おくすりの剤形のおはなし

2021年 6月 15日 火曜日

こんにちは。だんだんと暖かくなり、気持ちのよい季節となりつつありますね。

私の最近としましては、散歩もかねて、近場のおいしいものを巡って楽しんでいます。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今日は おくすりの剤形 についてお話させていただきたたいと思います。

 

お薬には様々な剤形があり、それによって服用方法も異なります。

今日はたくさんあるうちのいくつかの剤形について、お話させていただきますね。

 

 

 

<☆彡 以下の2つは唾液又は水で飲み込むことで、腸から吸収され効果を発揮するおくすりです。>

 

  • 口腔内崩壊錠(OD錠)

口の中に入れるとシュワっと溶けるので、水がなくても飲み込むことができます。高齢者の方など、錠剤を飲み込むのが困難な方に適しているため、最近多く用いられている剤形です。

 

  • チュアブル錠

口腔内でかみ砕いてから飲み込むおくすりです。一般的な錠剤は、かみ砕いてはいけませんが、チュアブル錠はかみ砕くことで服用しやすくなっています。

 

 

 

<☆彡 以下の3つは口腔内に適用することで、口腔粘膜から吸収され効果を発揮するおくすりです。>

注意:飲み込むおくすりではありません

 

  • 舌下錠

名前のとおり、舌の裏に置き、唾液で速やかに溶け出すおくすりを舌下粘膜から吸収します。服用後数分で効果が期待できるため、狭心症の発作の治療などで用いられます。

  • バッカル錠

上顎の奥歯の歯茎と頬の間に挟み込むことで、唾液で徐々に溶け出すおくすりを粘膜から吸収します。錠剤を飲み込むことが難しい患者さんの、疼痛コントロールなどに使われます。

 

※上奥歯の歯茎を頬の間に挟み込むように置きます。そのまま置いておくと自然に溶けて粘膜から吸収されます

 

  • 付着錠

口内炎などにおくすりを直接付着させて粘膜から吸収し、治癒を促します。口内炎の治療などで使われます。

 

 

いかがだったでしょうか。初めて聞く服用方法もあったかもしれませんね。

皆様や皆様のご家族の方などが服用される際に、ご参考になれば幸いです。

 

ぜひ皆様、今後とも体調にお気をつけくださいね。

おいしいものを食べて、リフレッシュしながら頑張りましょう~♡

漢方薬のおはなし

2021年 6月 1日 火曜日

今日は漢方薬についてのお話です。

現在病院にかかっていらっしゃる方も、そうでない方も漢方薬が市販で手に入りやすい環境となりました。

漢方薬の特徴や、西洋医学で使われる薬漢方薬の違い、漢方薬の特徴について説明させていただきます。

 

漢方薬の最大の特徴は、同じ病気でも患者さんの体質によって使う薬が変わってくるということです。

言い換えると、患者さんの体質にあわせてオーダーメイドの医療、つまり、一人ひとりにあった医療を選択することが出来るということです。

今回は患者さんの体質を分類する方法の1つである「虚実」について、簡単に説明していきます。

 

虚実とは、基本的な体力や体格、病気に対する反応のことをいいます。

虚証の場合、体力が無く疲れやすい、抵抗力が弱い、胃腸が弱く下痢をしやすい、冷え症であるといった方が当てはまります。

実証の場合、体力・抵抗力があり、胃腸が丈夫でどちらかというと便秘気味、赤ら顔でのぼせるといった方が当てはまります。

雰囲気としては、虚証は細くてかよわい方実証は力強くがっちりした体格の方となります。

 

虚実に着目して見てみると、風邪を引いた場合でも使う漢方は違ってきます。

元々体力のある実証タイプの方が風邪をひいた時は、葛根湯や麻黄湯がよく効きますが、体力のない虚証タイプの方が風邪をひいた時は、桂枝湯や香蘇散がよく効きます。

しかし、元々体力がある実証タイプの方が働きすぎなどで一時的に弱っている場合等は、実証タイプの方にでも、葛根湯ではなく、虚証タイプに使う桂枝湯が良く効く場合も有ります。

 

このように、同じ病気でもその人の体質によって使う漢方は違ってくるし、同じ人であってもその時の体調や状況でも違う漢方を選ぶことが出来ます。

ですので、漢方では虚証・実証の見分けを含めた、体質の見分けが重要となっています。

虚実以外にも様々な要因が考慮されます。迷われる場合には薬剤師さんに相談してみてはいかがでしょうか。

 

