検索

Site search

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

金属アレルギーのおはなし

2017年 8月 15日 火曜日

『アレルギー』と言ってもその種類は様々で、代表的なものとしては花粉症、食物アレルギー、薬物アレルギーなどがあります。

また、その他にもたくさんのアレルギーがありますが、今日は『金属アレルギー』についておはなしをしたいと思います。

 

『金属アレルギー』とは金属に対するアレルギー反応によって起こる「アレルギー性接触皮膚炎」です。

アクセサリーを付けていた部分にブツブツやかゆみが出たという経験はないでしょうか。

これが『金属アレルギー』と言われるものです。

アクセサリーや時計といった金属製品を身につけているうちに、汗で金属が少しずつ溶け出し、溶け出した金属が体内に入り込み、体内に入った金属が免疫反応によって『異物』と判別され、ブツブツやかゆみなどの症状が起こります。

金属アレルギーの症状は金属が直接皮膚に触れることで皮膚症状が起こる『金属接触アレルギー』だけではなく、直接皮膚に触れている部分から離れた場所または全身に症状が表れる『全身型金属アレルギー』もあり、どちらの症状がでるかは人によって異なります。

また、アレルギー発症までの期間も人によって異なり、原因となる金属を身に付けてから数日で発症する人もいれば、数年経ってから発症する人もいます。

 

症状が軽い場合、原因となったアクセサリーなどに触れないようにすれば数日で治まりますが、ブツブツやかゆみがある症状がひどい場合には早めに皮膚科を受診し適切な治療を受けましょう。

治療は症状に応じて、非ステロイド性抗炎症外用剤やステロイド外用剤などが用いられます。かゆみがひどいときには内服の抗ヒスタミン剤を併用したりもします。

 

金属アレルギーは金属製品を身に付ける人であれば誰にでも起こりうるアレルギーと言え、また、どの金属も原因になる可能性があるので、「この金属は絶対大丈夫!」ということはできません。

そこで、以下のような予防方法で日常から注意をしましょう。

・着用する金属製品はアレルギーの起きにくい金属(チタン、銀、プラチナ、金、亜鉛など)を選び、アレルギーの起きやすい金属(水銀、ニッケル、コバルト、スズ、パラジウムなど)が含まれているものは避ける。

・汗を多くかく時(春夏などの時期やスポーツをするとき)は、金属製品をはずしできるだけ金属に触れないようにする。

 

ちなみに、歯の治療で使用した詰め物が原因で金属アレルギーが発症するということもあります。これまでに歯の治療を行い詰め物をしているという方は、歯科金属が溶け出さないようにするために、口内を清潔に保ち予防を心がけましょう。

ゆっくり効く薬のおはなし

2017年 8月 1日 火曜日

徐放錠(徐放性製剤)という言葉を皆さんはご存知ですか?

今回は小さな錠剤の中に、ビックリするような工夫をしている薬の話です。

 

その前に、まずは口から飲み込んだ薬(今回は錠剤とします)が身体の中でどうやって効き目を発揮するかについて説明したいと思います。

一般的な錠剤は主薬(有効成分)と添加物を混ぜた後、粉末状の材料に圧力をかけて形成し、皆さんよくご存知の錠剤として生まれ変わります。

口から飲み込まれた錠剤は、例外もありますが胃で崩壊(水分が錠剤に浸透することで形が崩れます)し、溶け出した有効成分が小腸から吸収されて肝臓まで到達します。

そこから体内の血流にのって、身体の各組織(患部)に辿り着いたのちに期待された効果を発揮します。

それに対して徐放錠は、溶け出す有効成分の量をコントロールすることで血流にのっている薬の量(血中濃度)をより長く一定に保つことができます。

これは何でもないことのように思えますが―――

・治療に必要な血中濃度を維持できる時間が長い

→薬の服用回数を減らせる

・血中濃度を一定に保ちやすい

→濃度が上がりすぎることによる副作用のリスク、飲み忘れなどで濃度が下がりすぎた場合の効果低下のリスクの軽減

といったメリットが期待できます。

 

