検索

Site search

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

お魚のはなし

2021年 10月 15日 金曜日

秋も深まり、食欲の季節ですね。

秋の旬の魚といえば秋刀魚ですが、今年は召し上がられたでしょうか?

今回はお魚についてお話します。

お魚にはたくさん栄養素が含まれており、

今回は代表的なものを紹介していきたいと思います。

○タンパク質

3代栄養素の1つで、筋肉・内臓・皮膚・爪・毛髪などをつくる栄養分です。

タンパク質を構成しているアミノ酸は20種類あり、その中でも必須アミノ酸は食事でとる必要があるので食事でタンパク質をとることは大事です。

○カルシウム

特に小魚に多く、骨や歯にとって大切な栄養素です。

将来骨がもろくなる骨粗しょう症の予防のためにも摂取することが大切です。

○DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)

DHA、EPA共に高度不飽和脂肪酸です。

血液をサラサラにしてくれるので、高脂血症や動脈硬化を防ぎ、様々な生活習慣病の予防に役立ちます。

現代の日本では魚の消費量が年々減少しています。

しかし島国という利点を生かし色んなお魚を食べることができるので、積極的に食べましょう。

それでは最後に、旬のお魚で代表的なものをお伝えします。

:サワラ、ニシン、ワカサギ、メバル

:ウナギ、ハモ、メバチマグロ

:サンマ、アジ、アマダイ

:タラ、カレイ、ブリ、カキ、ヒラメ

旬のお魚は漁獲量も多くお安く食べることができ、栄養価も高いので

季節を感じて色んなお魚を食べましょう。

糖尿病のはなし

2021年 10月 1日 金曜日

糖尿病とは血糖の高い状態が続くことにより、血管に障害が生じる病気です。

細い血管に起こる障害と太い血管に起こる障害があります。

細小血管障害(細い血管に起こる障害)

・糖尿病性神経障害

・糖尿病性網膜症

・糖尿病性腎症

大血管障害(太い血管に起こる障害)

・脳血管障害

・虚血性心疾患

・閉塞性動脈硬化症

細小血管障害は「しめじ」の順番に発症することが多いと言われており、「し」は神経障害、「め(目)」は網膜症、「じ」は腎症です。すべての患者さんで順番にこれら合併症が出るわけではありませんが、だいたい神経障害は5年以内、網膜症は10年以内、腎症は15年以内に発症すると言われています。

大血管障害は糖尿病特有のものではありませんが、高血糖が続くと動脈硬化が加速して発症しやすくなります。

糖尿病治療の目的は、糖尿病があっても血糖をコントロールして、糖尿病がない人と同じ健康寿命を保つこと(健康日本21より)とされており、血糖コントロールをするために以下のことが重要です。

  • 食事療法

朝・昼・夕食を規則正しく食べ、栄養のバランスを考えることが大切です。各個人に適正な1日に必要なエネルギー量を摂取しましょう。

最近では糖尿病患者さん用の宅配弁当もあるので、うまく活用しましょう。

  • 運動療法

運動することにより血糖を下げるインスリンの効果が発揮しやすい状態になります。有酸素運動と筋力トレーニングをバランスよくしましょう。薬物療法を受けている患者さんで急激に激しい運動をすると、低血糖を招く恐れがあるので主治医と相談して行いましょう。

  • 薬物療法

糖尿病治療薬の開発が進み、最近では色々なタイプの薬があります。

・経口血糖薬:スルホニル尿素(SU)薬、速効型インスリン分泌促進薬、DPP-4阻害薬、

α-グルコシダーゼ阻害薬、SGLT2阻害薬、ビグアナイド薬、

       チアゾリジン薬

・注射薬:インスリン、GLP-1受容体作動薬

高血糖状態が続くとQOLの低下や予後不良を招くことになります。糖尿病とうまく付き合うために食事・運動療法をしっかり行い、薬物でうまくコントロールしましょう。

調剤薬局のはなし

2021年 9月 15日 水曜日

「今回はどうされましたか?」

調剤薬局で聞かれるのはなぜだろうと不思議に思われたことはありませんか?