最後に、西洋医学と東洋医学の違いについてです。

現在の医療では、検査で異常がなければ病気ではなく治療の必要はないとみなされますが、ちょっと調子が良くない時、元気だけど体質を変えたいといった時にも漢方での治療の対象となります。

漢方を使った東洋医学の守備範囲は健康な方から重病な方までと、とても幅広いものであるため、色んな症状にうまく漢方を使っていただければと思います。

 

梅雨と頭痛のおはなし

2021年 5月 15日 土曜日

GWが終わり、もうすぐ梅雨の時期ですね。

今回は梅雨と頭痛の関係性についてお話したいと思います。

 

ご経験がある方も多いかもしれませんが、雨の日に何故か頭が痛くなる・重くなるといった症状が出る事があります。

 

「天候」「頭痛」一見関係ないように思えますが、実は頭痛が起こるメカニズムを理解すれば、天候が影響していることも分かります。

 

では頭痛の起こるメカニズムを見てみましょう!

 

 

 

何らかの要因(ストレス、自律神経、ホルモンバランスの乱れ、飲酒など)

頭の中の血管が収縮

元の環境に戻そうと、頑張って血管が拡張しようとする

血管拡張により周りの神経が圧迫・刺激され頭痛が起こる

 

 

さて、天候がどこに影響しているのかというと、、、

1番最初の何らかの要因に天候も含まれます。

 

梅雨の時期になれば低気圧といった天候の変化が起こります。

この低気圧が頭蓋内圧を変化させ、血管収縮を引き起こします

後は血管が拡張しようとし、上記のメカニズムと同じく頭痛を引き起こします。

(※諸説あり。)

 

また雨が降り続く湿った環境冷えの状態が続くなどもストレス要因となり、頭痛を引き起こす引き金となります。

 

 

低気圧が原因で起こる頭痛の対処法

・痛い場所を冷やす。

・光や音の刺激が少ない場所で、しばらく静かに過ごす。

・コーヒーを飲む(含有しているカフェインが血管収縮を引き起こし、一時的に頭痛の原因である血管拡張を抑える。)

・睡眠をたっぷりとり、ストレスを溜めない。

 

冷え、肩こりなど血行不順が原因で起こる頭痛の対処法

・首周りを温める。

・ウォーキング・ストレッチなど軽度な運動を行い、体を動かす。

 

 

今回は梅雨と頭痛のおはなしという事で、気圧の変動によって起こる頭痛(1次性頭痛)についての対処法をお話しました。

これ以外にも、何らかの外傷・疾患が原因で起こる2次性頭痛の場合もありますので、突然の痛み・熱を伴う・吐き気を催す頭痛などが現れた場合は自己判断で対処せず、直ぐに医療機関へ受診して下さいね。

 

胃痛のおはなし 

2021年 5月 1日 土曜日

春はいろんな初めてと出会う季節ですね。

新生活のわくわくと同じくらい不安を感じることもあると思います。

 

慣れない生活で疲労やストレスが溜まり、ついつい食べ過ぎ、飲み過ぎちゃう…。

そんな日々が続くと、おや?胃が痛くなってきた―――

 

なんていうことがあるかもしれません。

そこで今回は、胃痛についてお話しようと思います。

 

 

 

一般的に胃痛の原因としては、ストレスや生活習慣の乱れ、暴飲暴食などの食生活の乱れ、ピロリ菌などが挙げられます。

 

1.ストレスや生活習慣の乱れ

精神的なストレスを受けることで、胃の働きをコントロールしている自律神経が乱れ、胃粘膜保護機能が低下します。また、胃酸の過剰分泌も引き起こし、胃酸が胃粘膜を刺激して痛みが発生します。

疲労や寝不足などの生活習慣の乱れも、自律神経の乱れを引き起こす要因となります。

 

2.食生活の乱れ

暴飲暴食、脂っこい食べ物の摂り過ぎや、アルコールやコーヒー、辛い食べ物など刺激物の摂り過ぎは胃酸の分泌を亢進させます。それにより胃粘膜が傷つけられ、痛みを生じます。

 