ちなみにこの徐放錠、内部の構造は錠剤の種類によって様々です。

・ゆっくり溶け出す錠剤を早く溶ける錠剤で覆う(ロンタブ型)

・それぞれ溶けるスピードが異なる有効成分の顆粒を、複数一緒に固めて錠剤にする(スパスタブ型)

・特殊な材料の中に有効成分を散りばめ、ゆっくり溶け出すようにする(ワックスマトリックス型)

…などなど

上で紹介した以外の内部構造を持つ徐放錠もたくさん開発され、医療現場で使用されています。

 

徐放錠の素材によっては体内で消化されず、便と一緒に排泄されてしまうタイプもあります。

これはゴーストタブレットと呼ばれる徐放錠の抜け殻のようなものです。

決して副作用やご自身の身体の異常ではないですし、激しい下痢などがなければ有効成分もきちんと体内に吸収されているので安心してください。

逆に「薬がそのまま体の外に出てきている!」と不安になって徐放錠を噛み砕いたり、潰して服用したりすると一気に有効成分が身体に吸収されてしまい大変危険です。

 

ご自身の服用されている薬が徐放錠なのか、そうでないのか気になったら、かかりつけの医師か薬剤師に質問してみましょう。

指先ほどの大きさの錠剤にも、服用する人のことを考えた工夫がつめこまれているのですね!

 

参考

日本臨床薬理学会 薬の質問箱:https://www.jscpt.jp/ippan/kusuri/index.html

日本薬剤師会 調剤指針

日焼けのおはなし

2017年 7月 15日 土曜日

7月に入り、暑い日が続いていますが、日焼けが気になる季節だと思います。

そこで、今日は「日焼け」についてのおはなしをしたいと思います。

紫外線は、1年のうちでは6月から8月、1日のうちでは正午頃にもっとも強くなります。強い紫外線に長時間さらされると、皮膚が赤くなってヒリヒリ痛むことがあります。いわゆる日焼けという状態ですが、これは日光皮膚炎(紫外線皮膚炎)という炎症です。

主な症状としては、紫外線にあたった部分が赤くなり、ヒリヒリします。

ひどいときには皮膚のむくみや水ぶくれが現れることもあります。

症状には個人差がありますが、このような炎症症状は、強い紫外線に当たってから6~24時間後にもっとも強くなります。

 

日光皮膚炎になった場合には、まずは冷やすことが大切です。

熱っぽくヒリヒリしている部分に、冷たい濡れタオルを当てるなどしましょう。

ビニール袋に氷と水を入れ、タオルでくるんだものを使うのも良いです。この場合は必ずタオルでくるみ、皮膚に氷を直接当てないように注意が必要となります。

長時間強い紫外線に当たった場合は、皮膚の症状だけでなく、熱射病を起こしたり、発熱したり、脱水になってしまうこともあります。皮膚の炎症による全身の脱水を防ぐためにも、こまめな水分摂取も大切です。

皮膚炎がひどい場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

治療薬としては、炎症の程度に応じて、非ステロイド性抗炎症外用剤やステロイド外用剤などが用いられます。

 

炎症が治まった後にも、化粧水で皮膚に十分な水分補給をし、乳液やクリームなどで肌の保湿をすることも大切です。

また、帽子や服装の工夫で肌に直接日光をあてないようにしたり、日傘や日焼け止めも適切につかい、あらかじめ予防をすることもこころがけましょう。

スイカのおはなし

2017年 7月 1日 土曜日

スイカのおいしい季節になりましたね。

暑いとき、夏バテで食欲が落ちているときなどスイカが食べたくなりますよね。

スイカの原産地は南アフリカです。生産量第1位は中国ですが、国産品も多くあります。

江戸時代には庶民に広まっており、昔からさまざまな品種改良が行われてきました。

現在、世界では150種類以上の品種があると言われています。

日本でも、でんすけすいか、大栄すいか、尾花沢すいかなどさまざまな品種があります。

スイカは水分が多い果物ですが、栄養素も豊富に含んでいます。

赤肉のスイカの果肉部でいいますと、100gあたりのカロリーは37kcal、90%以上は水分ですが、ビタミンA(カロテン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、リン、鉄、カリウムなど多くのビタミン類を含んでいます。