 

調剤薬局で働いていた時、

「病院で診てもらったのに何で薬局は病名などわからないの?」

「また一から症状伝えないといけないの?」

このように患者さんからよく言われました。

 

私自身薬剤師になるまでは患者として同じ疑問を持っていたのでお気持ちは非常によくわかります。

 

実は・・・

調剤薬局では病院のカルテを見ることはできません。

処方箋には病名や症状も書かれていません。

(処方箋に載っているのは、

患者の氏名、年齢、性別、薬の名前とその用法、用量、処方せんを発行した医師と病院名、処方箋が発行された日付です。検査値については最近載せてくれるものも増えてきましたが、まだまだ少ないです)

 

ですので、処方箋だけだと薬剤師は

(この薬が耳鼻科から処方されてるから病名はこれかな・・・)

(この年齢だと体重はこのくらいだろうからこの量は適切だろうな・・・)

と推測することが非常に多いのです。

推測だらけだと患者さんにあった薬をお渡しできるかの判断がとても難しいのです。

 

ということで、調剤薬局で

病院でも同じことを聞かれたであろうという質問を再び患者さんに聞き、

病院とは別に問診を記入していただき、

さらにお薬手帳を持ってきてください

とお願いしているのです。

 

このように書くとものすごーくめんどくさい存在という感じになってしまいますが、、、

 

調剤薬局で患者さんとお話させていただくことで、

・処方されている薬が体に合わない

・今飲んでいる薬と飲み合わせがよくない、成分が重複している

ということがわかることが結構多いのです。

 

具体的には、

「風邪で短期間しか薬飲まないから大丈夫!」

と思っている方でも、いろいろとお話することで

・前にひどい下痢をしたことのある抗生物質と似た薬が出ている

・タクシー運転手で眠気が出たら困るのに眠気が出る可能性がある総合風邪薬が処方されている

・実は別に受診している歯科から同じ痛み止めと抗生剤が処方されていた

 

・・・などの理由で処方医に薬を変更してもらうということが毎日のようにありました。

 

「病院で長く待たされ、体もしんどいのに、また薬局でも待たされたり色々話すのはしんどい!!」

本当にお気持ちわかります。私もそうです。

 

ですが、

より安全にお薬を服用していただくために、ご自身のお体を守るためにご協力いただけるとありがたく思います。

 

また、ご自身の病気のことや薬のことについて、

「お医者さんに言うの忘れた!聞くの忘れた!聞きにくい!」

そんなことありませんか?すべてにお答えできないこともありますが、お気軽にご相談ください。

 

調剤薬局の薬剤師はしんどい時に色々と聞いてくるめんどくさい人!ではなく、

ご自身の健康を守るための身近なパートナーと考えていただけるとうれしいと思っております。

お薬手帳のおはなし

2021年 9月 1日 水曜日

皆さんは、お薬手帳はお持ちでしょうか?

病院や薬局を利用すると必ずと言って良いほど聞かれると思います。

持っていない方、各施設で作ってしまい何冊も持っている方、持っているが必要性がいまいちわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はお薬手帳の役割についてお話しします。

 

医薬品には膨大な数の種類があります。さらに現在はジェネリック医薬品といって同じ成分、同じ効能なのに違う名称で販売されている薬も数多くあります。

複数の病院からそれぞれ薬を処方してもらうと、時々同じ成分の薬や、同じ効能の薬、さらには違う症状に対する薬同士で相性が悪く、一緒に飲んではいけない組み合わせなどが出てくることがあります。このような組み合わせをそのままにしていると、想定以上の効き目が現れたり逆に効き目が現れなかったりといったことが起きてしまいます。

そうならないために、複数の病院で処方された薬をまとめて管理できるのがお薬手帳です。さらに薬の内容だけではなく、アレルギー歴や副作用歴を自分で書けるので、薬物治療をより安全に行うことができます。

 

また、お薬手帳は災害時にも役立ちます。災害時にはかかりつけの病院にいけるとも限りませんし、電気が止まるとカルテを見ることも困難です。各医療施設へ医薬品を安定供給することもできなくなるため、数少ない薬の中で代わりとなる薬を処方することになります。そんなときにも、お薬手帳があれば既往歴やいつも服用している薬を知ることができます。

