検索

Site search

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の投稿

カテゴリー

薬剤師向けDI転職・求人情報なら
薬剤師リンク

特定保健用食品 (トクホ) のはなし

2020年 2月 1日 土曜日

特定保健用食品 (トクホ)とは、からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含み、国が有効性や安全性を評価し許可・承認した食品のことです。

 

トクホには、以下のようなマークがついています。

 

 

 

例えば、飲み物、ヨーグルト、お菓子、乾燥スープ、ハム類や調味料など、2019年12月18日現在、1,075件の食品がトクホとして認められています。

 

CMでも数多く宣伝されていることもあり、健康を考えて、積極的にトクホを購入する方は多いと思います。

 

そこで今回は、トクホの利用する際のポイントを6つにまとめて紹介します。

1.  実際の商品で、有効性が認められている。

「いわゆる健康食品」とは異なり、国が商品としての有効性を認めています。しかし、あくまでトクホも「食品」のひとつです。トクホさえ利用していれば健康になれるというものではないということを念頭におきましょう。

 

 2.   実際の商品で、安全性が認められている。

有効性同様に、国が商品としての安全性を認めています。しかし、この安全性とは、正しい方法で摂取をした時のものです。商品パッケージに書いている「摂取をする上での注意事項」をよく読んで、摂取量や摂取方法に注意しましょう。

    3.  お薬とは異なります。

お薬のような病気の治療や治癒に対する効果は認められていません。トクホは、健康が気になる人や、普段の食生活に不安を感じている人など、「病気ではない人」向けです。つまり、トクホの効果に過度の期待をしたり、お薬のような効能を求めたりすると、返って病気を悪化させたり、適切な治療を受ける機会を失う場合があります。あくまで「食品」のひとつであるという意識を持ちましょう。

    4 .  過剰摂取に注意する。

例えば、「難消化性デキストリン」という成分があります。これは、「お腹の調子を整える食品」「血糖値が気になり始めた方の食品」「食後の血中中性脂肪が上昇しにくい食品」など、期待される効果が違う商品に含まれることがあります。成分が同じトクホを同時に利用した場合、摂取量によっては、結果的に1種類のトクホを過剰摂取したのと同じことになるので、商品パッケージなどに書かれている成分を見てみることをおすすめします。

   5.  適切な食生活を送ること。

トクホの効果を得るためには、身体の中が成分を効率的に活用できるように整っている必要があります。食生活の乱れをそのままにしてトクホを利用しても、期待する効果は得られません。

   6.  専門家のアドバイスを受ける

今やインターネットで何でも調べられますが、中には正しくない情報もたくさん溢れています。そのため自己判断のみで購入・利用せず、ドラッグストアの管理栄養士や薬剤師、かかりつけ医師など、正しい知識を持っている方に質問し、アドバイスを参考にすることをおすすめします。

 

 

いかがでしたでしょうか。トクホには、 「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」という文言が表示されているように、まずは日常の食生活を見直すことが大切です。そして、利用上の注意を守って、上手に利用しましょう。

温泉のおはなし

2020年 1月 15日 水曜日

まだまだ寒い季節ですが、いかがお過ごしでしょうか?
寒い時期には特に行きたくなる温泉
実は温泉には効能がたくさんあるのです。本日は温泉についてのお話をしようと思います。

温泉に入る動物たちのイラスト

温泉に入ることにより得られる主な作用として
① 温泉に入ることによる作用
② 温泉に溶けこんでいる有効成分の作用
③ 心理的効果
が挙げられます。

 

① 温泉に入ると、体がぽかぽかし、体が軽くなったような気がしますよね?
体が軽くなったような気がするのは、水に浮く力が働き、体が軽くなり、筋肉がゆるむことに由来します。また水の圧力が全身にかかり、全身マッサージのような効果も得られます。ぽかぽかすることは、体が温められ、血行促進が促され、老廃物の排出が促されます。
入浴による単純な効果として神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、冷え性、健康増進などが挙げられます。