また、スイカには「シトルリン」というアミノ酸が含まれています。

シトルリンは、1930年にスイカから発見された、天然に広く存在する遊離アミノ酸のひとつで、私たちの体内にも存在しています。シトルリンには「血流をよくする」「運動能力を高める」「疲労回復によい」「抗酸化作用がある」などといわれています。

 

古くから庶民の手の届くところにあり、低カロリーで栄養豊富なスイカは、健康食品として多くの人に食べられていました。

 

このように栄養豊富なスイカですが、90%以上が水分なので、毎日たくさん食べることはできませんよね。

そこで、スイカの豊富な栄養を手軽に取る方法として、古くから「スイカ糖」が用いられていたようです。

スイカ糖の作り方は簡単で、スイカの果肉や皮をつぶしたり、ミキサーにかけて布でこします。こした果汁を、灰汁を取りながら煮詰めるだけです。そのままスプーンで1-2杯なめるのもよし、砂糖の代わりの甘味料としても活用できます。

手軽にスイカの栄養素をとれるので、この夏、是非作ってみてはいかがでしょうか。

今年の夏も暑くなりそうですが、旬のスイカをおいしく食べて乗り切りましょう。

6月から熱中症にご注意を!

2017年 6月 15日 木曜日

皆さんもよく耳にした事のある熱中症、「まだ気をつけるのは早いかな」などと考えてはいませんか?

 

実は・・・

暑さに体がまだ慣れていない時期には、8月などの真夏よりも低い温度で熱中症になってしまうのです!熱中症の発生ピークは、梅雨明け直後、または、梅雨明け前の連続した晴天時で、梅雨明け前後の暑さに最も注意が必要です。

 

熱中症の予防についてご紹介する前に、まずは熱中症についてお話しします。

熱中症とは・・・

高温多湿な環境にて、体温の上昇と体温の調整機能のバランスが崩れて、どんどん身体に熱が溜まってしまい、そのために起こる様々な症状の総称です。

具体的には、

めまいや顔のほてり

筋肉痛や筋肉のけいれん

体のだるさや吐き気

汗のかき方がおかしい(ふいてもふいても汗が出る、まったく汗をかいていないなど)

体温が高い、皮膚の異常(皮膚が赤く乾いているなど)

呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

水分補給ができない

などです。

最後の2つの症状は特に重症の可能性があります。無理に対応せず、すぐに医療機関を受診しましょう。

 

最悪死に至る危険性もある「熱中症」ですが、いつでもどこでもだれでも、条件次第でかかる可能性があります。しかし、正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。

 

熱中症対策で特に大切なのは・・・

大量の汗で失われた「水分をこまめに補う」ことと「塩分をほどよく補う」ことです。

なかでも、脱水状態においては、水分と塩分をバランスよくとることができる経口補水液がおすすめです!

ドラッグストアや調剤薬局などで目にしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

経口補水液は、ただ水を飲むより、塩分も補えるため脱水時には適しています。また、スポーツドリンクと比べても、電解質(塩分など)の濃度が高く、体にすばやく吸収できるようバランスが調整されています。

 

ただし、注意が必要な方も・・・

経口補水液は他の飲料と比べて、電解質の濃度が高くなっています。主にナトリウムとカリウムを多く含んでいます。そのため、ナトリウム、カリウムの摂取制限のある「高血圧」「糖尿病」「腎臓病」などの疾患をお持ちの方は注意が必要です。

 