3.ピロリ菌

ピロリ菌が産生する毒素やアンモニアにより胃粘膜が傷つけられます。

胃がんとの因果関係も指摘されているため、感染が確認された人は除菌治療が推奨されています。

 

この他、喫煙も胃痛を引き起こす要因と言われています。

 

 

様々な要因によって引き起こされる胃痛。

では自分でできる対策や予防法(セルフケア)にはどんなものがあるでしょうか。

 

 

 

  • ストレスを解消する

ストレスは溜め込まず、こまめに解消することが大事です。

適度な運動や十分な休息。自分が楽しいと思う時間を過ごしましょう。

 

  • 食生活の改善

先述したように、胃酸の分泌を促進する食品の摂り過ぎは×!!

規則正しい食生活を心がけましょう。

また、胃痛が起きている時はやわらかく、消化の良いものを摂るようにしましょう。

食事はよく噛んで、ゆっくり食べましょう。冷たい料理よりも温かい料理のほうが胃に優しいです。

食後の休息も忘れずに。

 

【胃が痛いときに避けたほうが良い食品】

・脂肪分の多い食品

・塩分、糖分の多い食品

・香辛料、お酢など刺激の強い食品

・嗜好飲料(アルコール飲料、炭酸飲料、コーヒー、紅茶、濃い緑茶など)

・熱すぎる、冷たすぎる食品

 

※私の経験上、こってりした食べ物やケーキ、チョコレートなどの脂肪分・糖分の高い食品は特に胃が痛くなりやすいです。(最近ではカルボナーラを食べて胃が痛くなりました)

 

 

【胃が痛いときに適した食品(消化の良い食品)】

・穀類(お粥、うどん、食パンなど)

・卵

・乳製品(牛乳、ヨーグルトなど)

・魚類(白身魚など)

・肉類(ささみや赤身など、脂の少ない肉類)

・豆類(豆腐、納豆など)

・野菜類(白菜やほうれん草など、食物繊維の少ない野菜)

・イモ類(かぼちゃ、じゃがいもなど)

・飲料(緑茶、麦茶、紅茶、乳酸飲料など)

・菓子類(ビスケット、クッキー、カステラ、ゼリーなど)

 

※人によって適さない食品もあります。自分の体調に合った食品を摂りましょう。

胃痛がいつまでも改善しない、下痢や便秘、嘔気・嘔吐など他の症状を併発する、激しい痛みがあるなどの場合は早めに医療機関を受診するようにしましょう。

 

 

胃が痛くて食べたいものも食べられない状態は本当につらいです。

規則正しい生活を心がけて、楽しいお食事ライフを送りましょう。

 

花粉症シーズンによく見かける漢方薬のおはなし

2021年 4月 15日 木曜日

 

薬局に勤めていた頃に患者さんから「眠くなるのは困るから、先生に相談してみたんです」という声を何度か聞いたことがありました。

その時によく見かける漢方薬が『小青竜湯』でした。

漢方薬の多くは生薬を幾つも配合されたもので、私がどの生薬にどういう風に効くのか分からず、その時調べた事を皆様にも共有できたらと思います。

まず、小青竜湯を構成している生薬は麻黄、桂皮、芍薬、半夏、五味子、細辛、乾姜、甘草の8つです。

各生薬の特徴や働きを簡単に紹介します。

麻黄はエフェドリンを含有し、咳を鎮め発汗作用があります

桂皮は体を温め弱い発汗作用があるとされる生薬です

芍薬はぺオニフロリンを含有し痛みを和らげる効果があります

半夏は体内の水分バランスを改善する利水作用があるとされています

五味子は酸味のある生薬で咳や痰改善する効果があるとされています

細辛は利水作用があり、去痰や鎮咳作用があるとされています

乾姜は散寒作用があり、体を温める作用があるとされています

甘草はグリチルリチンを含有し抗炎症作用があります

 

このような生薬が配合されており、水っぽい鼻水がでる人に用いられています

漢方薬は効き目が遅いというイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、小青竜湯は効果発現が早い漢方薬です。私が実際に服用した時は服用後1時間後には鼻水の症状を忘れていました。(これはあくまで個人的な感想であり、実際は個人差があります)

 

また鼻詰まりや蓄膿症のようなタイプの花粉症に使われるのが『葛根湯加川芎辛夷』というお薬です。

この漢方薬は葛根湯に川芎と辛夷の2つ生薬を加えた漢方薬です。この2つの生薬が加わることで、鼻の通りをよくするため、粘性のある鼻水や鼻づまりがある人に用いられます。