 

② 温泉に溶けこんでいる有効成分も皮膚から体内に吸収され作用します。
有効成分としては、炭酸水素塩、硫酸塩、重曹などが挙げられ、こちらは入浴による単純な効能と違い温泉地による違いが出てきます。成分により効能は変わってきますがアトピー、慢性皮膚病、火傷、切り傷、便秘などなど普段の生活の入浴では得られないような効果が得られます。
脱衣所にある看板などに書かれていることが多いので、温泉に入る前に読むと楽しいかもしれません。

 

③ 温泉に行くということは、日常とは違った生活を送ることになりますので、リラックス効果を生み出すことができます。

 

しかしながら温泉の種類によっては重い心臓病や高血圧症などの持病をもたれている方は必ずしも温泉が良いとは限りません。
更衣室と入浴場の温度差が激しいほど、脈拍、血圧の変動が大きくなって、心臓発作や脳卒中の危険性が増します。露天風呂などにも注意が必要になります。
また汗をかくことで脱水状態になり、血液の粘度を高め、血栓症が起きやすくなることもあります。温泉に入る前後の水分摂取は必須になります。

 

しっかりと体のことを把握して無理なく温泉を楽しんで下さい♪

温泉まんじゅうのイラスト

あけましておめでとうございます。

2020年 1月 1日 水曜日

謹んで新年のお慶びを申し上げます 旧年中は格別のお引立を賜わり厚くお礼申し上げます。

本年もより一層サービス向上に尽力してまいりますので、昨年同様の引き立てを賜わりますようお願い申し上げます。

令和2年 元旦

咳止めによる聴覚異常のおはなし

2019年 12月 15日 日曜日

すっかり寒くなり、風邪をひきやすい季節となりました。

風邪やインフルエンザなどで病院を受診される方も多くなってくるのではないでしょうか。

 

今回は、風邪で病院を受診し、処方された咳止めで、少しかわった聴覚異常がでた体験についてお話しようと思います。

 

数年前に、風邪をひいて、クリニックでいくつかお薬を処方してもらい服用していました。

 

薬を服用し、翌日朝、アラームで目が覚めたところ、その音に違和感を覚えました。

 

ここで突然ですが、私は絶対音感を持っており、身近な音が全て音階で聴こえます。

 

このとき、アラームの音が半音下がって聴こえたのです。

最初は携帯が壊れたのかな?と思ったのですが、ピアノを弾いて確認したところ、確かに半音下がって聴こえました。

 

ネットで調べたところ、咳止め薬であるベンプロペリンリン酸塩の副作用の可能性であることがわかりました。

 

現在の添付文書上には、頻度不明で「聴覚異常(音感の変化等)」の報告が記載されています。

 

服用中止後、1日ほどで症状が改善されましたが、長い人は2週間程度かかるとの報告もあるそうです。

 

この薬は、咳止めとして用いられるため、風邪が改善して数日間で服用が終わってしまいます。「風邪のせいで音が変に聞こえるようになった」とか「気のせいかな」などと済ませてしまって、見逃されている可能性もあります。

 

他にはカルバマゼピンでも似たような副作用の報告があるようです。

 

この副作用がでたときは、音の聴こえ方について、違和感がつきまとい、とても不快でした。

そして、「服用中に音楽の演奏予定がなくてよかったなぁ」と思いました。

 

この副作用は、絶対音感がない人でも、音楽を趣味や仕事でやっている方にはかなりの影響があるでしょう。演奏の機会というのは、個人練習の場合もあれば、発表、ライブ、あるいは人生をかけたオーデイションなどさまざまです。特に大事な演奏を控えている方には、かなり支障の出る副作用だと考えられます。

 

フラベリック錠の服薬指導の際には、「音楽を演奏される機会はありますか?」「音が半音さがって聞こえてしまう副作用があります。服用をやめれば数日で直ります。」などといった指導を行うことで、不快な副作用から音楽関係者を守ることができるかもしれません。

サックスを吹くネコのイラスト

 