またこのような疾患をお持ちでない方も気をつけないといけないことが・・・

脱水状態や、下痢などがない健康な場合に経口補水液をたくさん飲むと、逆に電解質をとりすぎてしまうことになります。体内の電解質のバランスが崩れ、逆に様々な不調を引き起こすこともあるのです。

小さなお子様も飲みすぎには注意です。電解質をとりすぎないよう、大人より少ない量にとどめる必要があります。経口補水液のパッケージなどに量の記載があるので確認するようにしましょう。

 

まとめると・・・

経口補水液は脱水状態になりやすくなっているときや、脱水状態になってしまったときに適していますが、ナトリウムやカリウムを多く含むため、注意が必要です。

スポーツドリンクは電解質を少し含んでいますが、糖分を多く含むので疲労回復にも効果的なため、激しい運動のときや、脱水状態ではない水分補給に適しています。

もちろん糖分のとりすぎもよくないので、ミネラルウォーターも含めうまく使い分けて、熱中症の予防を梅雨入り前から始めましょう!

 

 

参考文献)

熱中症による救急搬送状況 総務省消防庁(~H28)

熱中症診療ガイドライン 2015

熱中症ゼロへ 日本気象協会

経口補水液についてよくある質問 大塚製薬

セルフメディケーション税制について

2017年 6月 1日 木曜日

みなさんは『セルフメディケーション税制』という言葉を聞いたことがありますか。

『セルフメディケーション税制』は、2017年1月1日から始まった、新しい医療費控除制度です。

 

従来の医療費控除制度は、1年間に自己負担した医療費が、自分と扶養家族の分を合わせて「合計10万円」を超えた場合に、所得税が一部還付されたり、翌年の住民税が減額されたりする制度です。セルフメディケーション税制では、治療のためにドラッグストアなどで購入したOTC医薬品(一般用医薬品)の代金もこの医療費控除制度の対象となります。従来の医療費控除制度は、1年間に合計10万円の医療費がかからなければ医療費控除に該当しなかったところ、今回の『セルフメディケーション税制』では、特定の成分を含んだOTC医薬品の年間購入額が「合計1万2,000」を超えた場合に適用されます。

ただし、セルフメディケーション税制を利用するには、対象となる医薬品、対象となる人に条件があります。

《対象となる医薬品》

対象医薬品は約1,500品目あります。対象製品は厚生労働省のHPでご覧いただける他、製造メーカーの自主的な取り組みにより、パッケージに識別マークの印刷やシールが貼られています。医師の処方せんが必要な医療用医薬品から、OTC医薬品に転用された、いわゆるスイッチOTC医薬品と呼ばれるものが対象となっています。

《対象となる人》

所得税や住民税を納めている人で、適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、①特定健康診査(いわゆるメタボ健診)、②予防接種、③定期健康診断(事業主健診)、④健康診査、⑤がん検診のいずれかを受けている人です。

 

この制度を利用するためには、通常の確定申告に必要な書類の他、対象となるOTC医薬品を購入した際のレシート、定期健康診断を受けたことを証明する書類(領収書、結果通知書など)の提出が必要となります。レシートには、この制度の対象製品に★などの印と「セルフメディケーション税制対象」と記載があるので、レシートや領収書はこまめに保管するくせをつけると良いでしょう。

参)セルフメディケーション税制普及・啓発用チラシ(OTC医薬品協会HPより)、セルフメディケーション税制Q&A(厚生労働省)

味覚のおはなし

2017年 5月 15日 月曜日

近年、味蕾地図が否定されているのはご存知でしょうか。

味蕾地図というのは、舌先では甘味、舌の根では苦味、横では酸味や塩味を感じる、と言われているものです。

ヒトが味覚を感じることには、味を楽しむこと以外に意味があります。

だからこそ、舌の場所によって味の感じ方が大きく違ってはいけないのです。

味覚には、基本五味と呼ばれる5つの味があります。甘味、うま味、塩味、苦味、酸味の5つです。

この基本五味は、ヒトが好みやすい味と不快に思いやすい味に分けられ、前者は、甘味、うま味、塩味の3つ、後者は苦味、酸味の2つです。

なぜ、好みやすいかというと、ヒトが生理的に必要とする成分を示す味だからです。

甘味はエネルギー源となる糖質、うま味はグルタミン酸のようにタンパク源となるアミノ酸、塩味はナトリウムなどのミネラルをそれぞれ示します。

逆に、ヒトが不快に思いやすい味は体内に取り込むのを避けたい成分を示す味になります。

一般的に苦味は毒物の味、酸味は腐敗したものの味であると言われています。

 

