皮膚を作るにはタンパク質をはじめ、ビタミン類が役立ちます。

 

ビタミンA:肌荒れ防止、皮膚の免疫機能の維持

ビタミンB:皮膚の新陳代謝促進、発育促進

ビタミンC:コラーゲンの生成

ビタミンE:皮膚の血流循環改善

 

 

水分摂取を心がける

夏場は水分をこまめに摂っているが冬場はそこまで・・・という方も多いのではないでしょうか。私たちの体は皮膚や呼気からも常に水分が失われています。具体的に言うと、冬場で皮膚や呼気、排尿での水分喪失を含めると、じっとしている時で1日に1500ml前後、動いている時は1日に2500ml前後の水分が奪われています。水分補給を怠ると更にお肌の乾燥を招くため、冬場であっても温かい飲み物で水分摂取を心がけるようにしましょう。病気によって水分量が制限されている方に関しては、主治医と相談して指示を仰いでください。

 

 

「点滴のはじめて」

2018年 9月 15日 土曜日

現在の医療では欠かせない存在となっている点滴ですが、いつごろから発見され実用化されてきたのかについてお話させていただきます。 😀

◯循環説

17世紀にイギリスの医学者ウィリアム・ハーベイが「血液は心臓から、動脈を経て、静脈を経て、全身を回ってまた心臓に還ってくる」という、いわゆる“循環説”というのを初めて唱えました。

それまではどう考えられたかというと・・・?

血液は肝臓から出て、末梢で消費する。一方通行だと思われていました。

 

◯初めての輸血

その後に、イギリスのクリストファー・レンが「静脈の中に外から水を入れてみよう」と考え、静脈注射の実験をしました。

“人類が初めて静脈の中に物を投与した”と記録として残っています。

当然、今のように注射器などありません。レンはガチョウの羽の先端を切り落とし、尖らせ、豚の膀胱の先にガチョウの羽を付け、豚の膀胱の中に水を入れ、羽の先端をイヌの静脈にブスッと刺し、水をいれるという、初めての静脈注射の実験をしました。

注射してイヌがどうなったかまでは確認できませんでしたが、これが静脈の中にものを、いわゆる液体を初めて投与したという記録です。

1世紀進んで19世紀になってくると、これもやはりイギリス人ですが、トーマス・アイシソン・ラッタという人が、ついに人間に注射の実験をしました。

コレラになると、ずっと下痢が続いて、だんだんとその患者さんが痩せこけてきて、衰えてきて亡くなってしまいます。ものすごく死亡率が高く、そういった人を助けるために、“水分が足らないのだから、外から水分を補ってやろう”と考案したもので、塩化ナトリウムと炭酸水素ナトリウムを混ぜた水溶液をコレラの患者さんに注射しました(この頃には、血液の中には塩分が入っているということがわかっていました)。すると、注射をすると助かる率がかなり上がってくるということがわかったそうです。

その時残っている記録では、現在のように手とか足の四肢の抹消の静脈に投与したのではなく、女性であれば乳房のところの皮下静脈、つまり、浮いてくる皮下静脈に針を刺して注射しています。今で言う静脈注射の始まりです。この後医学の研究が進み現在の点滴という形になりました。

ノンカフェインティー(ルイボスティー)のおはなし

2018年 9月 1日 土曜日

本日はハーブティーとして、またノンカフェインティーとして注目されているルイボスティーについて紹介します。

1.ルイボスティーとは

2.ルイボスが育つ環境

3.ルイボスティーに含まれる主な成分

4.1日の摂取量の目安と注意

5.選び方

 

1.ルイボスティーとは

“ルイボス(ROOIBOS)”は、アフリカーンス語(*1)で ROOI赤い、BOS藪という意味のマメ科の植物で落葉した葉は赤褐色に変化します。ルイボスの落葉した葉を発酵・焙煎したものがルイボスティーです。

*1:オランダ語から派生した言語

2.ルイボスが育つ環境

南アフリカにあるセダルバーグ山脈一帯の高原地帯で育ちます。この高原地帯は雨が少ない乾燥地帯であり、夏の外気温は45℃にもなり、昼と夜の温度差が30℃を超えるような過酷な環境です。このような厳しい環境で育つことから、他の一般的なお茶の木に比べて地下深くまで根を伸ばし、豊富な栄養素を持つに至ったと言われています。