 

 

 

葛根湯のおはなし

2019年 12月 1日 日曜日

12月に入り、ぐっと気温が下がるこのごろ「急に寒気が!!」と感じた方も多いのではないでしょうか。

病院を受診するまで症状はひどくないけれど、なんとなく体調が優れない、という方は漢方薬で身体の調子を整えることがおすすめです。

 

風邪の引き始めに効果的な漢方薬と言えば「葛根湯」です。

今回は葛根湯の作用と効果的な服用方法をまとめました。

 

〈発汗効果により免疫アップ!風邪が治るメカニズムと葛根湯の役割〉

漢方薬の中でも一度は耳にした方も多い葛根湯。

そもそもなぜ風邪のひきはじめに効果があるのでしょうか。

 

風邪をひくとウイルスを体内から排除しようと、身体の中で免疫細胞が働きます。

免疫細胞は身体の体温があがることで活性化するため、風邪をひくと熱がでます。

つまり熱が出ているときは、身体の免疫細胞がウイルスと戦っている証拠といえます。

 

葛根湯は7種類の生薬を配合した漢方薬です。

「カッコン」「タイソウ」「マオウ」「カンゾウ」「ケイヒ」「シャクヤク」「ショウキョウ」から成り立っており、「マオウ」と「ショウキョウ」は身体を温める作用を持つ代表的な生薬です。

 

前述の通り、風邪をひくと免疫細胞が働いてウイルスを身体の中から排除しようと身体は熱を上げようとします。

しかし、熱を上げることは体力を消耗し、高熱が続くと大量のエネルギーが消費されます。

風邪を早く治すポイントは上手に体温を上げることです。

 

風邪のひきはじめの段階、特に風邪をひいた1日2日目で、身体を効果的に温めれば免疫力もアップし、身体が体温を上げようとする前に、いち早くウイルスを撃退することができます。

細菌・ばい菌のイラスト「困った顔のキャラクター」

 

〈葛根湯をお湯で服用して効果を最大限に引き出そう〉

葛根湯は身体を温める作用があることはお話いたしました。

しかし、生薬そのものの作用だけでは身体をすぐに温めることは難しいです。

寒気を感じる風邪を引いた方は、ぜひ白湯(さゆ)で服用してください。

一気に身体が温まって免疫力もアップの助けになります。

 

ポイントは、白湯で服用した後、「額に汗がじんわりにじむ程度」まで身体を温めることです。汗をかきすぎでも、エネルギーを大量に使い、体力低下の原因となりますのでご注意ください。

 

〈ドラックストアの漢方薬を上手に活用してセルフメディケーションを〉

日々、忙しく働いていると医療機関を受診する機会も少なくなってきます。

風邪に限らず、病気は早期に対処することでその後の経過に差がでてきます。

身近な漢方薬で体調をいち早く整え、万全の状態で冬を過ごしていきましょう。

コタツでくつろぐぴょこのイラスト

 

 

風邪のおはなし

2019年 11月 15日 金曜日

空気が乾燥する季節になりました。

通勤通学時にマスクを着用されている方を目にするようになってきました。私もマスクを着用し出勤しています。

 

さて、乾燥時注意しなければならないこととは何でしょう?

肌の乾燥?ドライアイ?等色々該当しますが、今回は風邪についてご紹介します。

 

風邪対策として皆さんが取り組んでいらっしゃることは何でしょうか?