 

災害が多い現代、いつ自分が被災者になるかわかりません。日常の薬剤管理のためだけでなく、災害の備えにもお薬手帳はとても重要なツールです。ぜひ1冊持って頂けたらと思います。

緑内障と治療薬のおはなし

2021年 8月 15日 日曜日

本日は緑内障のおはなしをしたいと思います。

 

緑内障は日本の中途失明の原因として常に上位を占める疾患の一つです。

 

緑内障には開放隅角緑内障閉塞隅角緑内障の2種類があります。日本人に多いのは開放隅角緑内障であり、そのうち正常眼圧緑内障がほとんどを占めると言われています。

 

緑内障治療薬は眼圧を低下させる作用があり、作用機序は房水産生抑制と房水流出促進に分けることができます。ここでは使用されることの多いお薬を取り上げてご紹介していきたいと思います。

 

 

房水産生抑制薬

β受容体遮断薬:チモロール、カルテオロール、ベタキソロールなど。

毛様体に存在するβ2受容体を遮断することで、房水産生を抑制します

薬剤によっては全身性の副作用が発現することがあるため、気管支喘息やコントロール不十分な心不全の患者さんなどには禁忌となっています。

 

炭酸脱水酵素阻害薬:アセタゾラミド、ドルゾラミド、ブリンゾラミドなど。

毛様体上皮の炭酸脱水酵素を阻害して房水産生を抑制します。

利尿作用があるため、内服薬は就寝前の使用は避けるようにしましょう。

 

 

房水流出促進薬

プロスタグランジン製剤:ラタノプロスト、トラボプロスト、タフルプロストなど。

主にぶどう膜強膜流出路からの房水流出を促進する働きがあります。

長く使用を続けていると眼瞼色素沈着やまつげが濃くなる、虹彩色素沈着などの副作用がでることがあります。点眼後に目の周りに付着した点眼液をしっかりふき取るようにしましょう。

 

 

また緑内障の患者さんには眼圧上昇を起こす薬の使用に注意が必要です。

眼圧を上昇させる薬には、抗コリン薬や抗不安薬、抗うつ薬、抗ヒスタミン薬などがあります。特にOTC医薬品のかぜ薬には交感神経刺激作用や抗コリン作用を有する成分が配合されていることも多いため、緑内障の患者さんには市販の風邪薬を購入するときには医師や薬剤師に必ず相談するようにお話しておくと安心です。

桃についてのおはなし

2021年 8月 1日 日曜日

日中の気温もどんどん上がり始め、暑い季節が近づいてきました。

 

 

昨年から、家にいる時間が長く、おいしいものを食べることが楽しみの1つとなっているのですが、今回は、その暑い時期6月~9月頃に旬を迎えるについてのおはなしです。

 

甘くてみずみずしい桃ですが、おいしいだけではなく、様々な良い効果があるようです。

 

桃は、食物繊維やカリウムなどを多く含みますが、食物繊維にはペクチンという成分を含み腸の働きを高め、腸内環境を整える効果があると言われています。

また、ペクチンには、血糖値の上昇やコレステロール値の上昇も抑える働きがあるようです。

 

カリウムは体内にある余分なNaの排泄も行うため、むくみなど改善にもつながります。

 

また、桃は生薬としても使われています。

桃を食べた後に硬い種のような核が残りますが、その中の種子を乾燥させたものが、生薬の「桃仁」です。

その種子には、駆於血の作用があり婦人科系の諸症状に用いられます。

桃仁を含む漢方処方としては、桂枝茯苓丸や桃核承気湯などがあります。

 

まだまだ遠出はできず、家の中で過ごす時間が多いですが、旬のおいしいものでも食べて元気に過ごしたいですね。

舌下免疫療法について

2021年 7月 15日 木曜日

アレルギー疾患に悩む人は増加しています。

アレルギーの原因物質となる「アレルゲン」は非常に種類が多く、主なものとして、

花粉・ペットの毛・ダニ・ハウスダスト

などがあります。

 

