しもやけについて

2022年 1月 15日 土曜日

寒さが厳しくなってきました。

寒波が来ると、その影響は私の指先に如実に表れます。しもやけです。

今時、しもやけになんてなる人いるの?と思われる方もいるかもしれませんが、我が家の近所の皮膚科にも、冬になると、しもやけの患者さんが何人もいらっしゃっているようです。

今日は、しもやけについてお話します。

 

しもやけとは、寒暖差によって血行が悪くなり炎症を起こす疾患です。痛みや痒みを伴いながら赤紫色の皮疹ができます。

 

★しもやけ予防には・・

①体を冷やさないよう「保温」が大切です。

防寒対策

身体を温める食べ物を摂る、温かい飲み物を飲む

ゆっくり入浴する

②汗をかいてそのままにしたり、手足を濡れたままにすると、水分が蒸発するときに冷えてしまいます。その温度差がしもやけの原因にもなるため、こまめに拭きましょう。

③末梢の血流が悪くなってしまうので、靴下や靴はしめつけのないものを選びましょう。

マッサージをして血行を良くすることも大切です。

 

★しもやけを改善するために、よく使用される薬

血行を良くする薬

・ビタミンEの内服や塗り薬

・ヘパリン含有軟膏

・漢方薬 「温経湯」「四物湯」「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」「五積散」など

炎症を抑える薬

・ステロイドを含むもの

・抗炎症成分を含むもの

痒みを抑える薬

・鎮痒成分を含むもの

・抗ヒスタミン成分を含むもの

その他、キズに対して、抗生剤の塗り薬が使われることもあります。

 

しもやけの状態に合わせて、薬や治療内容は変わってきます。また、赤く腫れあがる、赤く変色する、出血や水ぶくれの症状がみられる場合には、皮膚科の受診をお勧めします。

万全の対策と、最適な治療で、この寒い冬を頑張って乗り切りましょう♪

アルコールにまつわるお話

2022年 1月 1日 土曜日

明けましておめでとうございます。

年が明け、新年会の準備を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここで活躍するのがアルコール!!

個人的には度数14ぐらいで赤褐色になったのが好きなのですが・・・これからお話しするのはアルコールはアルコールでも医薬品のアルコールについてです。

 

 

アルコールと手指消毒

 

というわけで、今やどこのお店にも、ご家庭にもあるおなじみとなったアルコール消毒剤と手指消毒についてお話していきます。

ポンプ式になっていてワンプッシュすれば適量が出て手全体に塗り広げるのが基本です。

手で押すタイプや足でペダルを踏むタイプはシッカリと押し(踏み)さえすれば、およそ3mL出るはずです。

3mLあれば、手全体に塗り広げることができます。

手指消毒で薬液の量と効果を比較した試験では、3mLあれば十分に効果があり、2mL、1mLと少なくなるにつれて効果が減少(消毒が不十分)していることが、報告されています。

では3mLがどのくらいかというと、手の平を窪めてもこぼれそうになるぐらいなので相当多く感じるはずです。

電動の機械では明らかに少ないものもありますので、面倒でも2回、3回噴霧させて消毒してください。

 

 

アルコールとエタノールと酒税のお話

 

医療の現場で消毒用アルコールというと日本ではエタノールを指すことが多いです。欧米ではイソプロパノールが主流ですので、海外の方と話しをするとき、文献を読むときはご注意を。

海外でイソプロパノールが使われているのは、飲料できるエタノールは食料に回すことができることやコストの問題が多いと聞いています。

日本でも飲用できるエタノールには酒税がかかります。

局方エタノールの効能は消毒等となっています。消毒は外用扱いで内服ではないのですが、エリキシル剤の調剤にも使うので内服することもあります。

 

ここで、問題です。

医薬品のエタノールには酒税がかかるのでしょうか?

