検索

Site search

カレンダー

2016年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

森林浴のおはなし

2016年 9月 15日 木曜日

9月の入り、過ごし易い季節が近づいてきました。少し前から山ガールという言葉を耳にするようになりましたが、私も山が大好きです。空気は美味しいですし、木漏れ日の中を歩いているだけで癒されます。こんなに気持ちがいいのだからきっと体に良い効果があるに違いない!という事で今回は森林浴について調べてみました。

gatag-00005820

マイナスイオンやフォトンチッド(樹木の香り)はよく知られていますよね。目に優しい木々の緑や小鳥のさえずり、枝葉のざわめきなどの環境もリラクゼーション効果があります。また、森林浴にはストレス解消のような精神的効果だけでなく、癌の予防につながる細胞が活性化されるという実験結果も出ているようです。

 

皆さんはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)をご存知でしょうか。NK細胞は自然免疫の主要因として作用するリンパ球の1種で、がん細胞やウイルス感染細胞などを攻撃する役割を担っています。このNK細胞の活性が森林浴によって高くなるというのです。しかもその効果が1ヶ月後まで持続されているというから驚きです。森林浴が有意にストレスホルモンを減少させ、ストレスによる免疫抑制を解除させたこともNK細胞の活性化に影響を与えているとされています。

 

調べてみるとなかなか面白いですね。森林浴の効果が医学的にも解明され、海外では森林浴療養を保健診療で認める国もあるそうです。これを機会に、皆さんも森林浴にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

yamanobori_woman

参校文献:

http://www.nms.ac.jp/nms/dhph/shoukai_likei02.html

運転とくすりのはなし

2016年 9月 2日 金曜日

毎日暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。みなさんの中にはこの夏、車でどこかにドライブに行かれたり、運転して帰省をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は車の運転と薬にまつわるお話をさせていただきたいと思います。

 

私たちが車を運転するうえで守らなくてはいけない法律の一つに道路交通法があります。この法律では「過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。」(第66条 一部省略)と規定されています。つまり体が疲れた状態であったり病気や薬を服用していることによって運転に何らかの影響を及ぼす恐れがある場合は運転をしてはならないということです。そして普段みなさんが服用している薬の中にも運転に注意が必要なものが含まれているかもしれません。そこで、運転への注意が必要な薬について一部ですが例を挙げてご紹介したいと思います。

00593-450x337

 

 

 

 

 

 

 

みなさんが薬局やドラックストアで購入することができる薬(一般用医薬品)の中に、風邪薬や鼻炎・花粉症に対する抗アレルギー薬がありますが、これらの多くには抗ヒスタミン作用といって鼻水やくしゃみを抑える作用を持つ成分が含まれています。この抗ヒスタミン作用はアレルギー症状を抑える一方で眠気等を引き起こす危険性があります。また、眠気がなくても集中力や注意力が低下することがあります。

これらの一部の薬では使用上の注意として「服用後、乗り物または機械類の運転操作をしないでください」と記載があります。

また乗り物の酔い止めの薬でも、吐き気やめまいを抑える一方で眠気を引き起こしてしまう作用があるため服用後の乗り物、機械類の運転操作が禁止されています。

 

これらは運転を禁止あるいは注意を必要とする薬のうちのほんの一部分であるため、ご自身が服用される薬について使用上の注意をご確認の上、運転への影響が心配である場合はおかかりの医師・薬剤師に相談してください。特に病院で医師から処方される薬(医療用医薬品)ではたくさんの種類の薬があり、注意が必要な薬については医師・薬剤師からの説明・指導がされるようになっているためご不明な点などは相談してください。

また今回取り上げたお薬の影響以外にも、病状によって運転への注意が必要な場合がありますので主治医の先生の指示に従ってください。

car_driving_woman

麻酔薬を開発した人のはなし

2016年 8月 15日 月曜日

みなさんは華岡青洲(はなおか せいしゅう)をご存知ですか?