3.ルイボスティーに含まれる主な成分

ミネラル(マグネシウム、カリウム、カルシウム等)、スーパーオキシドジスムターゼ(Superoxide dismutase:SOD)などが含まれます。

マグネシウム:腸の水分を集める作用があり、整腸作用が期待されます。

カリウム:ナトリウムと相互に働いて、過剰に摂取したナトリウムを体外へ排泄する作用があります。

SOD:抗酸化作用をもつ酵素です。SODは体内の活性酸素を分解することにより、細胞を酸化する活性酸素を抑えます。

一方、含まれていない成分としてカフェインがあります。就寝前に飲んでも寝付きが悪くなる可能性は低いと思われます。

4.1日の摂取量の目安と注意 

1日に3杯程度を目安に飲んでみてはいかがでしょうか。

ただ、摂取に注意が必要な方もいらっしゃいます。

・妊娠初期の方

理由はルイボスティーに含まれるタンニンのためです。タンニンは葉酸の吸収を阻害する作用があります。ルイボスティーに含まれるタンニンは少ないものの、妊娠初期に多く必要とされる葉酸が摂取できなくなる可能性があります。

・カリウムの摂取に注意が必要な方

腎臓病、糖尿病など病気療養中の方は、カリウムの過剰摂取に注意が必要です。必要に応じてかかりつけの医師にご相談ください。

5.選び方

ルイボスティーはくせがあって飲みにくいと感じられる方もいらっしゃるようです。その場合には、発酵していないグリーンルイボスティーを選んでみては?はちみつを入れたり、ミルクティーにして飲んでみるのもおすすめです! 🙂

 

だんだんと気温が上昇してきていますので、水分補給にホットでもアイスでも楽しめるルイボスティーを試してみてはいかがでしょうか。

蚊のはなし

2018年 8月 20日 月曜日

夏のイメージがあるですが、11月中旬まで活動します。

 

秋まで残っている蚊に刺されると

とくに痒くて痒くて憎たらしいですね…。

 

あまり良い印象ではない蚊ですが、

今回は蚊を応用した医療技術のご紹介です。 💡

 

 

皆さんは注射は苦手ですか。

わたしは先日健康診断で採血をしましたが、

やっぱり「チクッとしてジンジンして嫌だな~」と感じました。

いくつになっても慣れませんね。

 

定期的に血液検査を行う方や点滴をしている方はもっと辛いのでしょう。

 

もっと痛くない、ストレスのかからない注射針の研究に

なんと蚊の口が応用されているのです

 

蚊に刺されても私たちは痛くありません。

痛かったら気がつかれて叩かれてしまいますからね。

蚊にとって吸血行動は命がけです。

 

種族の存続のため命がけで挑んでいるので、

そこには蚊の物凄い生態が隠されているのです!!!

 

現在、販売されている蚊の口を応用とした針には

血糖測定時の血を出すために使う道具があります。

 

蚊の針の構造については

わかりやすく解説されている本やサイトがあるので

興味を持たれた方は調べてみてください 🙂

 

 

もっともっと研究が進んでワクチンや採血にも

痛みを軽減された注射針が使われることを願って

今年も蚊と戦いたいと思います 😕 

漢方のおはなし

2018年 8月 5日 日曜日

暑い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?熱中症にならないよう水分は十分摂ってくださいね。

話は変わりますが、皆様漢方薬と聞くとどのようなイメージを抱くでしょうか?薬局に勤めていた頃患者様に漢方薬をお渡しする時に、「漢方薬だから副作用はないですよね。」と言われることが時々ありました。もしかしたら皆様の中にもそのように思っている方がいるかもしれません。今回は漢方薬の副作用についてお話しようと思います。

まず、漢方薬にも他のお薬と同じように副作用はあります。 🙄

例えば、漢方薬に入っている生薬(漢方薬の原料。薬用にする目的を持ち、植物、動物、鉱物などの天然物の一部に乾燥、または簡単な加工を施したもの)に麻黄というものがあります。麻黄の服用で動悸や発汗過多などの症状が起こることがあります。