 

花粉症で鼻水にお悩みの方は体質や症状に合わせてセルフメディケーションとして漢方薬を使用してみてもいいかもしれません。漢方薬は症状だけではなく、個人の体質によってお薬を選ぶため、自身にあったお薬を選ぶためにも、専門の薬剤師などへ相談してみましょう。

 

 

 

桜のおはなし

2021年 4月 1日 木曜日

年度も切り替わり、空気もめいてきました。

今年は桜の開花が例年に比べて早く、3月に開花を迎えた地域も多いようです。

皆さんも一度はお花見をしたり、通勤や通学中見かけたりと、

桜はこの時期とても馴染み深いものかと思います。

 

今回はそんなについてのお話です。

 

日本では桜を様々なものに使用してきた歴史があります。

桜の種類もたくさんあるのですが、それぞれ用途によって使い分けられています。

 

例えば

八重桜の花は塩漬けして桜茶に、

オオシマザクラの葉は桜餅に巻いて使用されています。

ヤマザクラは燻製を作るときに使用する桜チップなどにも使用されています。

 

そんな桜も古くから薬として使われている歴史があるのをご存じですか?

一説によると、江戸時代から使われていたという話もあるそうです。

 

薬として使用されるのは主にヤマザクラまたはカスミザクラ桜の木の皮で、

効能は

鎮咳(咳止め)

去痰(痰切り)

といったものが広く知られています。

 

その他にも

解毒

排膿(膿を出す)

などの効果があるとされており、漢方薬に配合され利用されたりもしています。

 

今年は新型コロナウイルス流行に伴いお花見などを開催する機会は

残念ながら減ってしまっている事も多いかと思いますが、

感染対策をして桜を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

片頭痛のおはなし

2021年 3月 15日 月曜日

日本人の8.4%、およそ840万人が片頭痛に悩まされていると言われています。

私もその中の1人で、市販の鎮痛薬を常備しています。

片頭痛は頭痛の中でも一次性頭痛(明らかな基礎疾患のない慢性の頭痛)に分類されます。他にも一次性頭痛の代表的なものとして緊張型頭痛群発頭痛があります。

いずれも時々寝込んでしまうほど辛い症状の人もいれば、日常生活に支障がほとんど無い人もいて、痛みの程度は個人差があります。

片頭痛には性差があり、男性より女性のほうがなりやすいと言われています。理由ははっきりとは分かっていませんが、女性ホルモンが影響していると言われています。

〈症状〉

・こめかみの辺りが脈とともにズキンズキンと痛みます。

・頭の片側が痛むことがほとんどですが、両側痛むこともあります。

吐き気や嘔吐を伴うことがあります。

強い光や大きな音で頭痛がひどくなることがあります。

・前ぶれ(前兆とも言います):目の前がチカチカする などがあります。

 

〈原因〉

食事や睡眠不足、ストレス、天候の変化、光、タバコの煙

仕事や人間関係、家庭問題などの心理的ストレス など

 

〈治療〉

・軽度~中等度:消炎鎮痛薬

・中等度以上または過去に消炎鎮痛薬が無効:片頭痛治療薬

 

心理的ストレスが原因になっている場合は、抗うつ薬、精神安定剤などの服用で軽減することもあります。

 

片頭痛治療薬について

・トリプタン系薬剤:スマトリプタンなど

・エルゴタミン製剤

いずれも服用に際しては飲み合わせ、服用量、服用タイミングなどに注意が必要です。医師または薬剤師の指示に従って正しく服用するようにしましょう。

 

 

 

抗ヒスタミン薬によるインペアード・パフォーマンス

2021年 3月 1日 月曜日

花粉症の薬を飲むと眠気のようなものを感じた経験が皆さんあるのではないでしょうか。

 

 

実は普通の眠気とは異なり、薬が脳の動きを鈍くし、集中力や判断力などを低下させてしまう為に起こるもので、インペアード・パフォーマンスと言います。脳の働きを鈍くするので、鈍脳(どんのう)とも言われています。なぜこういう現象が起きてしまうのかというと、薬が体の中で作用する場所の問題です。鼻や皮膚で薬が作用するとアレルギーを抑えてくれますが、脳の中で作用するとインペアード・パフォーマンスが起きてしまうのです