華岡青洲は和歌山県出身の外科医です。

麻酔薬を開発し、世界で初めて全身麻酔による乳がん手術を成功させました。

free-illustration-doctor-gekai-irasutoya

麻酔薬とは、「痛い」と感じる感覚を一時的に取り除くことができる薬です。

麻酔薬がなかったころは、患者は痛みを我慢しながら手術を受けるしかありませんでした。

 

華岡青洲は研究を重ねた結果「通仙散(つうせんさん)」を開発し、1804年に通仙散を使って世界初の全身麻酔による手術を成功させました。

 

通仙散の主な材料は植物の毒です。

「マンダラゲ(曼陀羅華)」(別名:チョウセンアサガオ)という植物を中心に、「トリカブト」など数種類の植物を調合して作られました。「マンダラゲ」には、人間の体をしびれさせる毒があります。その毒を利用して、痛みの感覚をなくすことで手術を行うことができました。

 

当時、乳がんは一度かかると治らない病気といわれ、華岡青洲も妹を乳がんで亡くしていました。そのため華岡青洲は「乳がんの手術を成功させたい」という思いが強かったようです。

 

今では、目の病気は眼科、骨折は整形外科というように病院の診療科は細かく分かれていますが、当時はそのような区別はありませんでした。華岡青洲はあらゆる病気や怪我を診察し治療や手術をおこない、たくさんの治療道具や手術道具を開発しました。麻酔薬の通仙散を使用した手術例は100種類を超えていたといわれていmedical_zenshin_masuiます。

 

華岡青洲は、たくさんの人たちを病気や怪我の苦しみから救った天才医師だったのです。

 

手術を受けるとき、麻酔薬がなかったら・・・と想像するだけでも怖いです。華岡青洲のような偉人のおかげで、わたしたちは安心して手術を受けることができるのですね。

 

参考:華岡青洲顕彰施設 青洲の里へようこそ!(http://seishu.sakura.ne.jp/)

製薬協のホームページ(http://www.jpma.or.jp/)

 

 

ウイルスと地球温暖化のおはなし

2016年 8月 1日 月曜日

ヒトは昔から、今もなおウイルスに苦しめられています。天然痘、スペイン風邪、小児麻痺、最近ではSARS、鳥インフルエンザ、エボラ出血熱など、非常に多くの病気がウイルスにより引き起こされています。

infuru5

 

ヒトはウイルスとの戦いに際し、ワクチンの開発によって一部のウイルスを撲滅させることに成功しました。約200年前、英国の医師エドワード・ジェンナーは牛の病気である牛痘のウイルスをヒトに接種することにより、天然痘に感染しなくなるという方法を発見しました。この方法が普及し、1980年WHOは天然痘の世界根絶宣言を行いました。ちなみに、ワクチンという言葉は、ジェンナーの偉業に敬意を表し、その種痘法発見のもとになった、雌牛を意味するラテン語のVeccaから命名されたと言われています。

l_156

さて、不幸にもウイルスによって命を絶たれた人の中には、アラスカなどの永久凍土に埋葬された人もいるようです。事実、スウェーデンの医師、ヨハン・ハルティンは1997年、永久凍土に眠る腐乱のない遺体から、スペイン風邪のウイルスを、ほぼ完全な状態で回収したのです。そのウイルスは2005年、米国のJ.K.タウベンバーガーらによって遺伝子を解読され、再合成されました。

 

現在、地球温暖化の問題がとりざたされていますが、なかなか成果が得られていない状況です。もし、このまま温暖化が進行し続けたとしたら、天然痘をはじめ、種々のウイルスが再び蘇ってしまう、などということも否定はできません。また、スペイン風邪などの様々なウイルスが同時に出現し、鳥、豚などの「種の壁」を経て、想定外に変異したウイルスがヒトを攻撃するようになるかもしれません。

 

そのようなウイルスによってパンデミックが引き起こされないことを、心より祈っております。

植物のおはなし

2016年 7月 15日 金曜日

これからの季節、植物が色鮮やかな姿を見せる季節になってきましたね。私自身植物が好きで、薬用植物や生薬、漢方などを勉強していたこともあり、その中から少し紹介させて頂こうと思います。

 

 

y2_05まずはオオバコをご紹介します。こちらは目にしたり遊んだことがある方がほとんどではないでしょうか。道端に生えている雑草で強くどこでも育つイメージがあると思います。しかし、オオバコを一回抜いて別のところに植え替えるとなかなか育たないという繊細な面を持っています。雑草としての認識が強いオオバコですが、薬という別の側面を持っています。種子は車前子(シャゼンシ)といい生薬として、全草は車前草(シャゼンソウ)といい民間薬をして使われています。車前子は利水作用(体外に水を出す作用)を目的に牛車腎気丸などの漢方薬に含まれています。

 

 

