検索

Site search

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

お肌の乾燥と保湿についてのおはなし

2018年 12月 15日 土曜日

毎年、冬のこの時期は空気も乾燥し、風邪やインフルエンザ等が流行しますね。

空気が乾燥するこの時期はお肌がカサカサして痒くなったりしませんか?

 

 

 

 

これはお肌の表面の角質がはがれて隙間ができ、その隙間から水分が蒸発していくからです。

角質がはがれると皮膚表面のバリア機能が落ち、細菌等に感染しやすくなったり、刺激に敏感になって掻き毟ってお肌を傷つけてしまいます。

加湿器で空気を加湿し、風邪やインフルエンザを予防するように、お肌も皮膚に潤いを与える保湿剤等で保湿し、皮膚表面のバリア機能を適切に保つことが大切です。

保湿剤には大きく分けて、液体状のローション剤さらさらしたクリーム剤少しべたべたした軟膏剤の3つのタイプがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ、使う部位や塗る範囲によって使い分けられています。

髪の毛がある頭皮にはクリーム剤や軟膏剤は塗りにくく、塗った後に髪の毛がべたつくので主にローション剤が使われます。また、背中全体や顔全体等の広範囲に塗る場合もローション剤が好まれます。クリーム剤はさらさらしていますので腕や足、背中や顔の一部分等の比較的広い範囲に塗る場合に使用されます。

軟膏剤は油分が多く、少しベタベタするので塗る範囲が狭い場合に使用されます。またそれぞれの刺激性については、軟膏剤<クリーム剤<ローション剤の順に強く、軟膏剤はほぼ刺激性がありません。そのため、塗る場所が刺激に対して敏感な部分なのか等の感受性も考慮して使い分ける必要があります。

その他、皮膚を乾燥から防ぐには、体を洗い過ぎない、部屋の湿度を適切に保つ、綿生地等の刺激の少ない肌着を選ぶ、アルコールや香辛料等の刺激物の取りすぎに注意することが大切です。