マスクをつける、保湿・加湿を行う、手洗いうがい、規則正しい生活・食事を心がける、十分な睡眠をとるなど心がけているのではないでしょうか。

 

しかしながらどうしても体調が優れない際はかかってしまうものです。

 

なんだか喉がイガイガする、鼻水が出る、体がだるい・熱っぽいなどいつの間にかそういった症状に悩まされるのではないでしょうか。

 

風邪というのは正式には風邪症候群といい、ほとんどの場合ウイルス等が呼吸器より感染し症状が発現します。

 

ここでいう症状が咳や鼻水、発熱等になりますが、咳や鼻水、発熱等はこういった侵入したウイルスに対しての一種の防御反応なのです。

 

とはいってもそういった防御反応はつらいものですし、早めの受診をお勧めします。また、お子様、ご高齢の方や症状が長く続く方はやはりなるべく早く受診されることが良いでしょう。

 

さて医療機関を受診される際に、皆さんに知っておいて頂きたい事があります。

それは医師もしくは薬剤師にしっかりとご自身の事をお話しして頂きたいということです。

 

現在、何か別の治療にてお薬を服用されている方や、今までに体に合わなかったお薬がある方、緑内障などの疾患を治療されている方などは、場合によっては風邪に使う処方薬が使用できない場合があります。

そういったことを回避するために医師もしくは薬剤師にはきちんとご相談ください。

 

お薬手帳をお持ちの方は受診時・来局時に持参していただければと思います。

 

まだまだ寒く、乾燥する季節が続きますが皆さん体調に気をつけてくださいね。

 

合併症のおはなし

2019年 11月 1日 金曜日

みなさんは「合併症」という言葉をご存知ですか?

医療における合併症という言葉には2つの意味があります。

 

①ある病気が原因となって起こる別の病気のこと

例)高血圧の合併症として、心筋梗塞・狭心症・脳梗塞など

糖尿病の合併症として、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症・糖尿病性神経障害

 

②手術や検査などの後、それらがもとになって起こることがある病気

例)手術による傷口の感染症

消化管手術後に腸が詰まってしまうこと(腸閉塞)

 

今回は①の糖尿病 三大合併症についてお話したいと思います。

 

はじめに、、、糖尿病とは?

なんらかの原因により、血液中のブドウ糖濃度「血糖値」が高い状態が続くことを言います。

糖尿病は自覚症状がないので、知らずのうちに血糖値が高い状態を放置していると次第に身体に異変が起きてきます。

 

<最も早く出てくると言われる  糖尿病性神経障害>

初期症状としては、足裏の痺れや痛みが起こり、次第に手の指先の痺れが現れます。人によって症状はさまざまですが、ひどくなると痛みを感じなくなります。

糖尿病は感染への抵抗力が弱くなるので、足の傷からばい菌に感染し壊死してしまい、切断を余儀なくされることも・・・

 

<透析治療になる原因NO.1  糖尿病性腎症>

腎臓は老廃物を排出するために尿を作っています。

症状は進行するまでほとんど現れませんが、次第に腎臓の機能が低下して老廃物が溜まってきます。悪化すると腎臓が働かなくなり、いよいよ透析治療に。

透析患者さまの約4割は糖尿病性腎症と言われています。

透析治療は週2~3回の通院が必要で、気軽に旅行できなくなってしまうなど日常生活の制限を伴うので、できれば避けたいですよね。

 

<失明することも・・・  糖尿病性網膜症>

目の中の網膜という組織が障害を受け、視力が低下する病気です。

初期では自覚症状がなく、目のかすみなど何らかの症状に気がついたときには進行していることが多いです。場合によっては失明することも。

糖尿病では、緑内障や白内障になりやすいという報告もあるので、定期的な眼科検診が大切ですね。

 

今回ご紹介した合併症はいずれも、血糖値が高い状態が続くことにより血管が障害されて起こります。

そうならないためにも、定期的な健康診断、糖尿病と診断されたら適切な血糖コントロールが大切です!