有名なものとして、スギ花粉症や、ダニアレルギー性鼻炎などがあります。

スギ花粉症と、ダニアレルギー性鼻炎には、治療法の1つにアレルゲン免疫療法があります。

症状を抑える薬物療法(対症療法)と違い、根本的な体質改善を期待できるのがアレルゲン免疫療法です。

アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、長期にわたって症状を抑えたり、和らげることができます。

近年では、アレルゲンを含む治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるようになりました。

 

今日はこの「舌下免疫療法」についてお話したいと思います。

 

  • 対象となる患者さん

スギ花粉症、又はダニアレルギー性鼻炎の確定診断を受けた方

  • 使い方

アレルゲンを含む治療薬を、1日1回、舌下に定められた時間保持した後、飲み込む。

その後5分間は、うがいや飲食を控える。

ちなみに、ショック・アナフィラキシー等の発現に備え、初回は医師の監督のもと投与し、30分間は安静にする必要があります。

  • メリット

治療終了後の効果の長期の持続、治療薬の減量、QOLの改善

  • デメリット

・長い治療期間(最低2年以上、3年以上が推奨)

・即効性はない(効果発現まで2~3ヶ月)

・100%効果が現れるわけではない

・副作用の可能性もあり

 

「舌下免疫療法」を受けるには専門の知識を持ったお医者様の診察が必要です。

相談できる医療機関の情報は、インターネットからも調べられます。

また、スギ花粉症の舌下免疫療法はスギ花粉飛散時期には開始することができません。

もし、気になる方は、今のうちにご相談を。

飲み物と薬について

2021年 7月 1日 木曜日

薬は水で飲むのが良いと言われていますが、なぜなのでしょうか。

それは薬と飲み物が相互に作用し合い、薬の吸収や効果に差が出てしまうからです。

今回は薬と飲み物の相互作用について、いくつか紹介していきます。

牛乳

医薬品例)抗生物質(テトラサイクリン系、ニューキノロン系)、ビスホスホネート製剤(骨粗鬆症の薬)

牛乳は金属元素のカルシウムが含まれており、カルシウムが薬と結合しキレート錯体を形成します。

その結果体への吸収が低下し、作用が減弱します。

 

グレープフルーツジュース

医薬品例)Ca拮抗薬(高血圧治療薬)、スタチン系(高脂血症治療薬)の一部など

グレープフルーツジュースに含まれているフラノクマリン類が、小腸での薬の代謝を阻害し体内の薬物血中濃度を上昇させます。すると薬の作用が強く出てしまいます。またこの相互作用は数日間続くといわれています。

 

オレンジジュースや柑橘系ジュース、炭酸飲料、コーラ

酸性の性質を持つ飲み物はさまざまな薬と相互に作用します。

医薬品例)クラリスロマイシンドライシロップ製剤(抗生物質)

クラリスロマイシンは苦みが強いため、ドライシロップ製剤では苦みを和らげるコーティングがしてあります。しかし酸性の物質が作用するとコーティング効果が消失し、苦みが増します。

 

医薬品例)ニコチンガム(禁煙補助薬)

飲料により口腔内が酸性に傾き、塩基性であるニコチンの吸収が低下します。

 

 

今回は飲み物が薬の効果に影響する組合せの一部を紹介しました。

もちろん、全ての場合に影響が出るわけではないので、医師や薬剤師に相談してみましょう。

このように飲み物の影響を受ける薬はたくさんあります。そのため薬を飲む際はコップ1杯の水で飲むことをお勧めしています。

おくすりの剤形のおはなし

2021年 6月 15日 火曜日

こんにちは。だんだんと暖かくなり、気持ちのよい季節となりつつありますね。

私の最近としましては、散歩もかねて、近場のおいしいものを巡って楽しんでいます。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今日は おくすりの剤形 についてお話させていただきたたいと思います。

 

お薬には様々な剤形があり、それによって服用方法も異なります。

今日はたくさんあるうちのいくつかの剤形について、お話させていただきますね。

 

 

 

<☆彡 以下の2つは唾液又は水で飲み込むことで、腸から吸収され効果を発揮するおくすりです。>

 

  • 口腔内崩壊錠(OD錠)