無題次はクチナシを紹介いたします。クチナシは実を乾燥させたものを山梔子(サンシシ)といい、消炎作用などを持っており生薬として使われます。薬以外の使い方としては、’きんとん’ や ’たくわん’ の着色に着色料として使用されています。生薬よりも着色料で知っている人が多いかも知れませんね。また、この黄色の色素は加水分解されると青色に変化します。これをクチナシ青色素といい、岡山県倉敷名物のデニムまんに使われているそうです。岡山県はジーンズの縫製・加工工場、デニム生地の製織工場など、ジーンズ関連の企業が多く集まる「産地」で有名ですが、このデニムまんはデニムの色を見事に再現しています。青は食欲をそそらない色らしいのですが、おいしいので倉敷に行かれる方はぜひ食べてみてください(他にもデニムバーガーやアイスもありました)。

 

niti102

 

 

ニチニチソウも実は医薬原料を生成する植物です。ニチニチソウの葉で合成されていることが知られています。園芸用として庭先でよく目にする植物にもこのような力が眠っています。

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介したのはほんの一部ですが、植物には驚くべき力が備わっていることが伝われば幸いです。これがきっかけで植物の面白さを少しでも知っていただければと思います。

高カカオチョコレートの話

2016年 7月 1日 金曜日

最近雑誌やTVでもよく目にする高カカオチョコレート

チョコレートはお菓子のイメージが強いですが、昔はカカオ豆をすりつぶして薬として使用されていたこともあったようです。

lgi01a201407081000

チョコレートには抗酸化物質であるカカオポリフェノールの他にカルシウムマグネシウム亜鉛などのミネラル分や食物繊維も含まれていますが、これらの成分はカカオが70%以上含まれている、いわゆる高カカオチョコレートに多く含まれています。

 

このカカオポリフェノールには血圧を下げる効果や、善玉コレステロールを増やす効果があることが認められ、動脈硬化のリスクを低減する効果が期待されています。他にも認知症予防や紫外線から肌を守る効果、肥満の予防など様々な報告があるようで、ついついたくさん食べたくなりますね。

 

しかし、薬もそうですが、摂りすぎは健康によくありません。

カカオ豆にはテオブロミンやカフェインが含まれており、適量であればリラックス効果や脂肪燃焼促進効果などがあり問題ありませんが、過剰摂取することで利尿作用や興奮作用、それに伴い不眠などを引き起こす可能性もあります。特にお子さんや妊婦は気をつける必要があります。

またチョコレートに含まれるチラミンには血管収縮作用があり、食べ過ぎると片頭痛を引き起こす可能性があります。

 

ではどれくらいなら大丈夫なのでしょう?

1日に食べる高カカオチョコレートは25g程度が目安です。また、カカオポリフェノールによる抗酸化作用は長時間持続することができないので、一度に食べるのではなく、少しずつ分けて食べるのが良いようです。

 

せっかく食べるなら健康に良い食べ方をしたいですね。仕事で疲れた時に高カカオチョコレート、いかがでしょうか??

01

 

引用:日本チョコレート・ココア協会のHP http://www.chocolate-cocoa.com/

海外旅行中のおくすりのおはなし

2016年 6月 15日 水曜日

illust3441

念願の海外旅行!初めてだけど服用している薬はどうしよう??

もうすぐ夏休み!海外旅行に行きたい!と計画をたてている方も多いのではないでしょうか。

 

 

そこで気になるのが普段、服用している薬。服用している薬の種類が増えたけど、全部持って行っても大丈夫かしら?長く滞在するけどお薬たくさんもらえるかしら?外国でも服用している薬は処方してもらえるかしら?そんな疑問にお答えします。

 

・海外に薬を持っていくときはどうしたら安心?

服用中の薬物が医師の指示で処方され、旅行中に健康を維持するために必要であるという担当医からの診断書と処方箋(コピー可)を用意しておくと安心です。またそれらの書類が日本語で書かれている場合、英語に翻訳し最後に翻訳した本人のサインを記入して下さい。(翻訳は英語の出来る方ならば誰でも可能です)

自分に必要な分の薬をもっていく程度なら基本的には問題ないですが、一部の国では、薬物乱用の可能性が高い麻薬や特定の薬物は持込む事すら出来ない場合もありますので、必ず入国先の大使館に相談しましょう。例えば、日本で一般的に使われる咳止め薬、精神安定剤、鎮静剤、睡眠薬、抗鬱剤、興奮剤も、ものによっては常習性のある薬とみなされ、持ち込むことで重罪になるケースもあります。

capsel02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・新しいから14日しかもらえない薬、海外に行ってる間もう少しもらえないかな?