  • 飲用できるのでかかる
  • 効能が外用なのでかからない
  • 医薬品なのでかからない

 

答えはで酒税はかかっていません。

 

酒税のかからないイソプロパノールと比較するとエタノールは倍ぐらいするのにと思われる方もいらっしゃると思います。でも国税局に確認すると『医薬品に使われるエタノールには酒税はかかっていません。』と返ってきます。ただし、あくまでも酒税という名目ではなくて、原料として購入する際に酒税相当分として購入価格に上乗せされています。何か騙された気分ですが・・・

そこでメーカーも考えました。

飲用ではなく消毒に使うのだから、エタノールに添加物を加えて飲用不可にすれば、酒税相当額分を下げることができるのではないかと。これを『変性アルコール』といいます。

その結果、現在、売られているアルコール含有手指消毒剤の多くは『変性アルコール』にして価格を抑えています。

ちなみにピュアなエタノールの消毒用エタノールや局方エタノールのほうが同じ濃度のエタノールを使っている(より手間かかっていそうな添加物が入っている)手指消毒剤より高いのは今述べたことが理由です。

 

 

液とゲル

 

アルコール手指消毒剤には液タイプゲルタイプがあります。

どちらがよく効くのでしょうか。

結論から言うと同じです。

要は使い勝手の良いのを使ってください。

下記に両剤の特徴を簡単に記します。

・液タイプにはクロルヘキシジンなどの殺菌剤が添加されていることが多く、持続効果が期待されます。また、乾燥後がさらっとしている(中には保湿剤がべたつく製品もありますが)などがあります。ただ、手からこぼれやすく床が汚れるといったデメリットもあります。

・ゲルタイプは消毒剤が垂れにくいといった特徴があります。このため手全体に塗り広げやすいといわれています。1回の量も液タイプより少なくて済みます。デメリットとしてはゲル化剤が皮膚表面に残留するので医療従事者の方のように1日に何回も使用すると表面に膜を張ったようになって効果が落ちてくる(石鹼で洗い落とせばよいのですが)といったデメリットがあります。

 

 

エタノールの濃度の謎?

 

一般に消毒用エタノールは70%と言われています。医薬品でいえば76.9~81.4vol% (100mL中83mL)の濃度になります。この違いは?

70%というのは重量%です。76.9~81.4vol%は容量%です。したがって、エタノールの比重(温度によっても変化します)で換算するとどちらも同じものです。

 

 

コロナが流行して消毒用のエタノールが不足したのは記憶に新しいところです。

実際には、原料のエタノールは不足していなくて、製品を生産する工場のキャパシティを超えた需要によって不足したのでした。とにかく平常の10倍以上の注文が殺到したので、仮に休日返上、24時間稼働しても追いつかなかったと想像がつくと思います。

子供に目薬を点すには

2021年 12月 15日 水曜日

子供に目薬を点す…これは簡単なように思えて、難易度激高なクエストといっても過言ではないでしょう。

■高難度な理由

 ・動く(場合によってはあばれる)

 ・目を開けてくれない(場合によっては、ずっと閉じている)

 ・泣く(もはや絶望)

 

暴れる子供の目に入るように液を1滴たらすのは、「2階から目薬」と同じ難易度だと思っています(実際やったことある人いるのかな?笑)。では、どのようにしたら、上手いこと目薬を点せるのか。

一般に下記の方法が言われています。

 

  • 馬乗り法

子供を仰向きに寝かせたあと、親が馬乗りになってまたがり、両太ももで頭部まで固定する方法。

股の間は子供の顔だけになるイメージです。内ももに子供の両耳があたります。

 

 

 

  • プロレス法

床に座ったあと、親の両足の間に子供を仰向きに寝かして、股で頭をはさみ、足で体をおさえる方法。

子供の両腕を両足で抑え込むことになります。子供の頭は、自分の下腹部にきます。

 

 

いやこれ、もっと暴れるし、泣くでしょ…。泣いたらもう目薬点せないよ…溢れちゃうよ…(注、前々回の記事を読んでない方は、お読みいただくと理解が深まります)

目薬で1滴十分効く?! – 薬剤師のブログ -「くすり」のはなし – (yakuzaishi-blog.net)

 

起きている間は、そうするしかないですね…。

ん?起きている間??

 

  • 寝ているときに点す

これが一番簡単・安心ですね!

大切なのは目頭に点すことです。目じりに点すと流れ落ちてしまいます。

 

これは、目薬を点そうとしても目をつぶってしまう子供にも使用できる方法です。

 

 

 

目薬に関わるお話を3回に渡って記載いたしました。

正しい点眼をしていきましょう!

 

目薬の使用期限について

2021年 12月 1日 水曜日

お読みいただいているアナタ!

正しい点眼してますか!?