このように、ヒトが体内に取り込むべきものか、取り込んではいけないものかを判断するためにも、味覚は重要な手段の一つなのです。

 

基本五味以外にも味はあります。例えば、唐辛子の辛味、もう一つのエネルギー源である脂質味、メントールの涼味なども存在すると言われています。これらの味がなぜ基本味に含まれないのかというと、基本五味の情報を脳に伝える際に使われる味神経が使われないからです。例えば、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンは、温感を脳に伝える神経を介して脳に情報伝達されます。辛い料理を食べると体が温まるのは、温感と同じように脳に伝わるためだと言われています。

 

ここまで述べたように、味覚というのは楽しむためのものだけてはなく、身体に必要なものかどうか認識するための手段でもあります。近年は糖尿病や高血圧などの生活習慣病も問題になっているので、味覚を通して、好きな味のものだけに偏らないようにすることや、食べ過ぎないことを意識してみてはいかがでしょうか。

天然物からの医薬品開発のおはなし

2017年 5月 1日 月曜日

突然ですが「アスピリン」という医薬品をご存知でしょうか。これは解熱鎮痛剤として風邪薬に用いられるくすりで、皆さんも1度はお世話になったことがあるかと思います。実はこのくすり、日本人にも身近でなじみのあるヤナギから採れたサリチル酸をもとに創られたものです。

薬と聞くと合成したものというイメージが強いかもしれませんが、自然に存在する天然物を起源としたものも多いのです。今日は天然物と医薬品開発についてのお話しを致します。

植物は、動物とは異なり動くことができないため、与えられた環境で生き延びるしかありません。そこで植物はあらゆる化学反応を駆使し、多岐にわたる化合物を生み出すことで生命活動を維持しようとします。そのために植物から得られた天然物には生理活性に富んだものが多く、医薬品として多く利用されてきました。

例えば、植物からつくられた有名な抗がん剤として、

・ニチニチソウから抽出された【ビンブラスチン】

・タイヘイヨウイチイから抽出された【パクリタキセル】

・喜樹(キジュ)に含まれるカンプトテシンの構造を基に創られた【イリノテカン】などがあります。

他にも、近年ではクソニンジンから見つけられた抗マラリア薬の【アルテミシニン】は、2015年のノーベル生理学・医学賞で注目されました。

このように現在の医療に欠かせない多くの医薬品が天然物をルーツとして創られています。実際、市場に出された医薬品のうち5割以上が自然に存在している天然物をもとに開発されたものだそうです*1

その一方で、天然物からくすりを創りだすには課題も様々あり、効率性という点では合成物の方が優れているイメージがあります。しかしながら、自然には、未知なる医薬品の資源として未だ手付かずの天然物が残っています。そして多くの天然物は、合成技術だけでは創造できないような多彩で複雑な構造を持つため、大いなる可能性を秘めています。今後も天然物は人々の健康に貢献できる創薬資源として期待できます。

 

私たちは過去もこれからも、自然から多大なる恵みを受けつづけていくことに違いありません。

 

参考資料

1) D. J. Newman & G. M. Cragg: J. Nat. Prod., 75, 311

(2012).

2)創薬科学入門─薬はどのようにつくられる?