口の中に入れるとシュワっと溶けるので、水がなくても飲み込むことができます。高齢者の方など、錠剤を飲み込むのが困難な方に適しているため、最近多く用いられている剤形です。

 

  • チュアブル錠

口腔内でかみ砕いてから飲み込むおくすりです。一般的な錠剤は、かみ砕いてはいけませんが、チュアブル錠はかみ砕くことで服用しやすくなっています。

 

 

 

<☆彡 以下の3つは口腔内に適用することで、口腔粘膜から吸収され効果を発揮するおくすりです。>

注意:飲み込むおくすりではありません

 

  • 舌下錠

名前のとおり、舌の裏に置き、唾液で速やかに溶け出すおくすりを舌下粘膜から吸収します。服用後数分で効果が期待できるため、狭心症の発作の治療などで用いられます。

  • バッカル錠

上顎の奥歯の歯茎と頬の間に挟み込むことで、唾液で徐々に溶け出すおくすりを粘膜から吸収します。錠剤を飲み込むことが難しい患者さんの、疼痛コントロールなどに使われます。

 

※上奥歯の歯茎を頬の間に挟み込むように置きます。そのまま置いておくと自然に溶けて粘膜から吸収されます

 

  • 付着錠

口内炎などにおくすりを直接付着させて粘膜から吸収し、治癒を促します。口内炎の治療などで使われます。

 

 

いかがだったでしょうか。初めて聞く服用方法もあったかもしれませんね。

皆様や皆様のご家族の方などが服用される際に、ご参考になれば幸いです。

 

ぜひ皆様、今後とも体調にお気をつけくださいね。

おいしいものを食べて、リフレッシュしながら頑張りましょう~♡

漢方薬のおはなし

2021年 6月 1日 火曜日

今日は漢方薬についてのお話です。

現在病院にかかっていらっしゃる方も、そうでない方も漢方薬が市販で手に入りやすい環境となりました。

漢方薬の特徴や、西洋医学で使われる薬漢方薬の違い、漢方薬の特徴について説明させていただきます。

 

漢方薬の最大の特徴は、同じ病気でも患者さんの体質によって使う薬が変わってくるということです。

言い換えると、患者さんの体質にあわせてオーダーメイドの医療、つまり、一人ひとりにあった医療を選択することが出来るということです。

今回は患者さんの体質を分類する方法の1つである「虚実」について、簡単に説明していきます。

 

虚実とは、基本的な体力や体格、病気に対する反応のことをいいます。

虚証の場合、体力が無く疲れやすい、抵抗力が弱い、胃腸が弱く下痢をしやすい、冷え症であるといった方が当てはまります。

実証の場合、体力・抵抗力があり、胃腸が丈夫でどちらかというと便秘気味、赤ら顔でのぼせるといった方が当てはまります。

雰囲気としては、虚証は細くてかよわい方実証は力強くがっちりした体格の方となります。

 

虚実に着目して見てみると、風邪を引いた場合でも使う漢方は違ってきます。

元々体力のある実証タイプの方が風邪をひいた時は、葛根湯や麻黄湯がよく効きますが、体力のない虚証タイプの方が風邪をひいた時は、桂枝湯や香蘇散がよく効きます。

しかし、元々体力がある実証タイプの方が働きすぎなどで一時的に弱っている場合等は、実証タイプの方にでも、葛根湯ではなく、虚証タイプに使う桂枝湯が良く効く場合も有ります。

 

このように、同じ病気でもその人の体質によって使う漢方は違ってくるし、同じ人であってもその時の体調や状況でも違う漢方を選ぶことが出来ます。

ですので、漢方では虚証・実証の見分けを含めた、体質の見分けが重要となっています。

虚実以外にも様々な要因が考慮されます。迷われる場合には薬剤師さんに相談してみてはいかがでしょうか。

 

最後に、西洋医学と東洋医学の違いについてです。

現在の医療では、検査で異常がなければ病気ではなく治療の必要はないとみなされますが、ちょっと調子が良くない時、元気だけど体質を変えたいといった時にも漢方での治療の対象となります。

漢方を使った東洋医学の守備範囲は健康な方から重病な方までと、とても幅広いものであるため、色んな症状にうまく漢方を使っていただければと思います。