前回の記事を読んでいない方は、お読みいただけると理解が深まると思います。

 

前回に引き続き、目薬のお話です。今回は目薬に関わる使用期限についてです。

 

■目次■

 1)目薬って何回つかえるの?

 2)目薬の使用期限について

 

では、順番に見ていきましょう。

 

1)目薬って何回つかえるの?

 

1回使い捨ての目薬もありますが、今回は、キャップを開け閉めして使用するものをみていきます。医療用ですと2.5mLや5.0mLの規格が多く、市販ですと12mLなどをみかけますね。では、何回使えるのか。

 

前回の記事で、目薬は1滴約0.05mLであると書きました。

医療用の2.5mL規格ですと、

2.5mL÷約0.05ml/回=約50回 です。

 

仮に1日1回点眼の目薬であれば、1ヶ月使用するのには十分な量が入っているといえます。何度か点すのを失敗しても安心ですね!

 

市販のものだと、12mL規格が多いので

12mL÷約0.05ml/回=約240回

使えるものが多そうですね。目薬をご使用の際は、添付文書をよく読んで用法用量を守って正しくお使いください。

 

 

2)目薬の使用期限について

 

点眼剤は無菌製剤であり、繰り返し使用をできるだけ避けたいものであります。

(無菌製剤は、微生物などが入っていないお薬のこと)

 

市販のものは防腐剤が入っていることが多く、使用期限を伸ばしてはいますが、まだまだ使っていない分が残っているからと何年も同じ目薬を使用してはいけません。

薬には「使用の期限」があります。

ここで間違ってはいけないのが、外箱などに書いてある使用期限は、未開封状態のものの使用期限になります。開封後は、外箱の日付が使用期限ではありません。

 

では、開封後はいつが使用の期限なのか。

市販のお薬を購入したときには、「添付文書」という薬の説明書がついてきます。

添付文書の「保管および取り扱い上の注意」という項目に開封後の使用について記載されていることが多いです。多くは、「なるべく早く使用してください」となっていますが、「開封後は2ケ月以内に使用してください」など記載されていることもあります。

 

「なるべく早く使用してください」の期限ってわからないですよね…。

用法用量から推察してみましょう。

 

例えば、

 

 

〇〇点眼液(12mL)

1回1~3滴、1日5~6回点眼してください

 

 

 

という目薬があったとしましょう。

この目薬は、どれくらいの期間で使い切るのを想定しているのでしょうか。

用法の最低量をみていきます。

 

1回1滴、1日5回点眼した場合、

1日で0.05mL/回×5回×2(両目)=0.50mL を使用します。

 

目薬(12mL)を使い切るのは、

12mL÷0.50mL/日=24日 となります。

すなわち、1ヶ月程度で使い切る想定でいます。

目薬は、使用前においては無菌状態ですが、使用すると微生物などが入るようになり、徐々に衛生面の心配がでてきます。

処方された目薬を手にした場合は、薬剤師のお話をしっかり聞き、市販の目薬の場合は、添付文書をよく読んでお使いください。

 

 

次回は、子供に目薬を点すときについてです。

目薬で1滴十分効く?!

2021年 11月 15日 月曜日

目薬の正しい点眼方法を知っていますか。

我流でやっている人がほとんどだと思いますが、正しい目薬の点し方をご紹介します。

 

まずは、よく見かける誤った点眼方法はコチラ。

 

 ・1度に何滴も使う

 ・点眼後にすぐ目を手やティッシュなどで拭く

 ・目の周りに落ちた液をなんとかして目に入れる

・点眼後にすぐ目をパチパチする

 ・いつ買ったかわからない目薬を使っている

 

 

 

心当たりはありませんか?

正しく点眼方法を知るためには、まず目の周りの構造を知っていきましょう。

 

目薬を点すイメージ

目薬は、下瞼部分を下にさげて液をたらしていきます。

この時、液体が入る部分を結膜嚢(けつまくのう)と言いますが、液体が入るのは約0.03mLといわれています。

では、目薬1滴は何mL???

 

答えは、約0.05mLになります。

すなわち、目薬を1滴目に入れると溢れるのです!