 

タンパク質のおはなし

2019年 10月 15日 火曜日

最近、運動不足やダイエットのためトレーニングジムに通う人が多くなっていますが、それと同時に、手軽にプロテインを摂取できるような商品を目にすることが多くなりました。

 

そこで、今回はタンパク質(プロテイン)についてお話したいと思います。

タンパク質は筋肉を作るだけではなく体を構成するためにとても重要な栄養素です。

タンパク質というと、肉や魚、大豆、乳製品に含まれているイメージですが、実はお米や野菜にも少し含まれています。

 

ちなみに、『タンパク質=太る』というイメージで敬遠してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、摂りすぎはよくはないですが、タンパク質不足になると肌が荒れたり、髪がパサパサになったり、免疫力も低下してしまうといわれています。

また、筋肉量の低下により基礎代謝も低下し、逆に太りやすい体になってしまうのです。

 

タンパク質不足にならないためにも、日ごろから自分に必要なタンパク質量をしっかり把握しておくことが大切です。

ちなみに、厚生労働省が定めている食事摂取基準では、一日当たり15~17歳の育ち盛りで50~65g18歳以降では50~60gが推奨量となっています(男女差あり)

また、一般的には「体重×1g/日」とも言われます。

その上、過度なトレーニングをしている人は、より多くのタンパク質を摂取しなければなりません。

 

タンパク質には肉や魚などの『動物性タンパク質』と、大豆や乳製品などの『植物性タンパク質』の2種類があります。

動物性タンパク質は、構成成分であるアミノ酸のうち必須アミノ酸が豊富に含まれており、体への吸収も良好です。要するに栄養価が高いということです

そのため、筋トレをしている人は動物性タンパク質を積極的に摂取されます。

しかし、動物性タンパク質には脂質が多く含まれているものもあり、ダイエットとなると注意が必要です。

それに比べて、植物性タンパク質はアミノ酸の含量としては動物性タンパク質に劣り、吸収もあまりよく無いといわれています。ただし、食品として低脂肪のものが多くヘルシーであることが良い点です。

 

みなさんも過度なダイエットや偏食のせいでタンパク質不足にはなってはいないでしょうか。また、運動しているのに適切なタンパク質をとらず、せっかくの運動が無駄になってはいないでしょうか。

自身の生活環境や運動量、体質など考慮したうえで正しいタンパク質の摂取を心がけましょう。

アロマケアのおはなし

2019年 10月 1日 火曜日

アロマの効果について

ストレス社会で戦う現代人。そんな日々の心身ケアに、今注目されているアロマケアについて紹介させていただきたいと思います。

 

「精油」を用いたフランス発祥の医療方法 「メディカルアロマセラピー」

日本ではアロマの香りがお部屋のディフューザーなどとして親しまれる機会が多くなってきましたね。一方で海外のフランスやベルギーではそのアロマが代替・補完療法として医療目的で活発に活用されています。

メディカルアロマセラピーではその香りが脳に伝わり心に作用することを活用しています。香りによる癒し効果と精油による薬理作用で、西洋医学だけでは補完しきれないメンタル面への効果が期待できるとされています。

それでは、たくさんあるアロマ精油の効能からいくつかピックアップしてご紹介いたします!

 

  • 殺菌作用のある製油

ティートリー:シャープで清潔感のある香り。抗菌・抗ウイルス効果があり、呼吸器系の不調や風邪、インフルエンザなどの感染症、花粉症に効果があり、免疫活性化作用もあります。(白血球活性化作用)

ユーカリ:シャープでクリアな香り。痰きり、鼻やのどの呼吸器系トラブルに優れています。

 

  • 健胃作用

オレンジスイート:果実そのままのみずみずしい香り。食欲増進させ、下痢や便秘などの胃腸トラブルを整える効果があります。

ベルガモット:アールグレイの香り付けに使用される甘くさわやかな香り。消化促進作用、食欲増進・調節作用、緩下作用等。特にストレスや神経系トラブルに夜胃腸トラブルに優れた効果を発揮します。

 

  • 安眠、リフレッシュ、リラックス効果

オレンジスイート:不安や緊張、ストレスによるうつ状態から開放され、気分を前向きにする効果があります。

ジュニパーベリー:軽いウッディー調の香り。落ち込んだときにリフレッシュさせ、新たなことに取り組めるようにチャレンジ精神を高める効果が期待できます。集中力アップにも。

ネロリ:自律神経を整え、心身をリラックスさせます。不安や緊張、ストレスによるうつ状態から開放され、気分を前向きにする効果があります。

 