麻黄が入っている漢方薬には葛根湯や麻黄湯などがあります。風邪の時に処方されることがあるので飲んだことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

次に甘草という生薬です。甘草の服用で偽アルドステロン症が起こることがあります。症状としては脱力感、血圧が上がる、むくみなどがあります。

甘草は医療用漢方エキス製剤の半分以上に入っているので注意が必要です。先程書いた葛根湯や麻黄湯にも入っています。

 

以上のように漢方薬でも副作用が起こる可能性はあるということをお話しさせて頂きました。もちろん、飲んだら必ず起こるというわけではありませんが、もしも服用していて、何か体に異常を感じることがあれば医師やおかかりの薬局の薬剤師にご相談ください。

 

最後に、漢方薬を複数飲むときのお話です。

漢方薬は数種類の生薬が組み合わさって出来ています。そのため複数の漢方薬を飲んだ場合、同じ生薬が重複してしまう可能性があるのです。

何の生薬が入っているかは、名前から読み取れるものもありますが、読み取れないものもあります。

芍薬甘草湯(甘草、芍薬)、大黄甘草湯(大黄、甘草)などは入っている生薬がそのまま漢方薬の名前になっています。葛根湯(葛根、桂皮、大棗、芍薬、麻黄、生姜、甘草)のように名前にはない生薬が入っている場合もあります。

 

医師が把握していない所での重複を防ぐため、違う病院でもらった薬や服用している市販薬は忘れずに医師、薬剤師に伝えましょう!

ニンニクのおはなし

2018年 7月 15日 日曜日

夏が近づいてきて、どんどん暑くなってきましたね…!

みなさまいかがお過ごしでしょうか。 😮

夏バテにならないようにスタミナをつけたい時期ですね。

今回は、スタミナをつける食材の代表格「ニンニク」について

お話ししたいと思います。

ニンニクを食べるとスタミナがつく理由としては、

アリシン」という成分が主に関与しているといわれています。

 

ニンニクに含まれるアリシンという成分が、ニンニクの細胞が壊れることで

酵素と反応しアリシンが発生します。

アリシンの疲労回復促進効果がニンニクを食べるとスタミナがつくといわれる

理由の一つです。

アリシンがビタミンB1と結合しアリチアミンという物質になります。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換し、

乳酸などの疲労物質の蓄積を防止する栄養素です。

アリチアミンになることで、ビタミンB1の吸収を高め、

体内に長く保持するため疲労回復を促進するといわれています。

また、アリシンは抗菌作用による風邪予防や、

血行促進効果による動脈硬化の予防が期待されるといわれています。

 

アリシンは、加熱することにより、「スコルジニン」という成分になります。

スコルジニンは、アリシンと同様にビタミンB1と結合し

ビタミンB1の吸収を促進し、体内に長く保持する効果を持ちます。

加えて、スコルジニンには新陳代謝を促進し、

体内の毒素や老廃物を分解し排泄する作用があると言われています。

また、毛細血管を拡張し、動脈硬化を防止することで、

生活習慣病の予防にもつながると言われています。

 

ビタミンB1は、豚肉やレバー、豆類、米ぬか、玄米などの食材に

多く含まれていると言われています。

これらの食材とニンニクを合わせて食べることで、

より疲労回復につながるでしょう。

ニンニクとこれらの食材を食べて、夏を乗り切りましょう!!! 😛 

献血のおはなし

2018年 7月 1日 日曜日

 

みなさんは献血をしたことがありますか?

献血の経験がない方はイメージしにくいかもしれません。

本日は献血について、お話しします。

 

なぜ献血が必要なの?