(ちなみに、涙で既に約0.007mLの液体が入っているので、余計溢れやすいです)

2滴以上たらしても、どんどん溢れていくばかりです。勿体ないですね。目薬は1滴で十分であるということがわかりました(注、使い方の指示が出ている場合はそれに従ってください)。

 

では、

目薬を点した後はどのようにしていますか。

この時、目をすぐ手でゴシゴシしたり、目の中にティッシュを入れつつ拭いてしまうと、せっかく入れた薬液を拭き取ってしまいます。

 

液が溢れてしまうので拭きたくなる気持ち、分かります。

しかし、拭いてよいのは溢れた液体だけです。

目の周りの溢れた液を優しく拭き取りましょう。

 

 

また、目薬を点すのを少し失敗してしまい、目の周りから上手いことやって、目の中に液体を移動させていくことやったことはありませんか?

実は、あの液体移動によって、目の周りに付着していたウイルスや雑菌なども一緒に目の中に入ってしまうことがあります。止めましょう。

 

 

 

でもちょっと待って!液を拭く前にやることがあります!
目薬の正しい点し方のポイントはココです!

 

 
   

⇦ココ

 

 

 

 
   

 

 

 ココ

目頭の部分を押さえる!(顎を上げて、上を向いたらもっと良い)

 

なんで押さえるの??

目の周りの構造を見ていきましょう。

手で押さえていたのはこの部分です

                                  

【目の模式図】

 

 

 

 

【目と鼻の空洞の模式図】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目と鼻はつながっています。目薬を点すと鼻水が出るのは、目の中の液体が「鼻涙管」という目と鼻をつなぐ管を通って、鼻に移動するためです。

目で効かせたいのに、すぐ鼻に行っては困ります!
そのため、点眼後は上を向いて目を閉じ、目頭を押さえる(鼻に液が移動するのを止める)ことが大切です。数分そのままが理想です。

目をパチパチさせたら、せっかく入れた液を鼻の方に移してしまうのでやめましょう。

 

これで正しい点眼ができますね!

 

 

■正しい点眼まとめ■

 ・液は1滴でよい

 ・目の中にしっかり入れる(目からこぼれたのは拭き取る)

 ・点眼後は、上を向いて目を閉じ、目頭を押さえる(数分)

 

スキンケアはお風呂上りに

2021年 11月 1日 月曜日

スキンケアをお風呂上りにするのは、当たり前のことと認識されているかもしれません。

他にもタイミングとして、日中の紫外線があたるとき、寝る前などがあるかもしれませんが、「スキンケアはお風呂上り」にされる方が多い。

なんで?(・・?

今回は皮膚についてです。

まずは、皮膚の状態をみていきましょう。

下図は、皮膚の模式図です(図の上が身体の外側、下が内側)。

人の身体の表面は、角質層に覆われています。

角質層は、ウイルスや雑菌などの外敵から生体を守るバリアの役割を担っています。そのため、通常、物質は角質層を通りにくくなっています。

皮膚内に化粧水成分などをより浸透させるには、バリアである角質層を壊してしまえばよいのです。

では、どうやって皮膚を壊しますか?

ナイフで切る??痛いですね…血が出ますね…壊しすぎですね。

もっと痛みがなく、角質層を壊す方法があります。

それが「入浴」です。

お風呂上りは、手のひらが「しわしわ」になっていますね。あれは、角質層が水を含んで膨れ上がっている状態なのです。すなわち、角質層が壊されているのです。

ナンダッテェ━━━━━( ゚A゚;)━━━━━!!?

『角質層壊れている状態=物質浸透チャンス』です。

自信をもって塗りましょう

ちなみに、お風呂上りは角質層が破壊されているため、体内の水分も皮膚から蒸発しやすい状態になっています。お風呂上りに肌が乾燥しやすいのはそのためです。

お風呂上がりの肌の状態は、乾燥しがちで、成分を浸透させやすいため、スキンケアを行うタイミングとして最適といえます。

医薬品の投与経路として、皮膚投与があります。

主に貼り薬や塗り薬が該当しますが、いまの原理を利用した投与方法があります。

それは、「密封療法」です。ODT(occlusive dressing technique)療法ともいいますね。

密封療法とは、皮膚におくすりを塗って、その上をプラスティックフィルム等で覆ってしまう方法です。すると、お風呂上りと同じ状態を作ることができます。

絆創膏をはがしたら、皮膚が白くなって「しわしわ」になっていたことはありませんか?あの状態です。

密封療法を行うと、薬物の吸収が高まり、より強い効果が期待できます。しかし、同時に副作用の危険性が高まるとも言えます。

そのため、密封療法を禁止しているおくすりもありますので、勝手にやってはいけません。

専門の先生のご指示に従うのが一番ですね。

お魚のはなし

2021年 10月 15日 金曜日

秋も深まり、食欲の季節ですね。

秋の旬の魚といえば秋刀魚ですが、今年は召し上がられたでしょうか?