これ以外にも精油成分がまだまだ沢山あります。皆様もぜひ、季節を問わず、良い香りと共に心と体を元気にしてくれるアロマを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに売られている製油には純度に違いがあります。「製油」と呼ばれるものは純度100%のものだけで、他に加工されたものが「アロマオイル」と呼ばれるそうです。

 

口内炎のおはなし

2019年 9月 15日 日曜日

がん治療は進歩し、がんは治せる病気へと変わってきていますが、その治療過程では様々な副作用も引き起こし、口の中にも高い頻度で起こります。

本日は、がん薬物療法や放射線療法により認められる、口内炎症状についてご紹介します。

 

口内炎とは

 口の中の粘膜(唇や頬の内側、舌、歯ぐきなど)におきる炎症のことです。

口内炎が悪化すると、痛みで食事が取れなくなったり、粘膜が腫れて痛くなったり、唾液量が減少して口が渇いたり(口腔乾燥)、味覚が変化したり、治療の影響で免疫力が低下して口の中の細菌が全身へ感染を引き起こしたりすることもあります。

 

口内炎を引き起こしやすい治療

  • 頭頸部がん(顔、のど、口、鼻などのがん)や食道がん治療のために放射線照射した場合や抗がん剤治療と併用した場合
  • 造血幹細胞移植で全身放射線照射を併用した場合
  • 口内炎を引き起こしやすい抗がん剤の治療をした場合

 

口内炎の予防法

口内炎の治療には時間がかかり、食事がとりにくくなることで栄養状態が悪化し、生活の質(QOL)が低下することで治療継続が困難になることもあり、治療前からのお口のケアーが大切になってきます。

 

①うがいによる口腔ケアー

うがい液はお口の中を清潔に保ち、湿り気を保つことに役立ち、また炎症を抑えたり組織の修復に役立ったりします。朝起きたとき、食前・食後、寝る前、乾燥や痛みがあるときなどこまめにうがいしましょう。

 

②歯磨き

毎食後、寝る前の歯磨きを習慣に。専門家に磨き方を教えてもらうことも必要です。

 

③保湿

口腔内の乾燥は口内炎の発症や悪化にも影響があるため、保湿剤や市販の口腔内保湿ジェルなどを使うことも有効です。

 

④禁煙

喫煙によって口内炎が悪化する可能性があるため、禁煙を心がけましょう。

 

口内炎の治療方法

口内炎は治療法が確立していないため、症状にあわせた対症療法が主流になっています。

①うがいや口腔ケアー

アズレンスルホン酸ナトリウムなどのうがい液などを使います。痛みが激しい場合は局所麻酔薬を混ぜたり、とろみをつける成分を混ぜたりする場合もあります。

②消炎鎮痛剤

局所麻酔薬を加えたうがいに加えて、鎮痛剤を併用することもあります。鎮痛剤にはいろいろな種類があり、痛みで食事が困難な場合は、食前に痛み止めを飲んだり、痛みを抑える成分の入ったうがい液でうがいをしてから食事をしたりすると痛みは和らぎます。

③粘膜保護

保湿剤を使って粘膜保護したり、唾液の分泌を促す薬を使ったりします。

④食事の工夫

食事の工夫で痛みを和らげることも出来ます。

刺激の少ないもの(薄味のもの、酸味を控える、冷ましたもの、香辛料を控える)、ミキサー食、とろみのついた食事、流動食、経管栄養剤など。

栄養摂取が困難な場合は、中心静脈栄養や胃ろうを検討する場合もあります。

 

ここではがん治療と口内炎についてご紹介しました。

口内炎症状が悪化すると、治療に時間がかかるため、日ごろのケアーが大切になります。

また、歯周病が糖尿病などの生活習慣病とかかわりがあることも知られていて、お口の中を清潔に保つことは生活習慣病の予防にも繋がります。

おいしく食べ物を食べるためにも 定期的に歯科受診し、日ごろの口腔ケアーを心がけましょう。