血液は、赤血球(肺で取り込まれた酸素を全身に運ぶ)や血小板(出血した際に血管の傷をふさぐ)、白血球(免疫をつかさどる)などの細胞成分と、それ以外の液状成分(主に血小板と共に止血の働きをする)で構成されています。

血液のそれぞれの成分にそれぞれの役割・正常値がありますが、怪我・病気やその治療、生まれつきの体質などが原因で、血液の量や成分構成が正常ではない場合があります。その場合、日常生活が困難になったり、死に至ることもあります。そのような方には輸血(必要な血液の成分を、必要な量だけ点滴して補充すること)が必要になります。しかし、現在の医療技術では輸血用血液は人工的には製造できず、長期保存ができないため、健康な方から血液を提供していただく必要があるのです。

 

どこでできるの

献血は、日本赤十字社が運営している、常設の献血ルームや献血バスで行うことが出来ます。詳しくは日本赤十字社HPでご確認ください。

 

どういう流れで行うの

基本的には以下のような流れで行います。

①受付

②質問への回答

③問診・血圧測定

④血液検査

⑤採血

⑥休憩

献血にはいくつか種類がありますが、採血の所要時間は、全血献血の場合は10~15分程度、成分献血の場合は40~90分程度です。また、採血後は30分以上休憩をします。

 

献血するときの注意点は?

患者さんに安全に血液をお届けするために、献血する際はいくつかの条件があります。以下の条件に当てはまる方は献血が行えない場合があります。

・薬を飲んでいる

・3日以内に出血を伴う歯科治療を受けた

・4週間以内に海外から帰国した

・ピアスの穴を開けた

・予防接種を受けた

他にも細かい条件などがありますので、ご注意ください。

 

副作用が起こったらどうするの?

医療機関の受診が必要となるような副作用が発生した場合、医療費などを補償する「献血者健康被害救済制度」という制度があります。

また、献血を行う際に使用する針などの器具は、献血者一人ひとり新しいものを使用するため、献血をすることにより病気になることはありません。

 

献血の経験がない方は、献血に対して少し怖いイメージがあるかもしれません。しかし、困っている患者さんは大勢いらっしゃいます。もし、少しでもやってみようかなと思う方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度でも献血を体験してみてください。

 

 

参考:厚生労働省HP、日本赤十字社HP

正しい点眼薬のつかいかた

2018年 6月 15日 金曜日

アレルギー、ものもらい、眼精疲労、ドライアイ…目薬を使う機会は日常でもたくさんあります。

 

目薬の使いかた…実は、「思い込みで使っていたけれど、実は最適な使用方法ではなかった?!」ということが結構あります。

 

正しい点眼方法について、いま一度ご確認下さい。

 

  1. 点眼後、目をぱちぱちしない

 

目をぱちぱちすると、目全体に薬がいきわたるような気がしますが…実は違うのです 😯

 

瞬きのときの筋肉の動きが、目薬を鼻やのどのほうに送り出してしまいます。

そうすると、薬が目に吸収される前に排出されてしまい、薬の効果が低くなってしまうのです。

 

正しい点眼方法は、点眼後目頭を軽く押さえて、目を閉じることです。

 

目頭には、涙が鼻やのどに流れていく管があります。

その管の入り口を圧迫することで、薬が目から逃げていくことを防ぎます。

 

時間に余裕がある場合は、その状態で1~5いるとさらに効果は高まります。

 

 

  1. 2種類以上の点眼をさすときは、5分以上あけて点眼する

 

目の中には、目薬をとどめておくスペースがほとんどありません。

 

点眼1滴でも、その一部分はあふれて鼻やのどに流れてしまいます。

 

そのため、点眼したら最低5は間を空けて、しっかり薬を吸収させてから次の目薬を点眼して下さい。

 

*ただし、医療用の点眼剤によっては30分~1時間以上間をあけないといけないものもあります。医師や薬剤師からの点眼の指示を守りましょう。

 

 

  1. 冷蔵庫に入れても、開封後の期限は延びない

 

通常、開封後1ヶ月が使用期限です(特殊な点眼剤を除く)。

冷蔵庫でも常温でも同じです。

 

もし、点眼薬の衛生状態を保ちたい場合は、ボトルの先がまつげや目に触れないように点眼しましよう。

まつげについている雑菌が混入するのを防ぎます。

 

 

 

・・・以上が、目薬の使い方で誤解されやすい点です。

 

正しい使い方をすることで、薬の効果も高まります。

ぜひ、実践してみてください。