今回はお魚についてお話します。

お魚にはたくさん栄養素が含まれており、

今回は代表的なものを紹介していきたいと思います。

○タンパク質

3代栄養素の1つで、筋肉・内臓・皮膚・爪・毛髪などをつくる栄養分です。

タンパク質を構成しているアミノ酸は20種類あり、その中でも必須アミノ酸は食事でとる必要があるので食事でタンパク質をとることは大事です。

○カルシウム

特に小魚に多く、骨や歯にとって大切な栄養素です。

将来骨がもろくなる骨粗しょう症の予防のためにも摂取することが大切です。

○DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)

DHA、EPA共に高度不飽和脂肪酸です。

血液をサラサラにしてくれるので、高脂血症や動脈硬化を防ぎ、様々な生活習慣病の予防に役立ちます。

現代の日本では魚の消費量が年々減少しています。

しかし島国という利点を生かし色んなお魚を食べることができるので、積極的に食べましょう。

それでは最後に、旬のお魚で代表的なものをお伝えします。

:サワラ、ニシン、ワカサギ、メバル

:ウナギ、ハモ、メバチマグロ

:サンマ、アジ、アマダイ

:タラ、カレイ、ブリ、カキ、ヒラメ

旬のお魚は漁獲量も多くお安く食べることができ、栄養価も高いので

季節を感じて色んなお魚を食べましょう。

糖尿病のはなし

2021年 10月 1日 金曜日

糖尿病とは血糖の高い状態が続くことにより、血管に障害が生じる病気です。

細い血管に起こる障害と太い血管に起こる障害があります。

細小血管障害(細い血管に起こる障害)

・糖尿病性神経障害

・糖尿病性網膜症

・糖尿病性腎症

大血管障害(太い血管に起こる障害)

・脳血管障害

・虚血性心疾患

・閉塞性動脈硬化症

細小血管障害は「しめじ」の順番に発症することが多いと言われており、「し」は神経障害、「め(目)」は網膜症、「じ」は腎症です。すべての患者さんで順番にこれら合併症が出るわけではありませんが、だいたい神経障害は5年以内、網膜症は10年以内、腎症は15年以内に発症すると言われています。

大血管障害は糖尿病特有のものではありませんが、高血糖が続くと動脈硬化が加速して発症しやすくなります。

糖尿病治療の目的は、糖尿病があっても血糖をコントロールして、糖尿病がない人と同じ健康寿命を保つこと(健康日本21より)とされており、血糖コントロールをするために以下のことが重要です。

  • 食事療法

朝・昼・夕食を規則正しく食べ、栄養のバランスを考えることが大切です。各個人に適正な1日に必要なエネルギー量を摂取しましょう。

最近では糖尿病患者さん用の宅配弁当もあるので、うまく活用しましょう。

  • 運動療法

運動することにより血糖を下げるインスリンの効果が発揮しやすい状態になります。有酸素運動と筋力トレーニングをバランスよくしましょう。薬物療法を受けている患者さんで急激に激しい運動をすると、低血糖を招く恐れがあるので主治医と相談して行いましょう。

  • 薬物療法

糖尿病治療薬の開発が進み、最近では色々なタイプの薬があります。

・経口血糖薬:スルホニル尿素(SU)薬、速効型インスリン分泌促進薬、DPP-4阻害薬、

α-グルコシダーゼ阻害薬、SGLT2阻害薬、ビグアナイド薬、

       チアゾリジン薬

・注射薬:インスリン、GLP-1受容体作動薬

高血糖状態が続くとQOLの低下や予後不良を招くことになります。糖尿病とうまく付き合うために食事・運動療法をしっかり行い、薬物でうまくコントロールしましょう。

調剤薬局のはなし

2021年 9月 15日 水曜日

「今回はどうされましたか?」

調剤薬局で聞かれるのはなぜだろうと不思議に思われたことはありませんか?

