貧血のおはなし

2024年 3月 1日 金曜日

 

みなさま、最近疲れが取れない、だるい、といった    症状はありませんか?
もしかすると貧血の症状かもしれません。

 

実は筆者も出産後の毎回の健康診断でHb9g/dlあたりが出てしまう貧血もちです。

今回はそんな貧血のおはなしをしていきたいと思います。

 

【貧血とは?】

貧血とは赤血球に含まれるヘモグロビンというタンパク質が少ない状態のことを言います。健康診断でHbという表記がありますが、これがヘモグロビンの値です。

このヘモグロビンは酸素を運ぶ役割をしてくれるので、この値が低いということは酸素が身体に十分に行き渡っておらず、以下のような様々な症状が起こります。

【貧血の症状】

だるい、疲れがとれない、頭痛、めまい、立ちくらみ

このような日常の疲れと思いがちな症状の原因が実は貧血だった!ということもあります。

 

【貧血状態のヘモグロビンの値】

男性:13 g/dl未満

女性:11 g/dl未満

このヘモグロビンの値になると貧血の目安とされています。

 

【貧血の対策】

貧血の原因は様々ありますが、女性に多い鉄欠乏性貧血の対策をご紹介したいと思います。

鉄欠乏性貧血とはその名の通り、鉄分が不足していることによる貧血です。

対策として

・鉄分が多い食品をとる

 

レバー、牛豚もも肉、カツオ・マグロなどの赤みの魚、あさり など

 

・鉄剤やサプリメントの服用

ドラッグストアなどには鉄剤のお薬やサプリメントも販売しています。
薬剤師さんにぜひ相談してみてください。

 

 

【鉄剤の注意】

鉄のお薬を服用すると、便が黒くなることがあります。これは吸収されなかった鉄が排出されるためなので、安心してください。

 

いかがでしたでしょうか。

特に女性は生理、妊娠出産などで貧血になりやすいと言われておりますので、今一度健康診断のHb値を振り返り、対策してみてくださいね。

目薬って何日分?

2024年 2月 15日 木曜日

以前薬局で働いていた時に患者さんからの質問で、
目薬1本って何日分なの?とよく訊かれたので、目薬のことについて書こうと思います。

 

目薬の種類によって1滴の量は微妙に違うのですが、1滴25~50μlと言われています。

1滴50μl=0.05mlとすると 薬局でもらえる点眼薬は1本5mlがほとんどなので
5ml÷0.05ml=100滴です。(多少の誤差はあります。)

 単純計算すると

1日4回両眼点眼だと12.5日分

1日2回両眼点眼だと25日分になります。

 

また、よく効いてほしいからといって1回に2~3滴さす人がいますが、
1回に目の中に入る量はきまっていて、それ以上多くさしても目から溢れ出てしまうだけなので、ちゃんと目に入れば一滴で充分なのです。

 

目の中の最大容量は約30μlと言われていて、そのうちもともと涙液が7μl溜まっているので、
むしろ1回の点眼でも目から溢れ出る計算になります。

1回に何度もさすのはその分目薬が早くなくなってしまうので正直もったいないです。

とはいえ、目薬の命中率100%というのもなかなか難しいですよね。私もドライアイでしょっちゅう目薬をさしているにもかかわらず、下手で結構外してしまいます。

それに1滴のつもりが強く押しすぎて2滴でてしまうときもあります。

 

よって1本5mlが何日分かは人によって違ってしまいます。

 

以上より、1本5mlの場合、

1日4回両眼に点眼でしたら10~12日分、

1日2回両眼に点眼でしたら22~25日分
と思っていただければ良いと思います。

参考になればうれしいです。

錠剤の刻印のはなし ~阪神淡路大震災の記憶から~

2024年 2月 1日 木曜日

令和6年能登半島地震により、被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。
被災地域の皆さまに一日も早く平穏な日々が戻りますことを心よりお祈り申し上げます。

 

今回は自分の経験から「お薬の一包化と刻印鑑別」についてお話したいと思います。

 

【29年前の1月17日】

1月17日は私にとって特別な日です。朝、5:46に黙とうし、仕事が終わってから神戸に移動して「阪神淡路大震災1.17のつどい」に参加します。

さて、話は29年前に遡ります。私は被災地から7km程離れた郊外に住んでいて家族も親戚も全員無事でした。当時、薬学部の修士2年生だった私は1週間ほど被災直後の長田区保健所でボランティアをすることになりました。
地元の薬剤師会や各地から応援に来られた薬剤師の指示に従い、何もない区役所の一室を簡易薬局に設営するため調剤棚や薬を運び込む。何をすれば良いか分からない私たち学生ボランティアを尻目に薬剤師はてきぱきと薬局を作っていく。そう、私が担った作業の大半は力仕事でした。

 

【ひたすら錠剤の刻印を鑑別】

そんな学生ボランティアにも重要なミッションが与えられました。それが錠剤の鑑別です。

錠剤には必ず識別コード(記号や数字)が印字されていて、「刻印」とも呼ばれます。これを調べれば、その薬の種類や用量を判別することができます。

医師や看護師が簡易薬局に持ってきた錠剤の刻印を見て、「これは●●錠の〇㎎です!」と薬の名前と用量を薬剤師に伝える。ひたすらこの作業に追われましたが、当時の私には、その重要性はわかりませんでした・・・

 

【その感謝状には本当に感謝がこもっているはずですよ】

時は流れて30歳代の頃、私は製薬企業で薬剤師向け情報誌の編集に携わっていました。そんな中、災害医療で取材した薬剤師から「被災地では患者さんの薬がわからなくて調べるのが一苦労。これを解決するのが薬剤師の大切な役割の一つなのです。」と伺い、「私も学生ボランティアでやりました。感謝状をいただきました。」と伝えると、「その感謝状には、本当に感謝の気持ちが込められているはずですよ。」とねぎらいの言葉をいただきました。

しかし、なぜ、災害現場で錠剤鑑別の相談がそんなに多いのか、そのことに気づいたのはさらに先のことでした。

 

【一包化と刻印鑑別】

さらに時は流れて50歳を超え、私は在宅医療に特化した薬局で一包化薬の調剤と監査に奮闘していました。ご自身で薬を管理できない患者さんや、介護施設の患者さんの多くは一包化で調剤されます。一包化薬は用法ごとに錠剤やカプセルがパックされているので、患者さんは間違わずに服用できますが、服薬状況のわからない患者さんから「はい、これを飲んでます!」と一包化薬を渡されると・・・

そう、パックされた錠剤やカプセルだけを見ても、何の薬かすぐには分からないんですよね。

着の身着のまま、手元にあった一包化薬を持って避難した。そんな事情があって、災害現場では錠剤鑑別の相談が多いのかもしれません。

 

【飲んでいる薬が分からなくなったら・・・】

 

服用している薬が分からなくなったら薬剤師に相談してみましょう。災害で避難したような時でも、薬剤師に安心して相談してください。

メディカルコミュニケーター

公式Facebook

検索

カレンダー

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近の投稿

カテゴリー