海外旅行、年末年始、ゴールデンウィークは例外で30日まで処方が伸ばしてもらえる可能性があります。医師に相談してみましょう。

 

・機内への常備薬の持ち込みは?

各航空会社でもルールが違うことがあるので念のため確認しておきましょう。

下記は成田空港の薬の持ち込みに関するQ&Aです。

http://www.narita-airport.jp/jp/security/faq/faq-05.html#651

 

・今服用している同じ薬を海外でもらえないかしら?

服用中の薬が海外で販売されているかは製薬企業または薬局、病院に問い合わせることで調べてもらうことができます。HP上で英語名や英語版の薬のしおりを入手できるものもあるので、同じ薬がなくともそれらを見せることで似た薬を処方してもらえる可能性があります。

また、海外では日本の処方薬が市販薬として販売されていることもあるので、英語の得意な方は確認してみてもいいでしょう。ただし、用量も海外規格なので過量服用には注意が必要です。

 

海外に行って薬がなくなってしまったら、きっと旅行も楽しめないはず。入国前にしっかり準備しておきましょう。

illust3390

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考:米国大使館日本東京

http://japanese.japan.usembassy.gov/j/info/tinfoj-cbp-meds.html

2016年 6月 1日 水曜日

ビールの美味しい季節がやってきました!

各地のビアガーデンも続々とオープンしていますね。

yjimage

ただ、美味しいビールを片手に、出てくる心配が痛風

現在、日本の患者数は約100万人(※)、潜在患者を含めると1600万人とも言われており、一部の人だけでない身近な生活習慣病の一つとなってきました。

(※2010年の厚生労働省の国民生活基礎調査より、「痛風で通院中」の患者数)

 

その痛風の原因は「尿酸」です。

何らかの問題で体内に尿酸が増えすぎると、関節などに尿酸が溜まってしまい、その状態が何年も続くと尿酸は固まり、これが原因で激しい痛みを発生させます。

この尿酸はプリン体が分解してできた老廃物で、上昇の原因としてはプリン体を多く含む食品の食べ過ぎ・飲み過ぎはもちろんのこと、過労やストレスも大きな原因になると言われています。

ストレスがなぜ尿酸値を上げるのか。そのメカニズムはまだ明らかではありませんが、痛風がストレスの多くかかる中間管理職のサラリーマンに多く起こることからも頷けますね。

tameiki_businessman

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、この「痛風」は、そのもので死ぬ人がいないということから深く考えない方も多いですが、痛風で本当に怖いのは合併症です。痛風の合併症の中には、尿路結石などの腎障害の他に、脳・心臓血管障害など命に直接関係するものも少なくなく、痛みが治まったからといって放置しておくのはとても危険です。

まだ症状のない「高尿酸血症」の段階から、積極的に生活習慣を改善し、治療に取り組むことが何よりも大切です。

そこでこの痛風の治療薬として、近年、世界で実に約40年振りに発売された新製品がありますので、少しご紹介します。尿酸生成抑制薬、フェブキソスタットです。

1日1回の服用で血中尿酸値を治療目標値まで低下させること、また、肝臓で代謝された後、糞中と尿中に排泄されることから、腎機能が軽度から中等度に低下した患者さんにも用量調節せずに服用いただくことも可能と言われています。

また、1日1回の服用は、仕事や付き合いの多いサラリーマンにも飲み忘れが少なく、使いやすい薬剤と言われています。

 

でも、まずは薬に頼ることなく生活習慣から!

飲み過ぎ・食べ過ぎは控え目に。

以下はプリン体の多い食品です。くれぐれも摂り過ぎには気を付けましょう!

 

プリン体の多い食品

・鶏肉・豚肉・牛肉のレバー ・煮干し・かつお節・干し椎茸 ・いわし、アジなど魚の干物類、スルメ ・白子、アンコウの肝 ・真いわし、カツオ、車えび、サンマ、マグロなど ・魚介類や肉類を食材とした鍋物の煮汁

(うーん、美味しそうなものが多い!やっぱり痛風は贅沢病と言えるかもしれませんね(笑))

food_bouillabaisse_buiyabesu

シンボルマークのはなし

2016年 5月 16日 月曜日

突然ですが、皆さんはWHO(世界保健機関)の旗(マーク)をご覧になられたことがありますか。

旗には、中心にとある動物が描かれています。何の動物かご存知でしょうか。

 

正解は・・・ヘビです!