3)化学と生物 Vol. 54, No. 1, 2016

水分のおはなし

2017年 4月 15日 土曜日

人間の体を構成している成分のうち、最も多いのが水分です。

その割合は成人で約60%を占めており、血液やリンパ液をはじめ、細胞の内外や皮膚などあらゆる部位に分布しています。

 

体内での水分の役割は多岐にわたりますが、いずれも生命維持に欠かせない重要な働きをしています。

代表的な働きとして、

 

  • 体温を保つ

運動を行うとエネルギーを多く使用するため、多くの熱が生まれます。水は蒸発するときに熱を奪いますので(気化熱)、汗をかくことにより熱が奪われ、体温を調節しています。

 

  • 栄養や老廃物を運ぶ

栄養素や老廃物を運ぶ血液の主成分は水であり、体内で行われる栄養素の消化・吸収はいずれも水に溶けた状態で行われます。十分な水分がないことには栄養素の運搬、消化、吸収にも影響がでてきてしまいます。

 

  • 発汗や排尿により体内の水分量を一定に保つ

水分を多くとると尿の量は増えます。逆にあまり水分をとらなかったり、汗をよくかくと尿の量は少なくなり、体内の水分量は一定に保たれます。

 

体内の水分が20%以上失われてしまう、生命にかかわることがあります。1%程度の水分が失われると、のどの渇きを感じ、水分を補うように働きます。

水分不足は熱中症の原因にもなります。発汗が続くと体液も失われ、水分不足になり、体内の電解質が失われます。さらに体液が失われると、いよいよ発汗作用も止まってしまい、体温を下げることができなくなり、身体に異常がおこります。

 

水分不足を防ぐためには、のどの渇きを感じる前に、こまめに水分補給することが大切です。運動や入浴後前後、朝起きた時や寝る前など、こまめに水分を補給するようにしましょう。暑い時期には発汗量が増え、脱水症状をおこしやすいので、いつも以上に意識して水分をとるようにしましょう。

また、ただ単に水分だけをとるのではなく、塩分補給も大切です。スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。ただし、かかりつけ医から水分や塩分の制限をされている場合は、よく相談の上、その指示に従ってください。

『梅干し』の疲労回復のおはなし

2017年 4月 1日 土曜日

冬から春に掛けては梅の季節ですね。

その梅の実を塩漬けにして、日干しをしたものが梅干しになります。

 

日本では昔から梅干しは、健康食品として親しまれています。

梅干しは家庭でも簡単に作ることが出来、おにぎりやお弁当、料理など色々なものに取り入れられています。

手軽に取り入れることが出来るのも、親しまれている理由かもしれません。

梅干しで有名な効果の一つは『疲労回復』でしょうか。

その疲労回復に一役買っているのが、梅干しに含まれているクエン酸という成分です。

 

ダメージを受けた細胞の修復をしてくれるATPは、『クエン酸回路(ATPサイクル)』と呼ばれる回路から作られています。このクエン酸回路を活発にしてくれる成分が、クエン酸と言われています。

 

クエン酸は梅干しだけでなく、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類にも含まれている事が知られています。

運動などで体力が消耗しているときは糖質を一緒にとると良いので、よく見かけるレモンのはちみつ漬けなどは理にかなった食べ物と言えます。

またクエン酸は酸味成分のため、酸味が苦手な場合には、はちみつと摂ると良いと紹介されていることもあるので、食べやすい方法の一つのようです。

 

疲労回復で有名な『ビタミンB群』とクエン酸を一緒に取るのも効果的と言えます。

先ほどのクエン酸回路にはビタミンB群も関わっているので、クエン酸と合わせて摂ることによって回路をスムーズに動かしてくれます。ビタミンB群が入っている食品は豚肉が有名ですが、動植物食品に広く入っていると言われているので、こちらも比較的摂りやすい成分ではないでしょうか。

これから気温が上がってくる時期です。

夏バテの時に梅干しを食べることで塩分補給も出来るので、水分と一緒に取ると疲労回復と合わせて理想的かもしれません。

また梅干しは『殺菌効果』でも知られており、おにぎりやお弁当に入れられている理由のひとつです。これからの時期には効果発揮が期待できそうですね。