 

では、花粉症の薬を飲んだらこのような副作用を我慢しなければいけないのか?というと、そうではありません。眠気が出にくい種類の薬も存在します、第二世代の抗ヒスタミン薬です。第一世代の抗ヒスタミン薬は脳の中へ薬剤が移行しやすく眠気が出やすかったのですが、第二世代ではその点が改善されたものとなっています。

 

第一世代は即効性がありますが、眠気のほかにも、口が渇きやすくなる、便秘、胸焼けなどの副作用が強い傾向があります。比較して、第二世代は効果が穏やかで、抗ヒスタミン作用だけでなく、アレルギー症状を抑える抗アレルギー作用を併せ持つものも多くあります。

 

また、花粉症でも主症状によって薬の選択が変わってきます。くしゃみ・鼻水であれば抗ヒスタミン薬や化学伝達物質遊離抑制薬、鼻づまりであれば抗ロイコトリエン薬や鼻噴霧用ステロイド薬などが適しています。複数の症状に対応できる合剤も存在しますので、ご自身の体調に合わせてチョイスしてみましょう。

 

 

くすりはりすく。病は気から。

2021年 2月 15日 月曜日

みなさんは薬の語源って知ってますか?
今でこそ薬はとても身近なものになりましたが、
昔は薬は高価で手に入りにくいもので、
簡単に服用できるものではありませんでした。

今回は特に作用がマイルド(緩徐)というイメージのある
漢方についてお話します。

漢方は古代中国で生まれ、とても長い歴史を持ちます。
主に植物由来のものが多く、動物由来のものや鉱物も含まれます。

作用がマイルドだから常用しても大丈夫という
イメージを持ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

しかし、近年、乱用が問題になっている漢方があります。
皆さんご存知ですか?

それは漢方の 便秘薬によく使われている
センナやダイオウ、アロエ、ビサコジルです。

これらに含まれている成分はどれも
刺激性下剤と呼ばれるお薬で
大腸を刺激することにより便意を促します。

しかし、常用すると刺激に体が慣れてしまい
増量しないと効かなくなるという現象が起きてきます。

そこで症状を改善するために
お薬を増量してのむことを繰り返していると
大腸に色素沈着が起こったり、
大腸がんの発生リスクを増加させてしまう危険性もあります。

便秘薬は比較的に気軽に体調に合わせて飲んでいる方も多いと
思いますが、医師の判断をしっかり守って服用してください。

また、お薬ではないハーブや市販されている便秘薬にも漢方が含まれていることが多いので注意が必要です。

薬は治療上の有益性が、副作用を上回る場合に使われるもの
それを頭に置いてお薬を正しく使ってくださいね。

 

 

 

 

みかんのおはなし

2021年 2月 1日 月曜日

まだまだ寒い日が続きますね。(+_+)

私は冬になると、よくみかんを食べます。

 

 

 

 

今回は、そのみかんについてのお話。

 

皆さんは、みかんの薄皮は食べますか?

私は食べます!しかもスジごとパクッと!

 

皆さんもご存じの通り、みかんはビタミンCを含んでいます。

お手軽に食べられるみかんは、冬の風邪の予防に最適だと思います。

 

そのみかんの薄皮やスジに、色々な栄養素が含まれているのはご存じでしょうか。

そのうちペクチンヘスペリジンについて少し説明させていただきます。

 

食物繊維であるペクチンには整腸作用があり、便秘や下痢を調節します。

私は、おかげ様で便秘知らず。(*^_^*)

 

フラボノイドであるヘスペリジンは、ビタミンPと言われるビタミン様物質で、血流を改善し、血圧やコレステロール値を下げ、リラックスさせる効果があるようです。

 

温州みかんの皮を1年以上乾燥させると陳皮と言われる生薬になります。

この生薬の効果は、芳香性健胃、去痰、鎮咳、嘔吐、と様々ですが、陳皮の主成分はヘスペリジンと言われています。

 

極度に食べすぎると、体が冷えることもあるので、注意してください。

食べ慣れていなければ、みかんを薄皮&スジごと食べる事に抵抗があるかもしれませんが、便秘の方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

みかんで、この冬を風邪なしで乗りきりましょう!(*^O^*)/

 

検索

カレンダー

2021年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

カテゴリー