 

調剤薬局で働いていた時、

「病院で診てもらったのに何で薬局は病名などわからないの?」

「また一から症状伝えないといけないの?」

このように患者さんからよく言われました。

 

私自身薬剤師になるまでは患者として同じ疑問を持っていたのでお気持ちは非常によくわかります。

 

実は・・・

調剤薬局では病院のカルテを見ることはできません。

処方箋には病名や症状も書かれていません。

(処方箋に載っているのは、

患者の氏名、年齢、性別、薬の名前とその用法、用量、処方せんを発行した医師と病院名、処方箋が発行された日付です。検査値については最近載せてくれるものも増えてきましたが、まだまだ少ないです)

 

ですので、処方箋だけだと薬剤師は

(この薬が耳鼻科から処方されてるから病名はこれかな・・・)

(この年齢だと体重はこのくらいだろうからこの量は適切だろうな・・・)

と推測することが非常に多いのです。

推測だらけだと患者さんにあった薬をお渡しできるかの判断がとても難しいのです。

 

ということで、調剤薬局で

病院でも同じことを聞かれたであろうという質問を再び患者さんに聞き、

病院とは別に問診を記入していただき、

さらにお薬手帳を持ってきてください

とお願いしているのです。

 

このように書くとものすごーくめんどくさい存在という感じになってしまいますが、、、

 

調剤薬局で患者さんとお話させていただくことで、

・処方されている薬が体に合わない

・今飲んでいる薬と飲み合わせがよくない、成分が重複している

ということがわかることが結構多いのです。

 

具体的には、

「風邪で短期間しか薬飲まないから大丈夫!」

と思っている方でも、いろいろとお話することで

・前にひどい下痢をしたことのある抗生物質と似た薬が出ている

・タクシー運転手で眠気が出たら困るのに眠気が出る可能性がある総合風邪薬が処方されている

・実は別に受診している歯科から同じ痛み止めと抗生剤が処方されていた

 

・・・などの理由で処方医に薬を変更してもらうということが毎日のようにありました。

 

「病院で長く待たされ、体もしんどいのに、また薬局でも待たされたり色々話すのはしんどい!!」

本当にお気持ちわかります。私もそうです。

 

ですが、

より安全にお薬を服用していただくために、ご自身のお体を守るためにご協力いただけるとありがたく思います。

 

また、ご自身の病気のことや薬のことについて、

「お医者さんに言うの忘れた!聞くの忘れた!聞きにくい!」

そんなことありませんか?すべてにお答えできないこともありますが、お気軽にご相談ください。

 

調剤薬局の薬剤師はしんどい時に色々と聞いてくるめんどくさい人!ではなく、

ご自身の健康を守るための身近なパートナーと考えていただけるとうれしいと思っております。

お薬手帳のおはなし

2021年 9月 1日 水曜日

皆さんは、お薬手帳はお持ちでしょうか?

病院や薬局を利用すると必ずと言って良いほど聞かれると思います。

持っていない方、各施設で作ってしまい何冊も持っている方、持っているが必要性がいまいちわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はお薬手帳の役割についてお話しします。

 

医薬品には膨大な数の種類があります。さらに現在はジェネリック医薬品といって同じ成分、同じ効能なのに違う名称で販売されている薬も数多くあります。

複数の病院からそれぞれ薬を処方してもらうと、時々同じ成分の薬や、同じ効能の薬、さらには違う症状に対する薬同士で相性が悪く、一緒に飲んではいけない組み合わせなどが出てくることがあります。このような組み合わせをそのままにしていると、想定以上の効き目が現れたり逆に効き目が現れなかったりといったことが起きてしまいます。

そうならないために、複数の病院で処方された薬をまとめて管理できるのがお薬手帳です。さらに薬の内容だけではなく、アレルギー歴や副作用歴を自分で書けるので、薬物治療をより安全に行うことができます。

 

また、お薬手帳は災害時にも役立ちます。災害時にはかかりつけの病院にいけるとも限りませんし、電気が止まるとカルテを見ることも困難です。各医療施設へ医薬品を安定供給することもできなくなるため、数少ない薬の中で代わりとなる薬を処方することになります。そんなときにも、お薬手帳があれば既往歴やいつも服用している薬を知ることができます。

 

災害が多い現代、いつ自分が被災者になるかわかりません。日常の薬剤管理のためだけでなく、災害の備えにもお薬手帳はとても重要なツールです。ぜひ1冊持って頂けたらと思います。

検索

カレンダー

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の投稿

カテゴリー