杖に巻き付いているヘビの姿が描かれています。

illust-fuyu177

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、なぜヘビと杖なのでしょうか。

これは、ギリシャ神話に登場する、名医アスクレピオスが持っていたとされる杖(アスクレピオスの杖)に由来しています。

アスクレピオスは非常に優れた医師で、最終的には死者すらも蘇らせることができるようになったとされ、医学の神とも言われています。

その彼がヘビの巻きついた杖を所持していたとされることから、アスクレピオスの杖は医療の象徴として広く用いられるようになりました。

 

また、ヘビは脱皮を繰り返す様が“再生”を思わせるといった理由などから、生命力の象徴ともされているようです。

 

そんなヘビ、実は薬学にも縁があります。

それが“ヒュギエイアの杯”。

ヒュギエイアは、先ほど登場したアスクレピオスの娘で、衛生や健康を司る女神とされています。

このヒュギエイアの杯がシンボルとして描かれる場合には、その名の通り、水や薬が入っていると思われる杯に、アスクレピオスの杖同様、『ヘビ』が巻きついている状態で描かれることが多いです。

 

救急車の車体などにも描かれることの多いアスクレピオスの杖とは異なり、日本国内ではあまりピンとこないこのヒュギエイアの杯ですが、諸外国では薬学のシンボルとして用いられているようです。

特にドイツでは、ドイツ語で薬局を意味する“Apotheke”の頭文字であるAの文字の中に、このヒュギエイアの杯を描いた看板を掲げた薬局を、町のあちこちで見かけることができます。

ドイツにお立ち寄りの際には、ぜひ一度ヒュギエイアの杯を目印に薬局を探してみてくださいね。

gatag-00008145

薬の服用時間のおはなし

2016年 5月 1日 日曜日

pr07-01私が病院に勤務していた頃、患者さんが自己調節にて薬を服用しているとお話しされることがありました。例えば痛み止めなど症状によって調節可能な薬剤はあります。しかしながら決められた服用方法のある薬剤もあり薬を効果的に使うためには大切なことです。そこでお薬の服用時間について紹介したいと思います。

 

食後

食事が終ってから30分くらい後に飲みます。ほとんどの薬はこの時間に飲むようになっています。胃の中に食べ物があるうちに飲めば、食べ物と混ざり合って胃に対する刺激が弱められ、胃腸障害を防ぐことが期待できるからです。30分と言っても大体の目安ですから、きっちりと時間をはかる必要はありません。

 

食前

食事をとる30分くらい前に飲むことをいいます。この場合も30分というのは大体の目安です。例えば、食後に飲むと食べ物や胃液によって効果が下がってしまう薬。食事の前に胃の運動を活発にして食欲を起こさせる食欲増進薬などが挙げられます。

 

就寝前

寝る30分くらい前に飲みます。例えば睡眠薬、下剤(目覚めたときにお通じが期待できます)など。

 

食後2時間

食事が終わってからおよそ2時間後、つまり胃の中が空っぽになっているときに飲むことをいいます。「食間」ということもありますが、この場合「食事中」と誤解しないよう気を付けて下さい。食べ物と結びついて吸収されにくくなる薬もあります。

 

頓服薬

頓服薬とは「11回」あるいは「13回」のように定期的に服用する薬ではなく、例えば「痛い時」など、必要な時だけ服用する薬のことです。服用指示には次のようなものがあります。1日何回まで飲んでよいかは医師に確認する必要があります。

 疼痛時・発熱時…消炎・鎮痛及び解熱作用のある内服薬、座薬など

不眠時…睡眠剤など

発作時…狭心症の発作用薬(舌下錠)、喘息の発作止めなど

 yjimageY6HDZ55C

 

 

 

 

下記指示は、この服用方法でなければその薬の目的とする作用が十分に発揮されないものに限られます。

食事中

食事の最中に飲みます。

 

食直前・食直後

食事の前あるいは後に、すぐに服用します。大体の目安は10分くらい前後に飲みます。

 

時間指示

例えば「6時間ごと」「8時間ごと」のように時間で指示のあるものは食事に関係なく一定の時間ごとに飲みます。

 

服用方法はこのように効果への期待や飲み忘れがないように配慮して決められています。

薬の服用に対してわからないことがあれば気兼ねなく医師、薬剤師へ相談しましょう。

gatag-00008066